« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013/10/28

首位堅守 -蔚山x水原戦-

2013.10.27(日曜日)のKリーグ・クラシック第33節
蔚山現代 x 水原三星(スウォン・サムスン)戦は、2-1で、蔚山の勝利でした。


蔚山は、首位堅守です。
 

増田誓志選手は先発フル出場でした。
 

Macで、スポーツレモンTVの生中継を観ようとしたら、表示は蔚山x水原戦なのに、映像は何故か、釜山x仁川戦でがっかりしました。
あれ? ユニホームが違うよ〜。
さすがにハーフタイムには修正されて、後半から蔚山x水原戦を観ることが出来ました。

 
ところが、試合終了後、NAVER SPORTSで映像を観ようとしたら、映像はあるのにKOREA ONLYの表示があり、観ることが出来ませんでした。
何故?
誓志の雄姿をもう一度、観たかったのに・・・。
 

次節は、水曜日に、ホームでソウル戦です。

中2日ですが、頑張れ、蔚山! 
 
頑張れ、誓志!! 
 

| | コメント (0)

2013/10/24

かぼちゃプリンケーキ

201310231110210


近所のケーキ屋さんのかぼちゃプリンケーキです。

美味!
 


昨日のスポニチに増田誓志選手の記事がありました。

増田誓志選手が、蔚山と来季契約を延長することが濃厚になったそうです。

やっぱりね!

来年も蔚山に行こう!!
 

| | コメント (0)

2013/10/21

再び首位奪還 -ソウルx蔚山戦-

2013年10月20日(日曜日)のKリーグ・クラシック第30節
FCソウル x 蔚山現代戦は、0-2で、蔚山の勝利でした。
 

蔚山、首位奪還
 

ACLのため延期されていたソウル戦が、アウェイで開催されました。

蔚山は、2トップの活躍で勝利。
後半1分、10番ラフィーニャ選手、そして、後半25分、9番キム・シンウク選手が得点しました。
 

増田誓志選手は、先発フル出場でした。
 

蔚山オフィシャルサイトの試合後のマッチレポートは、
26番増田誓志選手と16番キム・ソンファン選手の中盤を絶賛しています。

Kリーグ・オフィシャルサイトの採点も、増田誓志選手は7.0と高い評価でした。
嬉しいですね。
 

NAVER SPORTSでソウル戦の映像がありますので、御覧ください。
 

今回は、スポーツレモンTVの生中継がなかったのでネット観戦できず。


昨日は、Kリーグ・オフィシャルサイトのデータを、アイロンがけをしながらチェックしていました。
誓志が試合をしている、と思うと、読書をする気にもなれません。
ワイシャツを1枚かけたら、クリック。ブラウスを1枚かけたら、クリック。
クリックする度に、心臓がどきどきします。
先制点が入った時は、Macの前で歓声を上げました。
勝利が決定した時は、Macに向かって拍手です。
 

嬉しい首位復帰!

次節も頑張れ、誓志!!
 


尚、2013.10.19(土曜日)に行なわれたFAカップ決勝・全北x浦項戦は、浦項が優勝しました。
FAカップは、韓国のプロ&アマチュアをひっくるめて国内サッカーの最高峰を決める大会です。優勝チームは、ACLへの出場権があります。
 

| | コメント (0)

2013/10/19

残念 -浦和戦-

カシマに於ける浦和レッズ戦は、1-2で、鹿島アントラーズの敗戦でした。

これで、順位は第5位になりました。


今日は、TVでスカパー観戦でした。

2002年夏に鹿島アントラーズを知り、2003年から鹿島サポーターになった私が、ホームの浦和戦を欠席したのは初めてかな。
3万人超が集うスタジアムの映像を見て、行きたかった。
現在は、行きたくても行けない状況で・・・。


退場処分になったダヴィ選手は、猛反省して下さい。


浦和は、鹿島のことを良く研究していて、連係のとれたサッカーをしていました。
水曜日の天皇杯・山形戦を捨てた価値がありました。
天皇杯・浦和x山形戦はTV観戦しましたが、サブメンバー11人では山形がJ2といえども勝てないでしょう。山形は、浦和に相性が良いのですよ。


鹿島は、途中投入された3人の選手・野沢拓也選手、梅鉢貴秀選手、本山雅志選手が全く効いていませんでした。
特に、野沢選手のパスミスの連発には失望しました。運動量も少なくて、鹿島の状況をますます悪くしていました。
野沢選手はどうしたのでしょうか?


残念な結果に終わってしまった浦和戦。
今季の鹿島は、浦和に2敗です。
悔しい〜。


それでも、諦めていません!


試合終了間際、87分の大迫勇也選手のゴールは、鹿島の希望です。


頑張れ、鹿島!!
 

| | コメント (0)

2013/10/09

増田誓志が先発フル出場 -全北x蔚山戦-

2013年10月09日(水曜日)のKリーグ・クラシック第32節
全北現代 x 蔚山現代戦は、1-0で、蔚山の敗戦でした。
 

水曜日の16:00にキックオフと聞いて、あれ?と思いましたが、韓国は「ハングルの日」で祝日でした。


蔚山の順位は、第3位になりました。

第1位 浦項  勝ち点56
第2位 全北  勝ち点56
第3位 蔚山  勝ち点55
第4位 ソウル 勝ち点51
第5位 水原  勝ち点50


増田誓志選手は、先発フル出場でした。


全北戦は中3日の試合でしたが、蔚山の先発メンバーは前節の釜山戦と同じでした。
蔚山の選手交代は、後半37分の1名だけでしたが、全北は、後半20分、24分、34分と早々と3名の選手交代をしました。
そして、後半41分に蔚山は失点して、敗戦。
悔しい〜。
今回は、全北の監督の采配が当たったようですね。

蔚山は全北と相性が良くないなあ。
今季、4回目の試合でしたが、3敗1引分けです。
しかし、ホームでもう1回試合がありますので、その時は絶対に勝利です。
 

頑張れ、誓志!

頑張れ、蔚山!!
 

尚、NAVER SPORTSで試合の映像があります。
 

| | コメント (4)

2013/10/06

首位奪還 -蔚山x釜山戦-

2013.10.05(土曜日)のKリーグ・クラシック第31節
蔚山現代 x 釜山(プサン)アイパーク戦は、1-0で、蔚山の勝利でした。


蔚山が首位奪還しました


増田誓志選手は、先発フル出場でした。

今回も、ネット観戦(スポーツレモンTV)です。

後半8分、増田選手の惜しいヘディングシュートがありました。
残念!
この増田選手のシュートが、蔚山の得点へのきっかけになりました。
釜山のGKが、増田選手のヘディングシュートを弾いて、ボールがゴールラインを割って外に出ました。
そして、増田選手が蹴ったCKを釜山がクリアします。

後半10分、16番キム・ソンファン選手が、左サイドからゴール前の9番キム・シンウク選手に得意のロングスローインを投げました。
釜山のGKはボールをつかもうとしますが、長身の9番キム・シンウク選手に視界をさえぎられて、ボールをしっかりとつかむことが出来ませんでした。
10番ラフィーニャ選手が、ワンバウンドしたボールを素早くヘディングシュートして得点しました。
嬉しい先制点です。


増田誓志選手は、攻撃に守備にと奮闘しました。
Kリーグ・オフィシャルサイトの採点は、7.0でした。


釜山戦は、NAVER SPORTSで映像が見れます。
90分の試合映像以外に、増田誓志選手の惜しいシュートやラフィーニャ選手のゴールのみの短い映像もありますので、是非、御覧ください。
 
前半15分過ぎの、増田誓志選手のガッツあるプレーもいいですよ。
 

| | コメント (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »