« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011/05/31

アントラーズ「つくば育成施設」現地偵察記 (完)

P1020738_3_2

P1020739_2

P1020744_2

P1020746_2

 
 先日、アントラーズのオフィシャルでも「つくばアカデミーセンター」の完成が報じられていました。これが最後のレポートとなります。

 前回まだ工事中だったクラブハウスも完成です。休日のためか、クラブハウス自体はクローズされているようでしたが、まだ落成式の余韻が残っていました。

 
P1020728_2

P1020730_2

 ピッチの方はというと、フットサル用も含めて7つあるピッチが、子供たちのサッカースクールでたいへん盛況でした。お母さん方も大勢。
 この中から将来のスターが生まれてくれれば良いですね。チビッコ達、頑張れ!!

| | コメント (0)

2011/05/30

今は我慢の時 -広島戦-

せめて勝点1でも、という淡い期待は、後半ロスタイムの森崎浩司選手のミドルシュートで粉砕されました。

昨夜の広島ビッグアーチでのサンフレッチェ広島戦は、1-2で、鹿島アントラーズの敗戦でした。

韓国・ソウル遠征後、中3日でのアウェイ広島戦。
台風2号(温帯低気圧)が接近中で、風雨激しい中での試合は、疲労が蓄積している鹿島の選手にはキツかったことでしょう。
残念な結果でした。

次節の山形戦までは2週間ありますので、体を休めて、気持ちを切り替えて、チームを立て直して欲しいです。

今は我慢の時ですね。
やはり、選手批判は封印します。

選手、監督、スタッフ、そして、フロントを信じて、付いて行きます。


増田誓志選手は、62分、途中出場しました。


明けない夜はない

止まない雨はない

日はまた昇る
 

| | コメント (4)

2011/05/27

ACL敗退 -ACLラウンド16ソウル戦-

201105251080607


201105251080597


3年連続ラウンド16に敗退した鹿島。
2008年を含めると、4年連続ACL決勝トーナメント初戦で敗退したことになります。

4年連続は悲しいですね。

今年こそは、と思って、ソウルに行ったのですが・・。
試合終了後、コンクリートの階段に腰をおろして顔を覆っている人を見たら、尚更、悲しくなりました。

鹿島の選手は必死に戦っていたのですが、何故か噛み合なくて・・・。
鹿島のサポーターは最後まで、奇跡を起こせ! と歌って、選手を鼓舞したのですが・・・。

FCソウルの強さと上手さが印象に残る試合でした。


201105251080603_2


ソウルワールドカップスタジアムは、無骨な鉄骨がドイツのスタジアムに似ています。
ドイツのどこですか?と聞かれると、記憶が曖昧ですが、雰囲気がドイツっぽい、と思いました。ドイツよりは規模が一回り小さいですが、サッカー専用スタジアムで、応援の声もよく響きます。

大音響の音楽と韓国語のDJを聞き流していたら、突然、目の前のオーロラビジョンに映る鹿島アントラーズのスタメン発表。

あっ、14番だ!

増田誓志選手がスタメンでした。
それも2列目での起用ということで吃驚しましたが、嬉しかったです。浦和戦での活躍が、オリヴェイラ監督のお気に召した(?)ようです。

しかし、浦和戦で無様な姿をさらしたカルロン選手が、スタメンだったことは疑問でした。
アウェイのシドニー戦で、カルロン選手と興梠慎三選手の2トップで勝利したから、今回の起用になったのかしら?
案の定、ボールを保持できず、競り負ける、シュートも打てないカルロン選手。

38分に失点。

前半からピッチ脇で、フェリペ・ガブリエル選手がウォーミングアップをしていて、ハーフタイムにはロッカールームに入っていったので、交代だろう、と思っていました。

ああ、カルロン選手の所為で前半45分を無駄にした、と思いました。
今年は選手批判を自粛していた私ですが、堪忍袋の緒が切れました。

後半、カルロン選手に代わりフェリペ選手が投入され、少し流れがよくなりました。
増田選手も果敢に攻め、シュートを打っています。

しかし、55分にまた失点。

増田選手のがっかりした姿が印象的でした。
そして、66分に遠藤康選手と交代になりましたが、残念というか、もったいない交代でした。他に代えるべき選手がいた、と思います。

後半ロスタイムの3失点目は、鹿島の心臓に止めを刺されました。
あれは、ないでしょう!


挨拶に来た鹿島の選手を、友人と共に無言で見送りました。

完敗で悔しさは湧かず、悲しみだけが湧いたソウルの夜でした。
 

| | コメント (0)

2011/05/26

帰国しました -ACLラウンド16ソウル戦-

初めての韓国ひとり旅から無事に帰国しました。

ソウルは強く、鹿島は弱かった!
ソウルDFの完璧な守備と華麗な攻撃に感嘆しました!!
鹿島とソウルではあまりにも差があり過ぎて、試合終了後、茫然自失。

5/25のACL決勝トーナメント・ラウンド16・ソウル戦は、0-3の鹿島の敗戦で、今季もACLに敗退しました。


カルロン選手とアレックス選手には失望しました。
ふたりは「助っ人」ではありませんね。


次節の広島戦が心配です。
今季の鹿島はどうなるのでしょうか?


