« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011/04/29

逆転勝利の喜び -福岡戦-

え〜、誓志が左サイドバック!

11分にアレックス選手が負傷退場で、増田誓志選手が左サイドバックに投入されました。
増田選手の左サイドバックは公式戦では初めて、と思います。

神様は、誓志にまた試練をお与えになるのでしょうか?

それからは、TVの前でハラハラドキドキしながら、祈るような気持ちで試合を観ていました。

40分、失点!

ああ〜。


「左サイドバックで入るとは思わなかったが自分でやれることをやろうと思った。寄せは甘いし、縦に行く回数が少なかったので効果的な攻めは出来ていない。ポジショニングや上がるタイミングをみんなが試合中にアドバイスしてくれたので助かった。」

試合終了後の増田選手のコメントを、鹿島オフィシャルサイトから引用しました。
反省、チカちゃんです。

右サイドバックが初出場の西大伍選手だったので、増田選手はバランスを取りながら慎重にプレーしていたように思えました。
気疲れしそうだなあ。


後半、鹿島は2得点で逆転勝利しました。
得点者は、
59分の大迫勇也選手
71分の岩政大樹選手

ありがとう!
勝った!勝った! 今季リーグ戦初勝利です!!

今は、勝利を素直に喜びたいです。


本日のレブルファイブスタジアムでのアビスパ福岡戦は、2-1で鹿島アントラーズが勝利しました。
 

| | コメント (4)

2011/04/23

完敗 -横浜FM戦-

201104231080326


201104231080345


風雨の強い中での酷い試合でした。

鹿島の選手は疲れているのかしら?

今日の国立での横浜F.マリノス戦は、0-3で、鹿島アントラーズの完敗でした。
リーグ戦は、開幕戦に引き続き3失点!

あまりの酷い試合に心が折れそうになりましたが、絶望してはいけない、と自分に言い聞かせています。
明日は久しぶりのオフですから、選手は身も心も癒して、次に向けて切り替えて下さい。

オリヴェイラ監督はベンチ入り停止でしたので、奥野僚右コーチが指揮を取りました。
多分、監督は上から観ていたことでしょうから、チームを俯瞰することが出来た、と思います。チーム再生のために、戦術などを再構築をして下さい。


試合前に、横浜の選手が鹿島のゴール裏に出向き、挨拶と激励をしてくれました。
感激です。そして、ありがとうございました。
横浜FM、格好いい!


201104231080335


201104231080338_3
 

増田誓志選手は出場しませんでした。
(一番下の写真はクリックすると大きくなります。)

「誇りは揺るがない」
 

| | コメント (4)

2011/04/19

田代有三がゴールも負傷交代 -ACL予選第4節・水原三星戦-

201104191080293


201104191080305

勝ちたかったですね。

本日の国立に於けるACL予選第4節・鹿島アントラーズ x 水原三星ブルーウィングス戦(韓国)は、1-1の引分けでした。

韓国のチームが、あんなに引いてくるとは思わなかったです。毎度のことですが、引かれると崩すのは難しいですね。
ああ〜、不完全燃焼な試合でした。

48分に失点しましたが、54分に田代有三選手のゴールで同点になります。
田代選手の鹿島復帰後初ゴールに、立ち上がって歓声を上げました。
しかし、その後、水原の選手に後ろからタックルを受け転倒しました。得点前にも、水原のGKと接触し足を痛めていたようです。
駆け寄ったスタッフが、頭上で×マークを出し、田代選手は担架でピッチ外へ運ばれて行きました。

有三、無念!

折角、スタメン出場でゴールを決めたのに!!

田代選手が軽傷であることをお祈りします。


201104191080316


201104191080317
 

上の写真は、試合終了後、引き揚げて行く選手たちです。
キャプテンの小笠原満男選手は、引分けに厳しい表情ですね。

そして、増田誓志選手も厳しい表情です。

増田選手は、79分に新井場徹選手と交代で、右サイドバックとして投入されました。
ボランチだったり、2列目だったり、右サイドバックだったり・・・・。
2分だったり、11分だったり・・・。
それでも、サブの選手は結果を出さなければいけません!

何だか、ため息が出てきます。

それでも、頑張ろう、誓志!!


家を出る時に、冷たい雨が強く降っていたので、ダウンジャケットと雨具を持っていきました。
国立競技場前で並んでいた時は日差しが強かったので、大きな荷物が恥ずかしかったのですが、持っていって正解でした。試合後半は、周りの観客から「寒い、寒い」と声が上がっていました。

平日の昼間でしたが、結構、観客(サポーター)が入っていました。
公式発表は、4619人です。

だから、尚、勝ちたかったです。
 

| | コメント (8)

2011/04/14

今季初勝利 -ACL予選第6節・シドニー戦-

やっと勝った! 公式戦の今季初勝利。

昨夜のシドニーフットボールスタジアムに於けるACL予選第6節・シドニーFC戦は、3-0で、鹿島アントラーズが勝利しました。
これでACL予選は、1勝2分です。

この勝利で、ACLがますます面白くなってきました。

得点者は
41分の野沢拓也選手
51分のフェリペ・ガブリエル選手
92分の興梠慎三選手

昨夜は野沢選手とフェリペ選手が好調でしたね。
そして、闘志全開のキャプテン小笠原満男選手が凄かった!

こういう試合こそ、スタジアムで声を張り上げて応援したかったなあ。


尚、このブログは、必ず増田誓志選手に触れます。

70分に本山雅志選手が投入されましたが、なかなか試合の流れに乗れなかったようで・・・。
鹿島の選手に疲れが見えてきましたが、オリヴェイラ監督は2人目の選手交代をしません。
今日の選手交代は一人だけか、と思ったら、後半ロスタイムに、田代有三選手がピッチ脇に立っているのが見えました。
田代選手が時間稼ぎ要員ですか?

92分に興梠選手のゴールが決まって、3点目が入った、と大喜び!!

田代選手が投入されて、これで御仕舞、と思ったら、ピッチ脇に増田誓志選手が立っているではありませんか。
14番だ、と胸躍らせたら、主審の試合終了の笛が鳴りました。

ああ〜、増田選手の出番はありませんでした。

誓志の悔しさが、手に取るようにわかります。

この悔しさを忘れるな!!!

鹿島の今季初勝利は嬉しかったですが、誓志ファンとしてはちょっぴり淋しいシドニー戦でした。
 

| | コメント (4)

2011/04/07

惜しい試合 -ACL予選第3節・水原三星戦-

「被災者の方々に勝利をプレゼントしたい」
と試合前日に語っていた選手たち。
(4/5付 アントラーズ・モバイル スタッフダイアリーより)

4/6の水原ワールドカップスタジアムで行われたACL予選第3戦・水原三星ブルーウィングス戦は、1-1の引分けでした。

得点者は、71分の中田浩二選手。

今回は難しい試合になる、と思っていました。
大震災で被災した鹿島アントラーズは、1ヶ月ぶりの試合でした。
活動休止になり、再始動からは1週間ちょっとの調整期間で、練習試合もなく、いきなりの公式戦で大丈夫かな、と心配していました。

しかし、同点になると欲が出てきて、もう1点欲しい、勝ちたいとなりました。

67分の失点後、68分の本山雅志選手の投入は効果がありました。
81分には遠藤康選手、88分(TV画面は87分)には増田誓志選手を投入して2点目を狙いましたが、逆転は出来ず。
残念!

悔しくて、惜しい試合でした。
鹿島の選手は、最後まで勝つことへの執念を見せてくれました。


増田選手に与えられた時間は、2分(+ロスタイム3分)でした。
TVで、増田選手の元気な姿を見ることが出来て嬉しかったのですが、たったの2分とは・・・。

以前、「信じる力 -パク・チソン自伝-」を読みました。
「たった5分の出場であっても、僕の持っているものを見せつけてやる」
と朴智星選手。
この言葉にすごく感動した私。

誓志、5分でも頑張れ!!


次のシドニー戦は勝利を熱望します。

2008年のオーストラリア・アデレード遠征の際、飛行機の窓から、シドニーのオペラハウスが見えたのが懐かしいです。
 

| | コメント (2)

2011/04/04

アルストロメリアの花

201104031080258
 

今日は、真冬に戻ったかと思えるほど寒かったです。

公園のソメイヨシノの花も、まだ二分咲き位でしょうか。

日曜日はウォーキングの途中で、商店街の花屋さんに寄りアルストロメリアの花を買いました。花束を胸に抱えて帰るのは嬉しいですね。


鹿島アントラーズが、今日、ACL・水原三星ブルーウィングス戦に向け、韓国へ出発したそうです。

「こんな時だからこそ、勝たなきゃいけない」
と増田誓志選手。
  (4/2付 アントラーズ・モバイル スタッフダイアリーより)
 

| | コメント (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »