« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014/05/31

残雪の谷川岳を眺める -谷川温泉-

201405301110586


新緑の5月。
私の一番好きな季節です。
群馬県みなかみ町の谷川温泉へ行ってきました。

201405301110596



201405301110584


谷川温泉に行く前に、谷川岳ロープウェイを利用して、谷川岳を眺めに行きました。
ロープウェイを降りた所が天神平で、そこからリフトに乗り天神峠へ。
天神峠からは天神尾根を辿って、3時間弱で谷川岳山頂(1977m)へ登ることが出来ます。

昔、2回、谷川岳へ登りました。
1回目は山岳部の仲間と、2回目は家族と一緒でした。
家族と登った時は、霧雨が降っていて、足腰が弱い母と妹が心配で、リーダーだった私は緊張して登ったものでした。翌日は快晴で、山頂付近でブロッケン現象(御来迎)を見ることが出来て、思い出深い山行になりました。

足痛に悩んでいる今は、登山なんて無理です。
残雪の谷川岳を眺めることが出来ただけで、満足でした。


201405301110589


天神平には、ミズバショウの可憐な花が咲いています。

青空のもと、360度の展望に感激して、再びロープウェイで下山しました。
そして、車で、谷川温泉へ向かいました。

つづく

| | コメント (0)

2014/05/26

気持ちが落ち込む時 -パット・オースチン-

201405261110572

気持ちが落ち込む時、バラの花を眺めていると心が和みます。

イングリッシュローズの「パット・オースチン」です。
爽やかな香り。

誓志は怪我かしら?

| | コメント (0)

2014/05/22

国宝 金印「漢委奴国王」を見てきました

20140518p1070373


先日の鳥栖遠征には、もうひとつの目的がありました。
それは、福岡市博物館へ行って、国宝の金印「漢委奴国王」を見ることでした。

「漢委奴国王」
かんのわのなのこくおう

日本史の教科書にも載っている有名な国宝です。
本物の金印が、福岡市博物館に常設展示されているのです。

中国の史書「後漢書」には、西暦57年、倭の奴国王の使者に、後漢の光武帝が「印」と「綬」を授けたことが記されているそうです。
1784年(天明4年)に、志賀島(福岡市)から金印が掘り出されました。農民が、農作業中に偶然、発見したそうです。

小学生だった私は、児童向けの「日本の歴史」を読んでいて、吃驚しました。
江戸時代に、農民が大昔のお宝を田畑から掘り出した、と。
確か、「日本の歴史」の冒頭の頁でした。
面白いなあ、と子供心にも思いました。

それから、歴史が好きになりました。
小学校の小さな図書館で、色々な本を読みました。
金印は、私の歴史好きの扉を開けてくれたものです。
福岡に行って本物の金印を見たい、と長い間思い続けていました。
そして、今回、鳥栖&福岡旅行の計画を立てました。

金印は、小さなものです。
しかし、暗い部屋で、照明の光を浴びて、ぴかぴかに輝いていました。
2000年前の輝き!
感動で胸がいっぱいになりました。
今、思い出すだけで、涙がこぼれてきます。


今回の鳥栖&福岡遠征は、充実した旅行でした。
 

| | コメント (0)

2014/05/19

残念 -鳥栖x大宮戦-

201405171110549


2014.05.17(土曜日)の第14節、サガン鳥栖 x 大宮アルディージャ戦は、1-1の、引分けでした。

順位は、降格圏の第17位です。

増田誓志選手は、先発出場でした。


201405171110539

201405171110546


新幹線のぞみに、品川駅で乗車し終点の博多駅まで約5時間です。

朝が早かったのでうつらうつらしていたら、あっという間に終点の博多に到着しました。
鹿児島本線のホームには、全身オレンジの大宮サポがいました。
快速電車で、鳥栖駅へ。
ベストアメニティスタジアムは、鳥栖駅の目の前にありました。

東京からは遠いですが、簡単に行くことが出来るスタジアムでした。国内旅行は飛行機よりも鉄道が好きな私には、なかなか便利な場所だなあ。


さて、試合ですが、大宮は布陣を4-4-2に戻しました。
布陣をころころ変更して大丈夫なのかしら、と心配しましたが、前節の浦和戦とは違った攻撃的なプレーを観ることが出来ました。

先制点は、大宮でした。
後半3分、長谷川悠選手のヘディングシュートが決まりました。

しかし、後半38分、鳥栖の豊田陽平選手のPKが決まり、同点になりました。

その後、後半41分、増田誓志選手は交代になりました。
増田選手は、ベンチに座る時、右手に持った着替えのジャージを隣の椅子に小さく叩き付けていました。
多分、失点が悔しかったのでしょう。

そして、試合終了。
またしても終了間際の失点で、勝利することが出来ず。
勝ちきれないのが、大宮の体質なのでしょうか?

それでも、微かな光明もありました。
今節は、前向きにプレーをすることが出来たそうです。

「5バックのときよりも高い位置からプレッシャーを掛けて、選手が前向きにプレーできるのでみんなやりやすかったと思う」
と中村北斗選手はコメントしています。
(エル ゴラッソより)

「まずは前向きにプレーをすることが大事」
と増田誓志選手も、前節の浦和戦の後にコメントしていましたから。
(J's GOALより)

課題は沢山ある大宮ですが、一歩一歩修正して行きましょう。
試合結果は引分けで残念でしたが、選手の闘う姿勢を観ることが出来ましたので、遠い鳥栖まで行った甲斐がありました。
 

帰りの電車で、大宮サポと鳥栖サポのおじさんたちが、仲良く楽しそうにお喋りをしている光景は和やかでした。
 

| | コメント (0)

2014/05/16

明日は鳥栖へ行きます

明日は、鳥栖x大宮戦です。

鳥栖は、首位。
大宮は、17位。

前節の浦和戦の不甲斐ない試合を思い出すと絶望的になりますが。
それでも、奇跡を信じて応援に行きます。

大宮アルディージャ公式サイトで、サガン鳥栖戦に向けた増田誓志選手からのメッセージが公開中です。


久しぶりに、どこか遠くへ行きたくなりましたので・・・。
 

| | コメント (0)

2014/05/14

小さな幸せ -ブルータイム-

201405141110532

今年もバラが咲きました。

隣の奥さんに苗をいただいて育てた「ブルータイム」。
花に顔を寄せると、微かな香りが・・・。
今年は、香りが例年より淡いような感じです。
側蕾の摘み取りをしたので、花が両手いっぱいの大きさです。
バラの花を眺めていると、幸せな気持ちになれます。
小さな幸せですが・・・。
 
 

| | コメント (0)

2014/05/11

自滅 -大宮x浦和戦-

201405101110527

201405101110529


2014.05.10(土曜日)、第13節 大宮アルディージャ x 浦和レッズ戦は、0-2で、大宮の敗戦でした。

順位は、降格圏の第17位。


増田誓志選手は、先発フル出場でした。

自滅だった。浦和のほうがしっかり動いて、戦う気持ちを出して自分たちのサッカーをしていた。僕らはそこまでできなかった。(後略)
と増田誓志選手はコメントしています。

(J’s GOALより)


2失点とも、大宮のミスからでした。

完敗に、悔しさも感じず、脱力感のみでした。

先制点は、浦和の興梠慎三選手でした。

期待の鵬翔対決・増田誓志x興梠慎三は、興梠選手に軍配が上がりました。

「慎三、浦和に移籍して良かったね」
と心の底から思いました。


試合終了後は、誓志ファンの友人と、大宮駅前の居酒屋で残念会をしました。

これから、どうなるのかしら?
不安でいっぱいです。

次節は、首位の鳥栖戦です。

頑張れ、誓志! 

誓志を信じています!!

| | コメント (0)

2014/05/06

守備に奔走する増田誓志 -東京x大宮戦-

Dsc_0051

今日の第12節 FC東京 x 大宮アルディージャ戦は、0-1で、大宮の勝利でした。

リーグ戦8試合ぶり(公式戦10試合ぶり)の勝利です。

順位は、また降格圏の第16位です。

増田誓志選手は、先発出場でした。  

Dsc_0069_2

Dsc_0074_2

増田誓志選手と家長昭博選手。

Dsc_0098_2

前半、接触プレーでなかなか立ち上がれなかった増田選手。

心配しました。

Dsc_0110_2

Dsc_0124_2

今日のダブルボランチは、増田選手と横山知伸選手。

Dsc_0130_2

Dsc_0135_2

CKを蹴る増田選手。

Dsc_0255_2

後半終了間際、大熊監督から指示を受ける。

Dsc_0277_2

後半40分に増田選手は交代になりました。

今日は、守備に奔走しました。

試合終了後の記者会見で、大熊監督は増田選手の名前をあげて評価しています。詳細は、大宮オフィシャルサイトのマッチレビューを御覧ください。

Dsc_0287_2

Dsc_0303_2

ベンチから戦況を見守る増田選手。

後半ロスタイム、長谷川悠選手のゴールが決まり、劇的勝利。

Dsc_0311_2

試合終了後、増田誓志選手の横断幕の前で、サポーターと勝利を分かち合う大宮の選手たち。

味の素スタジアムで嬉しい勝利を味わうことが出来ました。

しかし、現実は厳しく、また降格圏に落ちました。

次節は、埼玉ダービーの浦和戦です。

是非、連勝しましょう。

負傷退場したズラタン選手の怪我が軽傷であることを祈ります。

 

(写真は、クリックすると拡大します)

 

| | コメント (6)

2014/05/04

勝てないなあ -大宮x新潟戦-

201405031110517


201405031110521


昨日の第11節 大宮アルディージャ x アルビレックス新潟戦は、2-2の引分けでした。
 
大宮は、これで公式戦9戦未勝利です。

順位は、降格圏を脱出して第15位です。


増田誓志選手は、先発フル出場でした。
 

大宮は、前節から4バックを3バックに変更しました。
しかし、中村北斗選手と渡部大輔選手の両サイドがポジションを上げられず、5バックのような布陣での戦いになりました。

中盤は、ダブルボランチの増田誓志選手と片岡洋介選手、2シャドーの家長昭博選手と富山貴光選手。

大宮の選手は運動量が少ないです。
そのため、1トップのズラタン選手の落としたボールをなかなか拾えません。
これって、誰の仕事ですか?
鹿島の2列目のような仕事は誰がするの?
大宮のサッカーが、よく分かりません。

ボランチの増田誓志選手が、必死になって拾いに行っていましたが・・・。
増田選手の運動量は豊富で、攻撃に守備に奔走していました。
最後は、誓志も疲れたようでしたが・・・。


増田誓志選手の疲労が心配ですが、次節は勝利して欲しいです。


今回、初めて気がつきましたが、増田選手がガムを噛んでいたようです。
精神的にキツいのかなあ。


どんな時もどんな時も、増田誓志選手を応援しています。
 

| | コメント (6)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »