« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008/01/31

始動

今日は、待ちに待った鹿島の始動日です。

仕事をしながらも、鹿島のことが気になって気になって。
選手は、全員揃ったのかな。ブラジル人選手も???

鹿島オフィシャルサイトのメンバーズルームの情報によると、クラブハウスは沢山のサポーターで賑わったようですね。始動日の見学が出来た方が羨ましいです。

1/29(火曜日)に、新体制発表と新入団選手会見がありました。
興梠慎三選手と佐々木竜太選手の背番号が変更になりました。

出世したなあ〜、興梠さん!
13番ですか!

「Jだったら昨季の6得点以上はねらっていきたいし、そのほかの大会も含めて、トータルで2ケタは取りたいですね」
と興梠選手はフリークス2月号で語っています。
今季は期待しています。


そして、我等が増田誓志選手。
期待しているぞ〜。
頑張れ、誓志!!!


| | コメント (0)

2008/01/30

19歳 -ボスニア戦-

またしても、内田篤人選手はスタメン。
凄いですね〜。
まだ19歳なのに、岡田ジャパンの右SBに定着しつつあります。
(加地亮選手は不調なのですか?)

国立での、日本代表xボスニア・ヘルツェゴピナ戦は、3-0で日本が勝利しました。
後半のボスニアは、時差ぼけでしょうか、疲れてしまったようですが・・・。

得点は、中澤祐二選手と山瀬功治選手(2得点)でした。
山瀬選手は3得点全てに絡んでいて、来週のW杯アジア3次予選・タイ戦ではスタメンでしょうね。山瀬選手、中澤選手、今野泰幸選手が活躍して、岡田監督も嬉しいことでしょう。

私は、高原直泰選手の良さが分からなくて・・・。

さて、内田選手ですが、注目を浴びていますね。
このブログの「検索ワード」のナンバーワンは、断トツで「内田篤人」です。

内田選手は、これからは日本代表へ選出されることが増えるでしょう。
タイ戦もスタメンでしょうか?
東アジア選手権にも呼ばれるのでしょうか?

鹿島サポとしては、少し淋しいです。
鹿島の宮崎キャンプには、ちゃんと参加して欲しいです。

日本代表で学ぶことは多い、と割り切らなくてはいけないのかな。


| | コメント (0)

2008/01/29

お友だち

あれ、誓志がこんな所に!

大宮の田中輝和選手オフィシャルブログに、増田誓志選手の写真が載っていました。
田中選手と山本脩斗選手とお友だちなのね。
1/26に、「しゃぶしゃぶ」を食べに行ったそうです。
都内のレストランかしら?

ところで、北京五輪の選手登録のためのメディカルチェックには行ったのかしら?


今日は寒かったですね〜。
東京の田舎から、いつも鹿島のことを想っています。


| | コメント (2)

2008/01/26

初陣 -チリ戦-

内田篤人選手がスタメンに抜擢されました。
吃驚!
まだまだというプレーもありましたが、初出場にしては頑張っていたと思います。
内田選手はこれからですから、今回は怪我をしないようにして、鹿島へ帰って来て下さい。交代直前に足を痛めていたようですが、大丈夫かな。

久しぶりに日本代表戦をTV観戦しました。
鹿島の選手が日本代表に選出されると、日本代表戦も興味が湧きます。

国立で行われた日本代表xチリ代表は、0-0の引き分けでした。
岡田ジャパン第1戦の船出は波高し、という感じでした。
不安です。
しかし、まあ第1戦ですから・・・。
第2戦のボスニア・ヘルツェゴビナ戦に、岡田監督がどういう采配をするか、興味津々です。

第2戦に期待します。


| | コメント (0)

