« 怒り -東アジア選手権北朝鮮戦- | トップページ | 明日は必勝祈願 »

2008/02/20

全員、無事に帰ってこい -東アジア選手権中国戦-

安田さん、大丈夫ですか〜。

本日の東アジア選手権・中国戦で、後半9分、安田選手が中国GKの飛び蹴りを受けて負傷し、担架で運ばれました。救急車を要請した、という情報もありましたが、その後の容態は如何でしょうか? 心配です。軽傷であることをお祈り致します。

しかし、酷い試合でしたね。

あれは、サッカーというスポーツではありません。
安田選手の負傷退場後は、試合の内容よりも、選手が怪我をしないようにと祈るばかりでした。
中国選手の乱暴なプレーは有名ですが、それにしても、あまりにも酷かった。

主審も酷かった。
主審は北朝鮮人で、飛び蹴りをした中国GKにはイエローカードのみ。
あれは、レッドだろう。

審判は、参加4ヶ国以外から呼んでくるのは常識でしょう。
それが出来ないならば、東アジア選手権なんて無意味です。

餃子を食えの川淵さん、この試合を観て、なんとコメントするでしょうか?

結果は、1-0で、日本の勝利でしたが、全然、嬉しくない。


|

« 怒り -東アジア選手権北朝鮮戦- | トップページ | 明日は必勝祈願 »

コメント

千住鹿さん、コメントありがとうございました。

中国戦のオ・テソン主審の判定は最低でした。


投稿: 香織 | 2008/02/22 11:27

リーグで我々がされ続けている主審の偏向ジャッジをお忘れですか?
内容的には昨日の主審より酷い事も多数あったでしょ。
それもホームでそれやられたり。
主審なんかあてにしちゃイカンのですよ。

投稿: 千住鹿 | 2008/02/21 12:02

この記事へのコメントは終了しました。

« 怒り -東アジア選手権北朝鮮戦- | トップページ | 明日は必勝祈願 »