« 立春 | トップページ | 誉めること »

2008/02/06

雪 -W杯アジア3次予選タイ戦-

岡田ジャパン、面白かったです。

W杯南アフリカ大会アジア3次予選・タイ戦は、4-1で日本代表が勝利しました。

雪の中のW杯予選の初戦で、選手も緊張したことでしょう。
前半15分ぐらいは、寒さと緊張で選手の動きが硬いように思えました。何度もあったチャンスを決められない日本代表にいらいらして、TVの前で大声で叫びまくっていました。

前半21分、遠藤保仁選手の直接FKが決まった。
しかし、前半22分にタイの選手のミドルシュートが決まる。

先制直後の失点!
ありゃ〜、と思いましたが、ここからが面白くなりました。

久しぶりに日本代表戦を観ると、カメラが引いた時に、誰が誰だか選手が直ぐに分からなくて困ります。鹿島の場合は一瞬で分かりますが。オシム・ジャパンはあまり観ていなかったので・・・。
これからは、岡田ジャパンを応援します。

「点を取りたいという意志、気持ちがあったから入った」
と岡田監督が語っていました。

チリ戦やボスニア戦に比べると、選手の表情が変わってきましたね。
公式戦ということもありますが、勝利に対して貪欲になってきていました。観ていて面白かったし、頼もしかったです。
次戦に向けて、どんどん進化していって欲しいです。

SBの内田篤人選手は、まだまだというプレーもありましたが、吸収力の素晴らしさに感心しました。一戦一戦ごとに良くなっていきますね。
本当に凄い選手です。
TBSの解説者に酷評される場面もありましたが、気にしない、気にしない。
すっかり、岡田監督の秘蔵っ子になってしまいました。
篤人、怪我だけは気をつけて下さいね。


「ガンバレ日本」と、久しぶりに宣言します。

気温1度の雪の中、埼玉スタジアムに参戦されたサポーターの方々、お疲れさまでした。そして、ありがとうございました。
 

 

|

« 立春 | トップページ | 誉めること »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。