« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »

2021/01/30

映画「レベッカ」を観て

Img_2532

  

 

先週、NHKBSシネマで、映画「レベッカ」を観ました。

 

アルフレッド ヒッチコック監督による1940年(戦前)のアメリカ映画です。

舞台は、イギリス。

原作は、ダフニ デュ モーリエ。

(昔は、ダフネ デュ モーリアと読みました)

 

高校生の時、本棚にあった世界文学全集の「レベッカ」を読みました。

イギリスに、マンダレーという荘園を持つ富豪のマキシム ド ウィンターは、モンテカルロで知り合った若いアメリカ人女性(主人公)と結婚して帰国します。

マンダレーの大邸宅には、先妻のレベッカの面影があちらこちらに残っていて、主人公を苦しめます。

しかし、レベッカの死は・・・。

大逆転に吃驚して、私の記憶の中に深く残った小説です。

 

この映画を、20代の会社員だった頃、銀座の裏通りの名画座で観ました。

あの頃、金曜日の夜は、神田神保町の古本屋街や銀座の裏通りで、ひとりで遊んでいました。

懐かしい思い出です。

 

納戸のダンボール箱には、映画のプログラムがぎっしりと詰まっています。

時々は取り出して、思い出に浸っています。

しかし、この大量のプログラムはどういう風に整理整頓したらいいのかしら?

 

また、「レベッカ」の原作を読みたくなりました。

もう、世界文学全集は字が小さくて読めませんから、本屋で新しい文庫本を買いましょう。

 

「レベッカ」は、お薦めの小説&映画です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2021/01/13

コモ湖のヴィラ デステ -舞踏会の手帖-

Img3387_sq

 

去年の12月、NHK BSシネマで、フランス映画「舞踏会の手帖」の放送がありました。

 

1937年(戦前)の作品ですが、修復とデジタル化で、現代によみがえりました。84年前の映画とは思えない美しい映画で、感動しました。

 

夫を亡くした主人公(36歳)は、16歳で初めて参加した舞踏会の手帖を見つけます。

そこには一緒に踊った10人の男性の名前があります。有能な秘書に調べてもらったところ、10人の内、2人が死亡、1人が行方不明です。

主人公は、20年ぶりに7人の男性を次々に訪ねて行きます。

7人の男性には色々な人生があって・・・。

深い余韻がいつまでも残る映画でした。

 

この映画のロケ地が、イタリアのコモ湖畔の「ヴィラ デステ」です。

「ヴィラ デステ」 は、現在は高級ホテルになっています。

 

2003年5月、イタリアを旅行した時に、「ヴィラ デステ」でランチをしました。

ミラノから電車で約40分でコモに到着。

コモ湖の遊覧船で約15分でチェルノッビオに到着。

 

上の写真が、「ヴィラ デステ」の全景です。

左の白い建物が本館(新館)で、右の赤い建物が旧館です。

 

Img3398_sq

 

Deste-06
 
Deste-05
 

有名な庭園を散歩して、レストランで食事をしました。

 

 

Img3402_sq_20210113112501

 

Img3409_sq

 

上の赤い建物の写真が、旧館です。

手前の花は、フジの花でしょうか?

白い建物の写真が、新館のホテルの正面玄関です。

 

Img3376_sq

 

丘の全景です。

高級な別荘が沢山ありますね。

 

「ヴィラ デステ」を訪れた時、「舞踏会の手帖」の話を聞いて、映画を観てみたいと思いましたが、やっと希望がかないました。

 

 

2003年5月のイタリア・コモ湖の旅行記はこちらから。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2021/01/11

優勝おめでとう -第99回 高校サッカー決勝-

第99回 全国高校サッカー選手権は、山梨学院が優勝しました。

山梨学院2 (4PK2 ) 2青森山田

 

山梨学院、おめでとうございます。

 

熱い試合でした!

 

しかし、「青森山田は優勝が使命です」という言葉には、むかつきました。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2021/01/09

元気を出せ -「飛ぶ教室」-

昨日、4都県に「緊急事態宣言」が再発令されました。

政府は、午後8時以降の不要不急の外出自粛を要請。

 

今回、三連休の帰省を中止にしました。

新型コロナウイルスの感染拡大で、12月も、年末年始も実家に帰りませんでした。

帰りたかった!

しかし、新型コロナウイルス感染症は無症状でも他人に感染させる可能性がある、というので怖いです。

父と電話で話をして、緊急事態宣言が解除されたら直ぐに帰るから、と約束しました。

淋しいなあ。

 

そんな時、毎日新聞の書評(今週の本棚)に、ケストナーの「飛ぶ教室」が紹介されていました。

 

子供の頃、エーリヒ ケストナーの作品を何冊か読みました。

「エーミールと探偵たち」「飛ぶ教室」「ふたりのロッテ」等。

ふたりのロッテ」は大好きな作品で何度も読み返しました。

 

図書館で、「飛ぶ教室」を借りて再び読んで見ました。

 ケストナー 作

 池内紀 訳

 新潮文庫

 2014年 発行

 

「あれ、こんなお話だったかしら?」

と最初は難儀しましたが、最後は涙、涙の物語でした。

読んで良かった!!

印象に残った言葉がありましたので、書き出してみました。

 

ただ自分を騙さず、人に騙されずにいてほしい。

不運はしっかり見据えることを学んでほしい。

うまくいかないことがあっても、たじろがず、

運が悪くても、しょげないことだ。

元気を出せ!

打たれ強くあることを覚えてほしい。

 

「元気を出せ」は、私の人生の合言葉です。

いつの頃からか、元気を出せ、と自分に発破をかけていました。

子供の頃にケストナーに学んだのかしら?

よくわかりませんが・・・。

 

新型コロナウイルス感染症が終息することを願います。

自分に、元気を出せ、と発破をかけながら・・・。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2021/01/04

あけましておめでとうございます

Img_2527

  

 

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

 

写真は、いただきものの干支の置物です。

 

増田誓志さんが、Instagramに初日の出の写真を載せています。

 

増田誓志さんのInstagramはこちらから。

 

私も、ちょっと時間が経っていましたが、初日の出を見ました。

神々しい太陽と、美しい冠雪の富士山に思わず手を合わせました。

 

今年は良い年になりますように!

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »