« 読んでみよう 「BOX!」 | トップページ | 再開 -川崎戦- »

2009/09/13

試合中止 -川崎戦-

200909121050429


200909121050431


大粒の雨がポンチョを叩き付ける強い雨でした。

昨夜のカシマに於ける川崎戦は、雨天によるピッチコンディション不良のため、マッチコミッショナーの判断により試合中止になりました。

74分(後半29分)に岡田正義主審の判断により試合中断。

大雨のためコンコースに避難しました。
昨年の浦和戦では、雷雨による66分の試合中断がありましたが、試合が再開され1-1の引分けでした。
今回も友人たちとお喋りをしながら、試合再開を待っていました。

66分に、3失点の鹿島。
71分に、田代有三選手と増田誓志選手が投入され、反撃に出る鹿島。
74分までは、1-3と川崎がリードしている状態でした。

大雨でボールを蹴る度に水しぶきを上げるピッチで、誓志がどんなプレーをするか、楽しみでもあり不安でもありました。

しかし、川崎フロンターレは強い!

外国人3トップの攻撃力には脱帽です。
4冠獲得を狙う川崎の選手の闘志とプレーは素晴らしかったです。
若手選手を育てながら優勝を目指す川崎と関塚隆監督の戦略&戦術がちょっぴり羨ましかったです。


「本日の試合は中止、ノーゲームとなりました」の放送。

一斉に歓声が沸き起こります。
鹿島のゴール裏からは、「奇跡を起こせ」の歌声が響いてきます。

その時の私の気持ちを、正直に告白します。
天が味方した、と思いました。
不甲斐ない鹿島に、天がもう一回チャンスを下さった、と思いました。

リードしていた川崎の皆様には申し訳ありません。
私が逆の立場だったら、中止、ノーゲームの発表に激怒して抗議していたことでしょう。泣いて泣いて、眠れない夜を過ごしていたことでしょう。

それでも、私は鹿島を応援していますので、再試合では勝利したいです。
再試合は、90分の試合になるのか、残り16分の試合になるのか?
この試合の結果に関しては、15日(火)に開催されるJリーグ理事会によって決定されるそうです。

頑張れ、鹿島!
鹿島サポーターとして、とことん鹿島を応援します。
 

|

« 読んでみよう 「BOX!」 | トップページ | 再開 -川崎戦- »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。