« 1分でも出たらシュートを打つ | トップページ | 首位陥落 -新潟戦- »

2009/09/27

情けない試合をしてしまったのは事実 -名古屋戦-

200909261050480


200909261050478


酷い試合でした。
カシマに、往復6時間以上かけて応援に行く自分が馬鹿に思えました。

昨夜の名古屋グランパス戦は、1-4の完敗でした。
しかし、オリヴェイラ監督は頑固ですね。
スタメンを2名入れ替えたと言っても、いつもの固定メンバーでした。
そして、交代選手がダニーロ選手と中田浩二選手では、逆転する気配がありませんでした。
浩二のことが好きだったのに・・・。
浩二はどうしたのかしら?
度重なる手術で、サッカーの勘が失われてしまったのかしら?

日本代表の岩政大樹選手、興梠慎三選手、内田篤人選手は、ここで一度スタメンから外すべきです。
日本代表に招集されて、岡ちゃんに悪魔の魔法でもかけられたのでしょうか?
何か変です。
 

「情けない試合をしてしまったのは事実。みんなで戦って勝っていくだけ」
と小笠原満男選手。
   (アントラーズ・モバイルより)

それでも、良かったことが一つありました。
小笠原選手のFKからマルキーニョス選手がヘディングでゴールを決めました。
小笠原選手のFKの精度が戻ってきたようで、嬉しいです。


サポーターは、応援することしか出来ません。
2階のインファイトの応援が途絶えた時、1階のゴール裏から鹿島アントラーズ・コールが響いてきて、感動しました。
そして、私も声を合わせました。

我等が鹿島アントラーズ! 
 

|

« 1分でも出たらシュートを打つ | トップページ | 首位陥落 -新潟戦- »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。