最後に、ソウル観光はすごく楽しかったです。
韓国語も英語も、まるで駄目子の私ですが、あちこち見て回りました。
ソウルの街から元気を貰いましたので、今は前向きな気分です。
今後も、一生懸命に鹿島アントラーズを応援します。


詳細は、また明日。
 

| | コメント (0)

2011/05/21

増田誓志がゴールも引分け -浦和戦-

201105211080507


201105211080504


帰路、出るのはため息ばかり・・・。

2得点しながら引分けなんて、どうしてこうなるの?

今日の埼玉スタジアにおける浦和戦は、2-2の引分けでした。


キャプテンの小笠原満男選手が休養ということか、それとも、ACLソウル戦への温存ということか、スタメンを外れ、増田誓志選手が今季リーグ戦初スタメンに起用されました。

誓志、良かったよ!

13分の西大伍選手のゴールは、増田選手のサイドチェンジが起点となり、62分に増田選手の今季初ゴールが決まりました。

鹿島サポーターの「増田」コールに、感慨無量でした。


それなのに、それなのに、どうして、3分間で2失点するの?
現状がよく理解できません。
録画したDVDもまだ観ていませんので・・・。


がっくりして引き揚げる鹿島の選手に飛ぶブーイングの嵐と拍手。


水曜日のACLソウル戦が心配になりましたが、選手を信じて、ソウルへ行きます。


尚、被災した鹿島のために、ホーム&アウェイを入れ替えて下さった浦和の皆様に感謝。
ありがとうございました。
 

| | コメント (4)

2011/05/15

疲労困憊 -川崎戦-

201105151080467


201105151080477


前半は最低の試合でした。

走れない、競り負ける、ボールを拾えない、ボールを失う・・・。
あっという間に、2失点!
プロの選手がああいう試合をしてはいけません。

「集中力がなかった」
とオリヴェイラ監督は試合終了後に語りましたが、根本的に違います。

選手は、疲労困憊しているのです。

火曜日にACL・シドニー戦を戦った鹿島の選手は疲れているのです。
それなのに、スタメンの変更はシドニー戦が出場停止だった興梠慎三選手と伊野波雅彦選手だけでした。
疲れていれば、集中力も低下します。

何故、オリヴェイラ監督はスタメンを代えないのでしょうか?
毎年、同じことの繰り返しで、腹が立ってきます。

満男さん、少しはお休みしましょう!
小笠原満男選手は好きな選手なので、観ていると余計に辛いです。


201105151080486


相変わらず、選手交代が遅いです。

それでも、後半、意地の2得点!

後半ロスタイムに、カルロン選手のJ初ゴールが決まった時は、叫びました!!

増田誓志選手は、77分に小笠原選手に代わって投入されました。
惜しいヘディングシュートもありました。
元気な増田選手を、スタメンで観たいぞ!!!

試合終了直前、ゴール前での混戦で、増田選手は足を痛めたようでしたが、大丈夫だったでしょうか?


今日の等々力での川崎フロンターレ戦は、2-3で、鹿島アントラーズの敗戦でした。
 

| | コメント (2)

2011/05/14

アントラーズ「つくば育成施設」現地偵察記 (5)

P1020589
(クリックで拡大) 
 
P1020593
 

 前回は東日本大震災の直前でした、それから約2ヶ月、大部出来あがってきました。

 4月1〜2日にピッチ自体のお披露目はされていたのですね!! ジュニア、ジュニアユースの試合、フットサル大会があったそうです。そのころは、全然知りませんでした。

 建物自体も外観は出来ており、アントラーズのロゴや正門に『鹿島アントラーズFC つくばアカデミーセンター」の銘が入っていました。現在は建物玄関付近や外回りの工事が行われていました。
 
 
P1020577_2

P1020595
 
 
 ピッチでは、コーチか選手でしょうか、フリーキックの練習をしていました。
 
 
P1020588_2

 

 お母さんに手を引かれた子供たちが、ボールを手に三々五々やって来ました。練習の時間なのでしょうか。
 
 
P1020599_2
(クリックで拡大) 
 
 つくばEX みどりの駅前のロータリ−からもピッチの照明灯等が見えますので、初めて行っても方角は分かりますね。そばにあるUR都市機構の分譲地の看板にもアントラーズが載っていました。
 

| | コメント (0)

2011/05/10

苦しい試合でしたが逆転勝利 -ACL予選第2節・シドニー戦-

201105101080429


201105101080450


土砂降りの雨の中、失点!

前半は、ちぐはぐな試合展開でした。
これが、ACL予選を1位通過するための、オリヴェイラ監督の秘策ですか?

