« 囲炉裏に火が -東京散歩- | トップページ | シンプルなサラダ »

2018/12/03

最終戦 -長崎戦-

2018.12.01(土曜日) J1リーグ第34節
V・ファーレン長崎 x 清水エスパルス戦は、4-4の引き分けでした。

順位は、第8位。

勝点49 14勝7分13負

これで、今季は終了しました。
 


増田誓志選手はベンチ外。

今季は、リーグ戦の出場は0でした。

来季の清水エスパルスは、ヤン・ヨンソン監督の続投が発表されていますので、多分、増田誓志選手は移籍する、と思います。

頑張れ、誓志!!!

増田誓志選手が、どこのチームに移籍しても応援します。

 



|

« 囲炉裏に火が -東京散歩- | トップページ | シンプルなサラダ »

コメント

丁寧な返信ありがとうございました!
ぜひ移籍をして試合に出て活躍して欲しいです。本当は鹿島に戻ってきて欲しいですが

投稿: 寒いストーブ | 2018/12/21 19:08

こんにちは 寒いストーブさん

昨季の清水では先発出場だった増田誓志選手(怪我から復帰後)が、今季のリーグ戦では0出場とは残念です。
原因は色々あると思いますが、私の考えは下記の通りです。

先ず、増田誓志選手のプレースタイルがヨンソン監督の好みではなかったのでしょう。
監督と選手の相性は大事ですから。

また、今季の清水はゼネラルマネジャー(GM)と監督が交代しました。
チームの方針が「若手育成型」になった、と思います。
増田誓志選手だけではなく、リーグ戦になかなか出場が出来ない30歳前後の選手は何人かいました。その為、夏の移籍期間にJ2にレンタル移籍した選手もいました。増田誓志選手もレンタル移籍するか、と思いましたが、踏みとどまりました。

そして、今季は主力選手に怪我人が少なかったこともあります。
昨季は怪我人が多かったので、終盤に医療スタッフを増員しましたので、その成果でしょうか?
リーグ戦は、開幕戦から最終戦までほぼ固定メンバーで戦いました。ドウグラス選手の途中加入はありましたが。
カップ戦は、予選敗退でしたから、リーグ戦で選手を入れ替え起用することもあまりありませんでした。
鹿島アントラーズのように過密日程で選手を入れ替えながらリーグ戦&カップ戦を戦うということは、清水エスパルスではありませんでした。

増田誓志選手は新天地に移籍して未来を切り拓いた方が良い、と思います。


投稿: 乾杯!! | 2018/12/16 15:30

はじめまして、鹿島サポで増田誓志選手のことが好きだったのですが、今年清水でここまで使われなかった理由はなんでしょうか?
中東や韓国でやれていたのに清水で急に出れなくなるというのは外から見ていると不思議です。
清水の試合まで追い切れてないので知りたいです。

投稿: 寒いストーブ | 2018/12/12 21:49

この記事へのコメントは終了しました。

« 囲炉裏に火が -東京散歩- | トップページ | シンプルなサラダ »