« オリヴェイラ監督の采配に疑問を呈す -柏戦- | トップページ | 負けるべくして負けた -広島戦- »

2009/07/30

精根尽き果てて -ナビスコ杯川崎戦-

200907291050339


200907291050338


負けました。

昨夜の等々力に於けるナビスコ杯準々決勝第2戦・川崎戦は、0-3で負けました。
これで、鹿島アントラーズはナビスコ杯敗退です。

後半ロスタイムに失点し、0-1に。
カシマに於ける準々決勝第1戦は、1-0で勝利していましたが、これで2戦合計が1-1になったため、30分の延長戦に突入。
しかし、延長戦で2失点し、試合終了。

ゴール裏前で、精根尽き果てた選手に降り注ぐ鹿島サポの大ブーイング。

私は、ブーイングもせず、拍手もせず、立ち尽くしていました。


カップ戦を勝ち抜くことは大変ですね。
カップ戦必勝方法を研究しなければ、来季のACL・アジア王者獲得は難しそうです。


川崎フロンターレのスタメンを見て、後半に強力FWを投入するな、と思ったら予想通りでした。
川崎の関塚隆監督は、後半に3人のFWを次々に投入し、そして、結果が出ました。
関塚監督の作戦が大当たり!

鹿島の作戦は、先制点をあげたら、ガッチリと守備固めをする予定だったのでしょうか?
ベンチのメンバーを見て、何となく思いました。
しかし、得点することは出来ず。
後半30分頃からは中途半端なプレーが見受けられ、選手間の意思統一が出来ていないのでは、と不安になりましたが、監督の指示はどうだったのでしょうか?


増田誓志選手は、ベンチ入りせず。
淋しい〜。
 

|

« オリヴェイラ監督の采配に疑問を呈す -柏戦- | トップページ | 負けるべくして負けた -広島戦- »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。