« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010/01/28

新体制発表

本日、鹿島アントラーズの新体制発表記者会見がありました。
 
チームは1/25(月曜日)に始動していますが。


私の今季の最大の目標は、アジア制覇です。

今年こそ、ACLで優勝しましょう! 
 

| | コメント (0)

2010/01/22

新しい背番号は8 -モンテディオ山形-

本日、モンテディオ山形の2010シーズン新体制発表記者会見がありました。

新加入選手記者会見もあり、増田誓志選手はスーツ姿で登場しました。
ユニホームは着用しなかったようで、日曜日の「モンテディオ山形2010キックオフ」イベントでユニホーム姿の御披露目があるのでしょうか?

さて、増田誓志選手の新しい背番号は8です。
やはりね。

田代有三選手は10です。

ふたりに対する山形の熱〜い期待が伝わってくる背番号ですね。

J's GOALに載っていた増田選手のコメントを読むと、山形の期待に応える覚悟は出来ているようです。

頑張れ、誓志!
 

| | コメント (6)

2010/01/19

ファミリーと感じる時

鹿島オフィシャルサイトによると、田代有三選手がクラブハウスで最後の練習を行ったそうです。

え〜、まだ山形へ行っていなかったのね。

確かに、大雪の山形では自主トレーニングは無理でしょう。
でも、山形市内のスポーツクラブ等でやっているのかな、と思っていました。
それにしては、山形サポのブログ等に、「新加入選手に遭遇しました」という記事が載らないなあ、と不思議に思っていました。

鹿島のクラブハウスで、皆と一緒に自主トレーニングをやっていたのですね。
ということは、増田誓志選手も一緒だったのかしら?

「ファミリーだな〜」
と思わずつぶやきました。

山形への期限付き移籍が正式発表された後でも、クラブハウスで練習が出来るなんて、鹿島はなんて優しいのでしょう。
ちょっと吃驚です。


最近は、鹿島と山形の両方のオフィシャルサイトやブログをチェックするので、インターネットをやる時間が、以前の倍になりました。

山形の新加入選手記者会見は、1/22(金)です。
シーズンチケット会員とファンクラブ会員の限定公開のようです。
実は、私も参加の資格があるのですが、金曜日の午前に参加することは無理ですね。

いよいよ、誓志がモンテディオ山形のユニホームを纏います。
不思議な気持ちです。

先日の大掃除の時、「月刊アントラーズフリークス」を整理整頓しました。
2004年の3月号を見たら、新加入選手記者会見の写真が載っていて、懐かしかったです。新人の増田選手と移籍の新井場徹選手は、同じ年の入団だったのですね。


さて、昨日、鹿島の新ユニホームが発表されました。
前宣伝の割には、意外と大人しい感じですね。それでも、選手が着用したら格好いいでしょう。
ところで、鹿島の新加入選手記者会見はいつかしら?


追記 :

ケータイ・モバイルによると、田代選手は、練習後、車で山形へ向かったそうです。
今頃は、山形の新居(ホテル?)かしら?
 
 

| | コメント (2)

2010/01/14

「奇巌城」復刊 -怪盗ルパン全集-

201001141050996


201001141050997


小学生の頃、夢中になって読んだ「怪盗ルパン全集」。

モーリス・ルブランの原作を、南洋一郎が小学生向けに翻訳(翻案?)したシリーズです。牧秀人の表紙絵も印象的でした。

その「怪盗ルパン全集」が、ポプラ文庫クラシックで復刊されました。
毎日新聞の書評で復刊を知って、即、本屋で「奇巌城」(きがんじょう)を注文しました。

千葉県の片田舎に住んでいた小学生の頃、父が東京の本屋で買ってきてくれました。
アルセーヌ・ルパンのシリーズで、最初に読んだのが「奇巌城」でした。
小学生だった私は、ルパンのあまりの面白さに吃驚しました。ルパンに夢中になり、お小遣いで毎月1冊ずつ買い集めたものでした。しかし、会社員になった頃だったでしょうか、怪盗ルパン全集を収納した段ボール箱を庭の物置に移動したところ、湿気で本が駄目になってしまい処分しました(涙)。

今、復刊された「奇巌城」を手にして、懐かしさで興奮しています。
この牧秀人の表紙絵です。
その後、色々なルパン・シリーズを読みましたが、この絵のルパンがいいのです。

2枚目の写真は、ルパン生誕100周年の2005年に公開された映画「アルセーヌ・ルパン」のプログラムです。
映画は、「魔女とルパン」がベースになっていて、カリオストロ伯爵夫人が登場します。
しかし、映画はあまり面白くなかったなあ。
ルパンのイメージが、私の頭の中のイメージと違っていたので。
カリオストロ伯爵夫人のイメージも違ったし・・・。
今思うと、私の頭の中のルパンは、牧秀人が描くルパンに影響されていたようです。

復刊された「怪盗ルパン全集」は全30巻で、次々に刊行の予定だそうです。
全冊、集めてみようかな。


因みに、ルパン・シリーズで一番面白いと思ったのは「古塔の地下牢」です。
別名は、「水晶の栓」です。
「水晶の栓」の書名の方が有名かもしれません。

「水晶の栓」って何だろう、と思われた方へ。
ごく普通のガラス瓶の栓のことです。
 

追記 :

「水晶の栓」の部分を加筆訂正しました。
   2010.1.27
 

| | コメント (0)

2010/01/12

休日にはビーフシチューを作ろう

201001111050993
 

3連休は、あっという間に終わってしまいました。

名波浩さんの引退試合も、サッカー全国高校選手権決勝・山梨学院大付x青森山田戦も、TVでのんびりと観ていました。
山梨学院大付、優勝おめでとう。
初出場初優勝って凄いですね。


寒い冬の休日ですから、久しぶりに「ビーフシチュー」を作りました。
以前は、お肉たっぷりのシチューを作ったのですが、最近は、野菜たっぷりのシチューを作ります。
人参、じゃがいも、芽キャベツ、ペコロス(小玉葱)、ブロッコリー、マッシュルーム、エリンギと7種類の野菜を入れました。

お肉や野菜を鍋でことことと煮込むのは、幸せな時間ですね。
 

| | コメント (0)

2010/01/06

新しい土地には新たな希望がある

本日、増田誓志選手のモンテディオ山形への期限付き移籍が発表されました。

12月中旬に、増田選手の移籍の情報をスポーツ新聞各紙で知り、その後は、鹿島アントラーズからの正式発表を待っていました。

その間も、寒がりの誓志が雪国の山形に移籍なんて大丈夫かしら、と思えば涙ぐむ日々でした。特に、今年は大雪のようですから。

しかし、正式発表がなされた今、誓志を笑顔で送り出しましょう。


新しい土地には新たな希望がある

以前、アメリカ在住のジャーナリスト・青木冨貴子さんのエッセイを読んで、この言葉を知りました。開拓者精神に満ちた言葉のように思えます。

私自身、転職する時や転居する時、この言葉を思うと元気が湧いてきました。前途に、不安よりも希望を強く感じました。
だから、増田選手にも希望を胸に元気良く出発して欲しいです。
信じているから。


増田誓志選手、山形で、頑張ってこい!

田代有三選手も、頑張ってこい!


勿論、山形へ応援に行きます!!
 

| | コメント (4)

2010/01/05

あけましておめでとうございます

201001051050982
 

あけましておめでとうございます。

今年も、増田誓志選手と鹿島アントラーズを応援して旅します。 
よろしくお願い致します。
 

| | コメント (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »