« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018/03/29

初夏のような3月で

P3290051


P3290057


P3290061


P3290063



今日も暑かった!

25度を超える夏日になって、歩いていたら辛かったです。

週末は平年並みの気温になるそうですが、スタジアムには水筒持参で行きましょう。
 




| | コメント (0)

2018/03/26

桜が満開に

P3260062
 


P3260064
 


P3260068_2



近所の桜の花が満開になりました。

ウォーキングの途中で、何度も足を止めて、桜の花の写真を撮りました。
 


P3260071



P3260072



P3260080



週末は、清水・日本平に行きますが、心は晴れません。

昨日の練習試合(湘南戦)で、増田誓志選手は2本目と3本目に出場して、CBとしてプレーしたそうです。
誓志がCBか・・・。

日本平に行くのが憂鬱になりそうです。





| | コメント (0)

2018/03/23

「英龍伝」を読んで

P3230056



P3230051



私の好きな伊豆・韮山(にらやま)の代官、江川太郎左衛門英龍(えがわたろうざえもんひでたつ)の歴史小説です。

 
「英龍伝 えいりゅうでん」
佐々木 譲 著
毎日新聞出版
2018年1月20日 発行
 

小学生の時、父の運転する車で、家族で伊豆を旅行しました。
韮山反射炉と代官屋敷江川邸を見学しましたが、江戸時代に反射炉で大砲を作った名代官の名前は、小学生の私にも強く印象に残りました。
 
その後、2002年に、再び韮山を訪問しました。
韮山反射炉は、鉄骨のフレームで耐震補強がされていて、かなり印象が変わっていましたが、遺跡として整備がされていました。
代官屋敷江川邸(旧韮山代官所跡)では、種々の書類が展示されています。
世襲代官である江川家は、伊豆・相模・駿河・甲斐・武蔵の天領の支配を任されていました。現在、私が住んでいる東京都多摩地域も韮山代官所の支配だったそうで、何か不思議な感じがします。尚、江川家は江戸にも拝領した屋敷がありました。
 
2015年、韮山反射炉を含む「明治日本の産業革命遺産」が世界遺産に登録されました。
 
伊豆の国市(静岡県)の韮山反射炉の詳細はこちらから。
 

江川太郎左衛門英龍は、NHKの大河ドラマでも取り上げて欲しいです。
薩摩と長州の話は、何度もやっているでしょう。
明治維新150年の今年は、薩摩ですか・・・。
幕臣にも、有能な人はいたでしょう。
 

韮山代官として民政を任され、また、蘭学や西洋砲術を学び、海防強化を訴え、反射炉を造築し、江戸湾の台場を造築するなど種々の仕事をしました。
しかし、病に倒れ、志半ばで亡くなるのです。
 
もっと、江川太郎左衛門英龍のことを知って欲しいです。
 
 


 


 

| | コメント (0)

2018/03/20

春が来た

Img_0689

 


Img_0697
 






















| | コメント (0)

2018/03/18

引分け -仙台戦-

2018.03.18(日曜日) J1リーグ第4節
清水エスパルス x ベガルタ仙台戦は、1-1の引分けでした。

 
順位は、第3位。
 
勝点8 2勝2分0負
 

ボランチは、竹内涼選手と河井陽介選手。
 

増田誓志選手は、ベンチ外でした。
次節は、頑張りましょう!
 





 

| | コメント (0)

2018/03/15

増田誓志に会いに甲府戦へ

P3140096


P3140103


P3140057


P3140062

 

2018.03.14(水曜日)、増田誓志選手に会いに、山梨中銀スタジアムへ行ってきました。

ルヴァンカップ 第2節 ヴァンフォーレ甲府 x 清水エスパルス戦
 
増田誓志選手は、先発出場です。

 

P3140114


P3140181
 

ウォーミングアップをする増田誓志選手。


P3140210


P3140213


P3140220


P3140229


P3140241
 


残念ながら、46分に交代になった増田誓志選手。
 
前半、サイドハーフの出来の悪さに呆れていました。
ボランチの増田誓志選手は配球に苦労しているようで、ため息をつきながら観ていました。
 
後半開始直前、増田誓志選手がなかなかピッチに姿を現さないので、不安になりました。
不安は的中!
交代は、ボランチですか???
結局、後半も得点できず、負けました。
 
誓志は、優しくて、おとなしいからなあ。
鹿島の某監督を思い出しました。
 


しばらく、サッカーから離れたくなりました。
読みたい本や観たい映画は沢山あります。
また、海外旅行にも行きたいなあ。 
 

しかし、選手が結果が出なくて、苦しんでいる時に応援するのがファンですね。
 
頑張れ、誓志!!!
 
