« 悲願のACL制覇に向け初戦勝利 -ACL予選第1戦長春戦- | トップページ | やるしかない -モンテディオ山形- »

2010/02/28

勝ちは勝ち -富士ゼロックススーパーカップ・鹿島xG大阪-

Dsc_0239_2
 

 
今日は勝って良いスタートを切ることが出来た。

ただ、勝てたのはよかったけど90分で決めたかった。90分でしっかり勝たないと。
勝ちは勝ち、PKだろうと勝つと負けるのでは全然違う。(後略)

と小笠原満男選手のコメントです。 
   (J's GOALより抜粋)

私も、優勝に歓声を上げることが出来て、嬉しかったです。
試合内容は満足いくものではありませんでしたが、勝つと負けるでは、全然、違いますね。

昨日の国立での富士ゼロックススーパーカップ・鹿島xG大阪戦は、1-1(PK5-3)で、鹿島が優勝しました。

(上の写真はクリックすると大きくなります)
 

Dsc_0147_2


Dsc_0196_2


Dsc_0151_2


試合前、選手と一緒に集合写真に収まる「しかお」の後姿が可愛い!
 

Dsc_0156_2


Dsc_0211_2


遠藤保仁選手がPKを失敗するなんて、吃驚!
 

Dsc_0213_2


新井場徹選手のPKは珍しい。
新井場選手の笑顔に、私までも嬉しくなりました。
寒さの中でもベンチコートを着ないで、PK戦の行方を睨む満男が格好いい!


Dsc_0214_2


Dsc_0216_2


5人目のマルキーニョス選手のPK成功に、飛び上がって喜びました。
 

Dsc_0228_2


Dsc_0252_2
 

途中出場の遠藤康選手の今後に期待がもてました。

試合終了後の、オリヴェイラ監督の遠藤選手に関するコメントには色々と思うことがありました。
「ああ、やっぱり」
という気持ちが大きいですが、この件については、また別途。


鹿島アントラーズに入団内定の柴崎 岳 君に興味のある方はこちらへどうぞ。
 

|

« 悲願のACL制覇に向け初戦勝利 -ACL予選第1戦長春戦- | トップページ | やるしかない -モンテディオ山形- »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。