« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008/02/26

雷鳴 -必勝祈願-

鹿島神宮の森に雷鳴がとどろきました。
丁度、神官が祝詞をあげている時でしたので、吃驚しました。それも1回だけ。

きっと、私たちのお願いに、「分かりました」と神様が答えてくれたのでしょう。

何か不思議な感じがした、鹿島神宮に於けるアントラーズの必勝祈願でした。


200802231020319


200802231020318


200802231020328


200702231020335

| | コメント (0)

2008/02/25

不安と期待 -水戸戦-

ダニーロ選手のプレーって良かったのですか???

「ダニーロ躍動!」などとスポーツ新聞各紙に載っていますが、私がメインスタンドで観ていた、あのダニーロ選手のことですか?
そうですか・・・。

「ダニーロ選手は宮崎キャンプで好調だ、と聞いたけど、全然、良くなかったね」
と友人A。
「ダニーロ選手に期待してはいけません」
と友人B。

兎に角、ジャンプ力がありません。
ヘディングの高さでは、毎回、J2水戸の選手に競り負けていました。
田代有三選手がいない時はどうする〜、と不安になりました。
昨季、有効だった戦術のひとつが使えませんね。

後半、若手選手が次々に投入されましたが、90分間プレーしたダニーロ選手が、若手選手をフォローすることはありませんでした。というか、誰もフォローを期待していないか?
「90分フル出場した青木、ダニーロも鋭い動きでチームを牽引し・・・」と鹿島オフィシャルサイトのマッチレビューに載っていますが、あの動きが牽引ですか?
青木剛選手は牽引していましたが。

でも、オリヴェイラ監督はダニーロ選手のプレーに満足したようです。

「今年は国際試合を多く抱えることになるので彼(ダニーロ選手)の経験を最大限に発揮できるようにしたい」
と鹿島オフィシャルサイトでコメントしています。
そうですか・・・。

ダニーロ選手に関しては、監督と私はどうしても意見が合いません。

「フロントは放出要員として考えていたが、オリヴェイラ監督が残留を強く希望」
   (スポーツ報知より)
そうだったのですか・・・。


試合終了後、友人たちと話しをしましたが、水戸戦に関して色々な意見や感想が出ました。
一致した感想もあれば、相反する意見もありました。
そのひとつひとつを記憶に留めておきますが、これがサッカー観戦の醍醐味ですね。

サッカーには色々な見方がある、と思います。

選手は、まだ疲れているようだし、体が重いようだし、戦術練習は本格的にはしていないようだし、まだまだこれからですね。
1週間後のゼロックス杯や2週間後の開幕戦が楽しみです。
今季のアントラーズに期待しています。


| | コメント (0)

2008/02/24

新しいユニホームは若々しい -水戸戦-

200802171020353


200802161020356


新しいユニホームのお披露目となった「いばらきサッカーフェスティバル2008」水戸戦に行ってきました。

いいですね! 新しいユニホーム。
深紅と紺の横縞のユニホームは、若々しい感じです。紺色が好きな私は気に入りました。

後半、増田誓志選手が登場すると、私の周りが沸きました。
私もバックからカメラを取り出して、新しいユニホームの14番を記念撮影してしまいました。

誓志、ゴール前では落ち着け!
今日の増田選手は少し焦っていたような・・・。

後半は、若手選手が次々に投入されてサテライトの試合のようでした。
しかし、出来具合はいまいちで、試合終了後、引き上げる若手選手の表情は冴えないように思えました。
でも、これからです。

前半は欠伸が出ましたが、後半は鮮やかな2得点と若手選手のプレーで十分に楽しめました。

詳細は、また明日。

本日の水戸戦は、3-0で鹿島が勝利しました。


| | コメント (0)

2008/02/23

残念 —東アジア選手権韓国戦—

鹿嶋のホテルにてケータイより更新中。

東アジア選手権韓国戦は、1-1で引き分け、その結果、日本は優勝することが出来ませんでした。
残念!

田代選手と内田選手はお疲れさまでした。この経験を、鹿島で活かして下さい。

しかし、東アジア選手権の開催は再考して頂きたいです。

試合終了後、外に出たら星が綺麗でした。
鹿嶋の夜は凄〜く寒いです。

明日の水戸戦は完全防寒で応援しましょう。


追記:

東アジア選手権は韓国が優勝しました。


| | コメント (0)

2008/02/22

明日は必勝祈願

明日、久しぶりに鹿嶋へ行きます。
鹿嶋行きは、去年の12/15の優勝報告会以来です。

午後、鹿島神宮で、アントラーズの必勝祈願がありますので、参加します。
選手に会うのは、元日の天皇杯決勝以来です。

私も、いよいよ始動します。
今季も、一生懸命にアントラーズを応援しますので、宜しくお願いします。


| | コメント (0)

2008/02/20

全員、無事に帰ってこい -東アジア選手権中国戦-

安田さん、大丈夫ですか〜。

本日の東アジア選手権・中国戦で、後半9分、安田選手が中国GKの飛び蹴りを受けて負傷し、担架で運ばれました。救急車を要請した、という情報もありましたが、その後の容態は如何でしょうか? 心配です。軽傷であることをお祈り致します。

しかし、酷い試合でしたね。

あれは、サッカーというスポーツではありません。
安田選手の負傷退場後は、試合の内容よりも、選手が怪我をしないようにと祈るばかりでした。
中国選手の乱暴なプレーは有名ですが、それにしても、あまりにも酷かった。

主審も酷かった。
主審は北朝鮮人で、飛び蹴りをした中国GKにはイエローカードのみ。
あれは、レッドだろう。

審判は、参加4ヶ国以外から呼んでくるのは常識でしょう。
それが出来ないならば、東アジア選手権なんて無意味です。

餃子を食えの川淵さん、この試合を観て、なんとコメントするでしょうか?

結果は、1-0で、日本の勝利でしたが、全然、嬉しくない。


| | コメント (2)

2008/02/17

怒り -東アジア選手権北朝鮮戦-

本日の北朝鮮戦は、TVの前で怒鳴りまくりました。

前半の、あのチョコチョコやるサッカーが、岡田監督のおっしゃるところの「接近・展開・連続」ですか?
あ〜、素人の私には分からない。
分からない時は、発言を控えましょう。

東アジア選手権・北朝鮮戦は、1-1の引き分けでした。

しかし、怒りしか残らなかった試合でした。


| | コメント (0)

2008/02/15

全国の増田誓志ファンへ

待ちに待った「増田誓志選手インタビュー」を、鹿島オフィシャルサイトの「メンバーズルーム」で見ました。

マックでは動画が見られない、と騒いでいたところ、「名無しの権兵衛」さんのご助言により動画を見ることが出来るようになりました。
ありがとうございました。

「全国3千万人の増田ファンへ一言」という質問ですが・・・。
字幕では3千万人と出ていますが、インタビューアーは3千人と聞いているの?
3千万人には大爆笑しましたが、よく聞き取れません。

誓志は、照れて笑って、口が回らないようですが・・・。

詳細は、メンバーズルームを見て下さいね。
有料のサイトをPRします。

何度も書きますが、今季こそは増田選手の飛躍の年になりますように!

昨季は体調とお金が許す限り、鹿島サポーターとして、アントラーズを追いかけて全国各地のスタジアムへ馳せ参じました。しかし、誓志が試合に出ないならば、スタジアムへ行くのを止めようかな、と増田ファンとして思ったことも事実です。

「今シーズンの抱負は」という質問には、
「3冠+アジアを獲って、そこにスタメンとして試合に出ること」
と頼もしい決意表明がありました。
これは、無料のフォトレポートにも載っていましたね。


さて、宮崎キャンプ最終日の今日、ホンダロックとの練習試合がありました。
結果は8-1で、鹿島が勝利しました。
増田選手は後半出場して、1得点でした。

前半出場ではないのね、と思いながらも、観ていないので論評は避けます。


ゼロックス杯まで後約2週間になりました。
怪我なく、今季も頑張ろう!

 

| | コメント (0)

2008/02/10

六本木で鹿を見た?

20080210_274


六本木の「国立新美術館」に行ってきました。
現在、「国立新美術館」では「没後50年 横山大観 -新たなる伝説へ-」展が開催中です。

正直言って、絵画は苦手です。
日頃、博物館はよく行くのですが、美術館はあまり行きません。しかし、凄〜い美術館が六本木に出来た、と聞いたので興味津々で行ってきました。

横山大観 -近代日本画壇の巨匠-
大観の絵は、教科書に沢山載っていましたね。
今回の展示会で一番印象に残った絵が、鹿が遊ぶ「秋色」という作品です。この鹿の部分はほんの一部でして、全体はもっと大きな屏風絵です。
六本木で鹿を見た、と心の中ではしゃいでしまいました。


20080210_253


波打つような巨大なガラス壁に圧倒される、モダンな造型の美術館です。
上野の森にある博物館や美術館とは、全然違う存在感がありました。


20080210_259


各フロアにレストラン&カフェがありまして、館内でランチを食べました。
下の写真は、3階から1階のカフェを覗いたところですが、お洒落な感じです。お盆は赤、テーブルは白、椅子は黒と、細かいところまでデザインされていました。


20080210_260


しかし、日曜日でしたので美術館は大混雑で、疲れた〜。
この後、六本木の新名所である「東京ミッドタウン」に行きました。

「六本木ヒルズって、貧乏人にはつまらない所でした」
と、以前、若い友人が言いました。
この言葉は、仲間内で大いにうけましたが、「東京ミッドタウン」はどうでしょうか?

「東京ミッドタウン」を2時間半ほど見て廻りましたが、何も買うものがありませんでした。何も買えなかった?
「ザ・リッツ・カールトン・東京」も見に行きましたが、今後も利用することはないでしょう。もともと、ザ・リッツ・カールトン・ホテルとは相性が悪いですから。

とにかく、凄い人人人・・・でした。
疲れて、喉が乾いたので、カフェで休憩をしました。
そのカフェの店内にPCが設置されていたので、インターネットで鹿島オフィシャルサイトをチェックしました。遂に、鹿島の動画を見ることが出来ました。
「佐々木竜太選手バースデー」を見たら、思わず店内中に響きわたるような大声で笑ってしまいました。
ケーキの中に竜太の頭が!
面白い〜。

今日、一番の収穫でした。


| | コメント (0)

2008/02/09

宮崎日日新聞のキャンプ情報

図書館のインターネットでは動画を見ることが出来ず、がっかりして帰宅しました。

自宅でインターネットをチェックしたら、宮崎日日新聞の「スポーツ天国キャンプ情報」に、鹿島の記事がありました。
2/9の記事は、増田誓志選手と興梠慎三選手です。

「層の厚い中盤のレギュラー争いに闘志を燃やす増田誓志」
とありました。
誓志、いい顔しているね〜。


さて、今日は「U-23日本代表米国遠征メンバー」の発表がありました。
増田選手は選出されませんでした。

今は、鹿島で試合に出場することが重要である、と思います。
そのためには、宮崎キャンプで良い準備をして下さい。

でも、今夜は少し落ち込むね。


| | コメント (4)

2008/02/08

誉めること

明日から3連休で、宮崎キャンプの見学に行かれる方も多いことでしょう。

ああ、宮崎が恋しいです!

誓志は、元気に練習しているかな。

我が家のマックでは、鹿島オフィシャルサイトの動画が見られません。明日、図書館に行って、インターネットを借りて無料の動画を見てこよう。うちの近所には、インターネットカフェはありませんから。


最近は、TVを見ることよりも、PCでブログをチェックすることが楽しいです。
お気に入りのブログが更新されていないとがっかりします。アントラーズねたがない時は、日記でもいいですから更新して欲しいです(笑)。
ブログの管理人さんは、文章が上手い方が多くて羨ましいです。
私なんか小学生の作文だなあ、と思いながらも、書きたいという衝動にかられて書いています。


高校生の頃、将来はものを書く仕事がしたい、出版社に勤務したい、と思っていました。
ところが、現代国語の女性教諭に作文を酷評されてから、自信を失いました。今でもはっきりと覚えていますが、暗〜い感じの中年の女性教諭でした。あの先生は、私の人生に於ける反面教師だなあ。
それでも、脳天気な私でしたから、それなりに楽しい高校生活でしたが。
あの当時では珍しかったのですが、学校図書館に専任の司書教諭がいて、この先生が熱心な方でした。放課後、図書館に通って、本や雑誌に読みふける毎日でした。今思うと、あの小さな図書館と司書教諭が、私の未来への素晴らしい贈物でした。

そして、中学校の国語の先生。明るくて元気のいい女性教諭でした。
「あなたの作文、上手いね」
その意外な一言が私に勇気を与えてくれました。

インターネットが普及して、ホームページやブログが誕生して、私も書いてみたいと思いました。
中学校の国語の先生の誉め言葉を思い出しながら・・・。


叱ることよりも誉めることの方が、人間は成長すると思います。
サッカーでも同じ、と思います。

好きな選手のプレーは、がんがん誉めようと思います。
このブログに遊びに来られた方が、あれ? と思われるかもしれません。
でも、賞賛します。

宮崎キャンプ見学に行かれる方、レポートをお願いします。
 

| | コメント (0)

2008/02/06

雪 -W杯アジア3次予選タイ戦-

岡田ジャパン、面白かったです。

W杯南アフリカ大会アジア3次予選・タイ戦は、4-1で日本代表が勝利しました。

雪の中のW杯予選の初戦で、選手も緊張したことでしょう。
前半15分ぐらいは、寒さと緊張で選手の動きが硬いように思えました。何度もあったチャンスを決められない日本代表にいらいらして、TVの前で大声で叫びまくっていました。

前半21分、遠藤保仁選手の直接FKが決まった。
しかし、前半22分にタイの選手のミドルシュートが決まる。

先制直後の失点!
ありゃ〜、と思いましたが、ここからが面白くなりました。

久しぶりに日本代表戦を観ると、カメラが引いた時に、誰が誰だか選手が直ぐに分からなくて困ります。鹿島の場合は一瞬で分かりますが。オシム・ジャパンはあまり観ていなかったので・・・。
これからは、岡田ジャパンを応援します。

「点を取りたいという意志、気持ちがあったから入った」
と岡田監督が語っていました。

チリ戦やボスニア戦に比べると、選手の表情が変わってきましたね。
公式戦ということもありますが、勝利に対して貪欲になってきていました。観ていて面白かったし、頼もしかったです。
次戦に向けて、どんどん進化していって欲しいです。

SBの内田篤人選手は、まだまだというプレーもありましたが、吸収力の素晴らしさに感心しました。一戦一戦ごとに良くなっていきますね。
本当に凄い選手です。
TBSの解説者に酷評される場面もありましたが、気にしない、気にしない。
すっかり、岡田監督の秘蔵っ子になってしまいました。
篤人、怪我だけは気をつけて下さいね。


「ガンバレ日本」と、久しぶりに宣言します。

気温1度の雪の中、埼玉スタジアムに参戦されたサポーターの方々、お疲れさまでした。そして、ありがとうございました。
 

 

| | コメント (0)

2008/02/04

立春

今日は立春。

鹿島アントラーズが、宮崎キャンプに出発しました。
夕方、宮崎空港へ到着した模様が、鹿島オフィシャルサイトにアップされていました。

宮崎キャンプは、今年で10年目になるそうです。
歓迎式典に臨む選手たちは、全員がダークスーツを着ているようなので、これが噂の公式スーツなのでしょうか? ブランドはどこかしら?
なかなかお似合いですね。

宮崎の皆さん、チャンピオン・フラッグをよ〜く見て下さいね。
 
  


「浅き春に寄せて」という詩を知っている?
と突然、友人に尋ねられました。
知らない、と答えたものの、気になったので調べてみました。

今は 二月 たつたそれだけ

と始まる立原道造の詩でした。

小説やエッセーは好きですが、詩は苦手な私。
でも、「浅き春に寄せて」を何度も読み返してみると、不思議に心が落ち着きました。

そんなことがあった、立春の日でした。
 
 


追記 :

今朝(2/5)、宮崎キャンプレポートを見たら、茶色系のスーツを着ている選手がいましたので、公式スーツではないようです。間違えました。ごめんなさい。


  

| | コメント (0)

2008/02/03

雪の節分

朝、カーテンを開けて、一面の雪景色に吃驚しました。

今日は出勤日でなくて良かったです。
出勤の人たちは、仕事の前に全員で雪掻きがあるはずです。
大変だ〜。ご苦労さまです。

東京は雪ですが、鹿嶋は雨のようですね。
今日は節分で、鹿島神宮で節分祭が行われるようですが、どうだったのでしょうか?
無事に、豆まきが出来たのかしら?
子供の頃は、毎年、母と豆まきをしましたが、最近はやらなくなりました。
今年は、大岩剛選手、増田誓志選手、興梠慎三選手、佐々木竜太選手が参加すると聞いて、鹿嶋へ行きたかったのですが、日曜日の夜なので断念しました。
無病息災と除災招福を祈って豆まきをすると言いますが、増田選手にとって、今年は飛躍の年になりますように。


さて、話は変わりますが、鹿島オフィシャルサイトの動画コンテンツが充実されるそうです。
でも、これはウィンドウズだけですか?
マックは駄目ですか?
現在、興梠選手のインタビューを見ることが出来ません。
「FORZA! ANTLERS」は見ることが出来るので、何とかすれば見られるのかしら? しかし、私のPCの技術力では無理そうです。

ところで、アメリカではウィンドウズ全般をPCと呼び、マックとは区別するそうです。
へえ〜。
図書館から借りた「メンズクラブ」1月号の「衝動買い大人買い計画買い」で、アメリカ人のデザイナーが語っていました。
大した話ではありませんが、読んでいて妙に感心してしまいました。
これからは、私のマックと書こうかな。


| | コメント (0)

2008/02/01

空色

朝9:00、大きな窓から見上げた、青空の美しさにボーッとしてしまいました。
地球温暖化の所為か、最近は真冬でも曇天の日が多く、久しぶりの青空は気持ちがいいです。

空色は、昼間の晴れた空の色を表す、平安時代から使われている古い色名です。
   (「色々な色」より)

空色って、素敵な言葉ですね。

こんなことにも、小さな幸せを感じている日々です。


さて、今日のアントラーズは・・・。
茨城県庁で、茨城県民栄誉賞表彰式が行われたそうです。
沢山のサポーターも参加(来場?)したそうですね。
おめでとう、鹿島!


| | コメント (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »