« 初スタメン初ゴール -ACL第2戦・上海戦- | トップページ | フリークスが届いた »

2009/03/24

意地 -広島戦-

200903221040750


200903221040755


ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)連覇、おめでとうございます。

2大会連続の優勝に、興奮しました。
昔は後楽園球場へ野球観戦に行ったのですが、最近は全然、興味がありませんでした。しかし、世界一を目指すとなると、やはり気になります。
今大会5度目の日韓戦って、不思議な大会運営ですね。

連覇に、野球の日本代表選手の意地、誇りを感じました。


さて、Jリーグの話です。
3/22(日曜日)、カシマでの広島戦は、2-1で、鹿島が勝利しました。
後半ロスタイムに、途中出場の興梠慎三選手の決勝ゴールが決まった。
思わず、立ち上がって万歳!

興梠選手って、凄いですね。
前試合でベンチ外、今試合は途中出場でしたが、しっかりと結果を出し、鹿島の勝利に貢献しました。
新聞もブログも、皆さんが書いていますが、「意地の一発」でした。
興梠選手の意地に、感服しました。


増田誓志選手は、67分に、本山雅志選手に代わって投入されました。
今日は23分(+4分)もあるから頑張れ、と思いました。
しかし、惜しいミドルシュートがありましたが、得点は決められず。

誓志ファンだから、敢えて苦言を呈します。
「あれは、絶対に決めろ!」
 

|

« 初スタメン初ゴール -ACL第2戦・上海戦- | トップページ | フリークスが届いた »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。