« 桜が咲いた、欅が芽吹いた | トップページ | 惜しい -新潟戦- »

2008/03/31

冷たい雨の中の熱い試合 -横浜戦-

200803301020604


200803301020610


横浜の山瀬功治選手のシュートがクロスバーを直撃した時、1-1の同点だった後半29分のことです。
「勝った」
と思いました。
山瀬さんが外してくれた。
勝利の女神が鹿島に微笑んでいる、と思いました。

その後、後半32分の小笠原満男選手のPKは、足を滑らせて失敗。
「絶対に入る」
と思ったのですが、小笠原選手のキックはクロスバーを直撃しました。
残念!
満男、どうした?

カシマで行われた横浜戦は、3月末というのに冷たい雨が降り続きました。
手がかじかんで、寒くて寒くて・・・。

しかし、ピッチの上では熱い試合が繰り広げられていました。
鹿島も横浜も、最後まで諦めないぞ、という気迫が伝わってくる激しい戦いでした。

そして、激戦を制したのは鹿島でした。
後半40分、ダニーロ選手のリーグ戦初ゴールが決まった。

2-1で、鹿島が勝利しました。
これで、鹿島は開幕3連勝です。
 


|

« 桜が咲いた、欅が芽吹いた | トップページ | 惜しい -新潟戦- »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。