また、日本平に応援に行きます。
三保にも行ってみようかな。
 



| | コメント (0)

2018/03/14

増田誓志は先発出場 -ルヴァンカップ甲府戦-

P3140213


今夜のルヴァンカップ・グループステージ第2節 
ヴァンフォーレ甲府 x 清水エスパルス戦は、1-0で、清水の敗戦でした。
 

増田誓志選手は、先発出場するも前半のみで交代になりました。

 
誓志、どうしたの?
まあ、こんな日もあるさ!
前を向いて行こう!!
 


帰りは、中央本線が遅れていて、甲府駅で1時間遅れの特急あずさに乗れました。
午前様の予定が、今日中に帰ることが出来ました。
こんなこともあるのね。
 





 

| | コメント (0)

2018/03/11

「バッタを倒しにアフリカへ」を読んで

P3110065


久しぶりに、面白い本を読みました。

 
「バッタを倒しにアフリカへ」
前野ウルド浩太郎 著
光文社新書
2017年5月20日 初版
 

著者は、小学生の時に読んだ「ファーブル昆虫記」に感銘を受け、将来は昆虫学者になろうと心に誓ったそうです。
大学院を修了し、博士号を取得したが、就職先がない。
アフリカではバッタが大発生して、農作物を喰い荒らし、深刻な飢饉を引き起こしていると知り、アフリカにサバクトビバッタの研究のために旅立ちました。
サハラ砂漠の国・西アフリカのモーリタニアで、奮闘する昆虫学者のお話です。
 

以前、夫が、仕事でサハラ砂漠に行ったことがあります。
アフリカの過酷な生活環境(住居・食事・宗教・病気など)や政治情勢に苦労した話を聞いていたので、この著書に親近感を感じました。
そして、文章が面白く、昆虫学の素人にも楽しめました。
 
一人で、サハラ砂漠で研究した著者は凄い!
 
今後の研究に大いに期待します。






 
 

| | コメント (0)

2018/03/10

連勝 -札幌戦-

また、増田誓志選手がベンチ外でした。

誓志は、カップ戦要員なのかしら?????

それでは、来週のルヴァンカップ甲府戦の応援に行こうかな。

しかし、平日夜の試合に日帰りをするのはかなりキツイです。
試合終了後、直ぐにスタジアムを飛び出して、シャトルバスに乗って甲府駅へ。中央本線の高尾行き普通電車に乗れば、高尾駅で中央本線の東京行き普通電車に乗り継ぎが出来ます。
今は、直通の新宿行きの普通電車はないのですね。
甲府駅で、最終電車に乗れるかしら?

 

今夜のJ1リーグ第3節
北海道コンサドーレ札幌 x 清水エスパルス戦は、1-3で、清水の勝利でした。

順位は、暫定第3位。

勝点7 2勝1分0負

ボランチは、竹内涼選手と河井陽介選手でした。






 

 

| | コメント (0)

2018/03/07

増田誓志が先発フル出場で勝利 -ルヴァンカップ磐田戦-

今夜のルヴァンカップ・グループステージ第1節
清水エスパルス x ジュビロ磐田戦は、1-0で、清水の勝利でした。
 

増田誓志選手は、先発フル出場でした。

嬉しいな!!!

誓志、リーグ戦も頑張ろう!!!





| | コメント (0)

2018/03/06

クロッカスが咲きました

P3030058


自宅のクロッカスが咲きました。

春ですね〜。

 
ヨガの教室に行って体を動かしたら、気持ちがいいです。
しかし、帰宅したら、体に蕁麻疹が出来ました。
何故かしら?
薬を飲みたくないなあ。
 

 




| | コメント (0)

2018/03/04

勝利 -神戸戦-

誓志、どうしたの?
 
怪我ですか?
 
それとも??????
 

2018.03.03(土曜日) J1リーグ第2節
ヴィッセル神戸 x 清水エスパルス戦は、2-4で、清水の勝利でした。
 
順位は、第5位。
 
勝点4 1勝1分0負
 

増田誓志選手は、ベンチ外でした。
 
ボランチは、竹内涼選手と河井陽介選手でした。
 
立田悠悟選手、J1初ゴールおめでとう!
 




増田誓志選手が心配で、元気が出ない日曜日です。
それでも、一日遅れで、ちらし寿司でも作ろうかな。
 





| | コメント (0)

2018/03/01

春の嵐が

朝、目覚めたら、窓の外は強い雨が降っていました。
春の嵐でしょうか?

しかし、時間が経つにつれて、青空がのぞいてきて、一転して快晴になりました。
急な春の訪れです。

3月になると、身も心もウキウキします。
スギ花粉症は怖いですが・・・。

どこか遠くへ行きたいなあ。






 

| | コメント (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »