« 春節 2019 | トップページ | 増田誓志インタビュー 2019 »

2019/02/09

ニホンスイセンが咲いて -国営昭和記念公園-

Img_1366



ニホンスイセンが開花しました、と聞いて、国営昭和記念公園(東京都立川市)に行ってきました。

我が家から国営昭和記念公園まで歩いて1時間。
 
いつ行っても手入れが行き届いた美しい公園で、さすが国営だなあ、と感心します。
入園料がいつの間にか値上がりしていて、一般が450円になっていました。

 

Img_1341
 

砂川口ゲートから入ると、「こもれびの池」の周辺でソシンロウバイの黄色の花が満開でした。
今回、初めてソシンロウバイの花を美しい、と思いました。
ソシンロウバイには独特の香りがあります。
 

Img_1360
 

「こもれびの里」の古民家では、ひな人形が展示されていました。
可愛いなあ。
実家のひな人形は押入れで眠っていますが・・・。
 

Img_1345
 

Img_1361
 


日本庭園のお茶室「歓楓亭 かんふうてい」には必ず立ち寄り、お茶をいただきます。
今回のお菓子は、「梅」です。
お菓子とお抹茶で、600円。
 

Img_1365
 


ニホンスイセンはどこに咲いているの、と探して、歩き回ること1時間。
やっと見つけました。
「水鳥の池」の眺めのテラス南西花壇でした。
ニホンスイセンは、まだ満開ではなく見頃始めでしょうか。
白色と黄色の凜とした花でした。
 

春を探して、公園を歩きましたが、満足しました。
 
次回は、芽吹きの頃、お弁当を持って来園したいです。
 


|

« 春節 2019 | トップページ | 増田誓志インタビュー 2019 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。