« 秋桜 | トップページ | 勝負はこれからだ -ACL準々決勝アデレード戦第1戦- »

2008/09/14

残念な結果 -川崎戦-

200809131030600


200809131030605
 


SOCIO会員は、試合開始約1時間前に、印刷された「試合メンバー表」をいただけます。
携帯サイトでも、スタメン情報は入手が出来るようですが。

川崎戦のスタメンは、2列目がダニーロ選手とマルシーニョ選手のブラジル人コンビでした。本山雅志選手と野沢拓也選手はサブ。

嫌な予感!

相手は川崎フロンターレですよ。
爆発的な破壊力を持つ川崎ですよ。
過去の対戦成績が鹿島の4勝0分け5敗と、鹿島が苦手とするチームです。

人生○○年、私の直感はよく当たるです。
先入観を持ってはいけない、と自分を戒めながら試合に臨みました。

試合結果は、1-1の引き分けと残念な結果でした。
「ホームの引き分けは負けに等しい」
といつもならば激怒するのですが、今回は冷静でした。
「試合前の予感が当たったわ」
と言いながら、仲間に愚痴をこぼしました。


曽ケ端準選手、ありがとう。
曽ケ端選手の好セーブに、鹿島は何度も救われました。

前半のマルシーニョ選手のプレーに満足が出来ません。助っ人なら、もっと出来るでしょう!
後半開始早々からマルシーニョ選手に代わって、本山雅志選手を投入して欲しかったです。前半の膠着状態を打破する為には、早めに手を打って欲しかったです。

本山選手はスタメンで起用すべきです。
前節の神戸戦が良くなかったようですが、勢いのある川崎には本山選手の力が必要と思いました。
本山選手の奮起を望みます。
ベンチに座っている選手ではありません。

後半17分頃からメインスタンド前をふらふらと歩いていたダニーロ選手。
スタミナ切れのようでしたね。
それでも、22分、ダニーロ選手が気力を振り絞って(?)出したパスから、マルキーニョス選手がゴール。
素晴らしいゴール!
しかし、その後直ぐに、守備が出来る選手と交代して欲しかったです。
「ダニーロが歩いている」
「ダニーロを早く下げて」
と友人と叫んでいました。
やはり、ダニーロ選手は途中出場の切り札として起用したほうが良い、と思います。

中田浩二選手は不調ですね。
まだ、怪我が完治していないようで、元浩二ファンとして悲しいです。
私をサッカーの虜にしたのは、中田選手だったから・・・。


それにしても、川崎の荒いプレーは怖かったです。
そして、村上伸次主審の審判は納得が出来ません。
選手が怪我をしないことを祈りながらの観戦&応援は楽しくありません。
公平&正確な審判を望みます。
 

|

« 秋桜 | トップページ | 勝負はこれからだ -ACL準々決勝アデレード戦第1戦- »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。