« 小雪舞う札幌の夜 | トップページ | 大分駅前の大友宗麟の銅像に想う -国東物語- »

2008/12/11

爽やかな雪の朝 -札幌市時計台-

20081206_0382


20081206_0384
 


日曜日の朝、ホテルの窓の手すりには雪が10cm位積もっていて吃驚しました。
夜に雪が降ったようです。

ホテルを早々とチェックアウト後、札幌市時計台へ行きました。
今回の札幌遠征では観光の予定はなかったのですが、やっぱり、札幌のシンボルといわれる時計台だけは行かなくちゃね。
除雪されていない歩道を、スニーカーでよろよろしながら歩きました。

「時計台は、ビルの狭間にあって小さいから期待しない方がいいよ」
と友人に言われました。

しかし、真っ白な時計台は素敵でした。

行って良かった!


最近、ビジネスホテルに宿泊した際は、朝食をホテルで食べず、市街のカフェや喫茶店で食べるようしています。
その街の雰囲気がつかめるし、移動の電車やバスの時間もありますから。
今回は、大きな窓ガラスのあるカフェで、降りしきる雪を眺めながらコーヒーとホット・サンドイッチを食べました。カウンターの女性スタッフが親切な店で、気持ち良く過ごすことが出来ました。
これも、札幌の良い思い出です。


再来年、また、札幌遠征に行きたいです。
 

|

« 小雪舞う札幌の夜 | トップページ | 大分駅前の大友宗麟の銅像に想う -国東物語- »

コメント

Mさん、コメントありがとうございます。
来季も、アントラーズを応援しましょう。


投稿: 香織 | 2008/12/16 20:53

初めまして 本山ファンです 札幌の時計台ラーメン最高でした。11冠を生で体験してます サポーター歴は長いです 宜しくお願いいたします

投稿: 鹿島アントラーズサポーターM | 2008/12/13 12:18

この記事へのコメントは終了しました。

« 小雪舞う札幌の夜 | トップページ | 大分駅前の大友宗麟の銅像に想う -国東物語- »