« 連覇―札幌戦― | トップページ | 小雪舞う札幌の夜 »

2008/12/07

優勝から一日がたって -札幌遠征から帰還-

20081206_0339


20081206_0331


初めての札幌ドームは素晴らしい思い出の場所になりました。
札幌サポさんには悪いけれども・・・。

最終節・コンサドーレ札幌戦は1-0で鹿島が勝利し、優勝しました。
鹿島の2年連続で6度目の優勝です。
快挙です!


20081206_0343


20081206_0344
 

20081206_0435


20081206_0346
 
試合開始早々は選手の動きが硬いのか、ミスが多く、ハラハラドキドキしました。
前半35分に野沢拓也選手のミドルシュートが決まり、先制。
後半はシュートを打てども打てども決まりませんでしたが、札幌の攻撃を封じて、試合終了。

「我等〜Jリーグチャンピオン〜」の大合唱。
そして、「オブラディ・オブラダ」。
10回位歌ったでしょうか? 最後は足元がふらつきました(笑)。

気持ちが良かった〜。
札幌まで遠征した甲斐がありました。

選手、監督、スタッフ、サポーターの皆さん、おめでとう。
そして、ありがとう。
今年も充実した1年でした。感謝!


20081206_0329
 

しかし、札幌は寒かった。
千歳空港に到着した時は小雪が舞う程度でしたが、シャトルバスで札幌に移動中、どんどん雪が降ってきました。途中、大きな看板の温度計(?)がありましたが、−2.8度と表示されていて不安になりました。
札幌ドームに到着して、たった30分並んだだけで痺れるような寒さでした。

それもこれも、一日たった今では素晴らしい優勝の思い出です。
本当にありがとう!
 

|

« 連覇―札幌戦― | トップページ | 小雪舞う札幌の夜 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。