鹿島ゴール裏から怒号が飛んでいました。

しかし、後半、選手交代が功を奏して、2得点で逆転勝利しました。

今日の国立でのACL予選第2節・シドニーFC戦は、2-1で、鹿島アントラーズが勝利しました。
前節、決勝トーナメント進出が決定していましたが、大量得点で1位通過すべく試合に臨んだのですが、苦しい試合でした。

得点者は、
64分の大迫勇也選手
84分の野沢拓也選手でした。


私の一押し選手は、途中出場の伊野波雅彦選手です。

CBの伊野波選手が左サイドを駆け上がり、クロスを上げたのが、同点弾につながりました。
伊野波選手はその前にも、前線に駆け上がっていたし・・・。
俺が苦しい試合展開を何とか打開してやるぞ、という気迫が、伊野波選手のプレーに感じられました。

雅彦、格好いいぞ!


予選1位通過かどうかは、今晩の上海x水原戦の結果待ちです。


負傷交代した中田浩二選手の怪我が軽傷であることを、お祈りします。

増田誓志選手は出場しませんでした。

| | コメント (2)

2011/05/08

新緑の東京散歩 -元赤坂&青山-

201104301080359


201104301080366


久しぶりに、東京都心の散歩に行ってきました。

東京・多摩地区に住んでいると、何でも地元で済ませてしまうので、最近は都心に行かなくなりました。都心に行くのは、サッカー観戦のために、東京駅から新幹線に乗ったり、東京駅前から高速バスに乗るぐらいかな。
あっ、先日は国立競技場に行きましたが・・・。

先ずは、JR四谷駅で下車して、御上りさん気分で、「ゆりのき並木」を歩いて迎賓館赤坂離宮へ行きました。
正面玄関には警備の方もいなく、静かな佇まいです。
この迎賓館は、一般人も参観が出来ることを、皆さんはご存知ですか?
我が家は、10年以上前に、抽選に当選して参観しました。


201104301080370


201104301080378


安鎮坂あたりの樹木ですが、都心の新緑も美しいですね。
東宮御所の脇の道を歩いて行きますが、ランナーが多いです。

神宮外苑に入り、聖徳記念絵画館を背にして、「いちょう並木」を歩きます。
いちょうの木は、剪定のためか、新芽はぼちぼちです。


201104301080379


201104301080382


201104301080383


南青山に着いて、昼食を食べるために、ぶらぶらとレストランを探します。
「モロッコ料理」の看板が目に入ったので、階段を登って、恐る恐るドアを明けます。青い民族衣装を着たハンサムなお兄さんに招き入れられて、席につきました。

モロッコに憧れていて、いつかモロッコに行ってみたい、と思っていましたので、初めてのモロッコ料理に挑戦です。
クスクスランチとケバブランチを注文しました。
ランチには、本日のスープとコーヒーがついています。

豆のスープは美味しかったです。
チキン・ケバブはカレー風味ですが、少し物足りないような・・・。
ベジタブル・クスクスは美味しいのですが、大食いの私には少し軽いような・・・。
モロッコのスパイシーなコーヒーは、ストレートで飲みましたが、美味!
本当のモロッコ料理はランチだけでは分からない、と思いますので、また、ディナーに行きたいです。
レストランの名前は、「モロッコ タジンや」です。


201104301080393_3


201104301080390


最後の目的地は、「根津美術館」です。
今回は、国宝の尾形光琳筆「燕子花図」が展示されていました。

お庭も散策して、新緑や花を愛でます。

その後、青山界隈をぶらぶらしましたが、買物はせずに、地下鉄・表参道駅から帰宅しました。
 

| | コメント (2)

2011/05/03

雨の国立 -ACL予選第5節・上海申花戦-

Dsc_0108
 

また雨の国立競技場。
晴れ女の私は、雨の国立にはいい思い出がないけれども・・・。

今日のACL予選第5節・上海申花戦は、興梠慎三選手の2ゴールで、2-0で鹿島アントラーズが勝利しました。
2得点共、セットプレーからの得点でした。

試合内容は、中だるみしましたね〜。
鹿島はミスが多く、せめて雨が止んでくれたらとの願いも虚しく、降り続く雨。

今日の神様は、曽ヶ端準選手。
曽ヶ端選手の妙技に何度も助けられた試合でした。

でも勝利することが出来て、今回も良かったです。
次節は、スッキリと勝ちたいものです。


Dsc_0049


増田誓志選手は出場しませんでした。


Dsc_0084


Dsc_0086


Dsc_0203


Dsc_0257


最後の写真は、試合終了後、引き揚げて行く選手たちです。
増田選手の胸中は如何に?

(クリックすると大きくなる写真もあります)


元気であることだけが取得の私が、勝利した試合に手放しで喜べないのは、増田選手が出場しなかったことも理由のひとつです。
ひとりで、新緑の山道をどこまでもどこまでも歩いて行ってしまいたい気分です。
去年、山形の練習場でお会いした誓志ファンの皆様はどうしているかしら?
スタジアムでお会いしたら、またお話をしましょう。
 

| | コメント (6)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »