« 残念 -浦和戦- | トップページ | 北京へ思いを馳せて »

2008/04/20

無得点 -大阪戦-

風邪をひいて寝込んでいました。先週の浦和戦の敗戦が応えたようです。

強豪であるガンバ大阪との一戦に、是非とも参戦したかったのですが、大事を取ってカシマ行きを断念しました。無理をして、風邪をこじらせて肺炎になったら困りますから。

前日にカシマ行きをキャンセルしたのですが、当日の朝、東京は晴れていました。
「行けば良かった」
と後悔したのですが・・・。

16:00に、TVをつけたら、カシマは雨。
風も強そうだし、寒そう〜。
あの冷たい雨に打たれていたら、今頃、入院騒ぎだったかもしれません。

半袖のユニホーム姿のガンバサポがいましたが、風邪をひかれたかもしれませんね。
カシマの寒さをなめてはいけません。


という訳で、今回はTV観戦です。
生観戦とTV観戦は違う、と日頃から声高に言っている私です。
おまけに、風邪で頭が朦朧としていましたから、当てにならない感想です。

2戦連続の無得点にがっかりしました。
鹿島も大阪も、守備陣が頑張って得点を許さず引け分けました。
しかし、膠着状態を打破する有効な手立てはないのでしょうか?
選手交代も決め手を欠いたし・・・。
オリヴェイラ監督の采配を信じていますが、迷走しないことを祈るばかりです。

私としては不完全燃焼の試合でしたが、新聞各紙を読むと白熱した好ゲームだったようですね。
そうですか・・・。
分からないなあ〜。


参戦されたサポの皆様、お疲れさまでした。

そして、北京遠征へ出発する選手の皆様、怪我をしないように、いってらっしゃい。
 


|

« 残念 -浦和戦- | トップページ | 北京へ思いを馳せて »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。