2008/01/25

気になること -フリークス2月号-

「月刊アントラーズフリークス」2月号が届きました。

「あ〜」
と表紙を見て叫んでしまいました。

元日の天皇杯優勝で、壇上に並んだ選手の集合写真ですが、左端の増田誓志選手が半分で切れています。
酷い〜!
一番左端の船山祐二選手は完全に切れています。

スポーツ新聞の写真は、右端の選手(スタメンの選手)しか載っていないものが多かったですが、この写真はアントラーズの広報誌ですから、18人全員の写真を載せて欲しかったです。

誓志ファンとしては、悲しいです。

増田選手は、天皇杯には出場しませんでしたが、これは悲しいです。
広報担当者には、慎重な配慮が欲しかったです。

「サラリーマンの仕事は緻密でなければならない」が、我が家の合言葉ですが・・・。
残念です。


ところで、天皇杯の優勝メダルですが、授与された選手は壇上の18人だけですか?
リーグ戦のように全員授与ではないのですか?


細かいことですが、気になりました。


追記 :

更新してから気がつきましたが、これは宮様への配慮かしら?


| | コメント (4)

2008/01/22

8番と26番だった頃

ここに大切にしている一枚の写真があります。
2005年の写真でしょうか?

カシマ・スタジアムでの小笠原満男選手と増田誓志選手です。

あの頃は、8番と26番。
昨季は、40番と14番に背番号が変わりました。
私が好きなふたりの選手です。

昨季の後半は、なかなか試合に出ることが出来なかった増田選手。
小笠原選手の闘志を受け継いで、今季は奮起して欲しいです。

写真は下記をクリックして下さい。

こちらへどうぞ

| | コメント (0)

2008/01/18

chikashiニットマフラー

久しぶりにスカートをはいて出かけました。選りに選ってこんな寒い日に!

最近は、パンツ(ズボン)ばかりで、スカートをはかなくなりました。職場の女性も圧倒的にパンツ派が多くて、スカート派は数える程です。
クローゼットの奥からウールのロングコートを取り出して、首に赤&灰色の14番のchikashiニットマフラーを巻きました。
ところで、ウールコートって寒くないですか?
日頃、ダウンコートを愛用していると、ウールコートは寒さを強く感じます。

寒さの中をとぼとぼと歩いていたら、友人とばったり会いました。
「そのコートとマフラー、いいね。マフラーはアントラーズのものでしょう。その赤いバックも」
と友人。
突然の誉め言葉に嬉しくなりました。
コートが淡いグレーだったので、赤&灰色のニットマフラーが映えたかな。

赤いバックは、一昨年(?)購入した折り畳みが出来るナイロンバックのことです。
このバックには、13x9cm位のユニホーム型の袋が付いています。普段、ハンドバックの中に入れておくと、突然の買物に便利です。帰り道に、パン屋でパンやお菓子を買った時、本屋で雑誌などを買った時とか・・・。
スーパーのビニール袋って、燃えないゴミに捨てるのはもったいないし、さりとて、納戸に畳んで保存するのは面倒臭いし、やっかいなものです。だから、このアントラーズのナイロンバックは重宝しています。

寒かったので、友人と立ち話も出来なくて直ぐに別れたのですが、誉められると元気が湧いてきますね。

大した話でもありませんが、日常でもアントラーズ・グッズを利用している、ということを書いてみました。
実は、スーパーでの大きな買物も、アントラーズで頂いた別の赤いナイロンバックを利用しています。
アントラーズ様様です!


| | コメント (0)

2008/01/17

たまにはアントラーズの写真を整理してみよう

 ブログネタの少ないこの季節、ちょっと目的が違いますが、別サイトにアントラーズの画像をしばらくシリーズで載せることにしました。

 やや古いものが多いのですが、興味のある方はこちらへどうぞ。

| | コメント (0)

2008/01/16

自主トレ開始

今日、増田誓志選手がクラブハウスグランドで自主トレを開始したそうです。

鹿島オフィシャルサイトに載っていました。
お仲間は、杉山哲選手、石神直哉選手、佐々木竜太選手です。

始動日には、まだ2週間以上ありますが、もう体がむずむずしてきたのかな。
オフは、よく休めましたか?
気分転換に、温泉旅行でも行ったかな。

お友達の伊野波雅彦選手が完全移籍して来ますので、良い刺激を受けて下さい。
「新天地で頑張りたい」
と伊野波選手もFC東京オフィシャルサイトでコメントしていますので。

増田選手もいよいよ5年目、勝負の年です。
頑張れ!


今年も、試合データ用のファイルを購入しました。
文房具屋の店頭にお気に入りのCLEAR FILEが置いてなくて、わざわざ注文しました。今年も嬉しいデータが集まるといいな。


| | コメント (0)

2008/01/11

塩野七生さんにお会いしました

「タイ旅行の申し込みをしました」
と友人から連絡がありました。
友人たちは本当に仕事が早くて、感心しています。
ありがとう。

3/12(水曜日)に、ACLグループリーグ第1節(バンコク)vs Krung Thai Bankがあります。
観光を兼ねて、アントラーズの応援に行ってきます。

お正月はTVドラマ三昧でしたので、体が鈍ってしまったのか、今週は仕事がきつかったです。夕方になると疲れがどっと出て、ブログの更新が出来ませんでした。
今年も飽きずに、時代劇を何本も観ました。
因に、職場で一番人気のお正月ドラマは「のだめカンタービレ in ヨーロッパ」。
職場の大半の人が観ていて、我が家も「のだめ」に夢中になりました。
行ってみたいなあ、プラハ!

去年のトルコ旅行の資料整理も済んでいないのに、今年はタイ旅行の計画。タイの歴史と文化のお勉強の前に、トルコ旅行の始末をつけないと、頭が混乱しそうです。最近、とみに脳の容量が小さくなってきた感じです。

トルコ旅行の発端は、塩野七生さんの「コンスタンティノープルの陥落」を読んだからです。
東ローマ帝国の首都として栄えたコンスタンティノープル(現在のイスタンブール)が、オスマン・トルコの攻撃の前に最後の時を迎えた、という歴史小説です。
「遂に、ここまで来た」
とイスタンブールの「アヤソフィア」(旧大聖堂)の前に立った時、感動しました。

「三つの都の物語」も大好きです。
   緋色のヴェネツィア (聖マルコ殺人事件)
   銀色のフィレンツェ (メディチ家殺人事件)
   黄金のローマ    (法王庁殺人事件)
イタリア旅行にはお勧めの本です。

去年、偶然、塩野七生さんにお会いしました。

都内の某ホテルのロビーで、友人と待ち合わせをしていたところ、目の前を塩野さんが出版社の編集者らしい男性とふたりで歩いて行きました。
「あっ、塩野さんだ」
と思わず追いかけました。
塩野さんは、正面玄関から出て、タクシー乗場に向かいました。
その時、前方から友人が歩いてきたので、気が散ったすきに、後方から追いかけてきた女性に先を越されました。彼女は、塩野さんの手を握って自己紹介をしていました。
夕方でしたので、これからタクシーに乗って食事に行かれるのでしょうか?
「大ファンです」
と言うのが精一杯でした。

友人も塩野さんのファンでしたので、ふたりで感激に浸りました。
「ローマ人の物語」を読書中の夫にも、メールで報告しました。
私は、「ローマ人の物語」はまだ読んでいないのですが・・・。

塩野七生さんは、黒のパンツスーツに、キラリと光ったイヤリングが印象的で、凛々しい方でした。


| | コメント (0)

2008/01/06

タイ遠征その前に

元日、天皇杯優勝の祝勝会を新宿のレストランで行いました。
皆で、飲んで食べて喋って笑って、すご〜く楽しかったです。
その中で話題になったのが、3月のタイ遠征のことです。

「アジア遠征に行こう」
とリーグ優勝の後、仲間の間で盛り上がりました。

早速、友人のひとりがネットで格安ツアーを見つけてきました。
仕事早いね〜。
折角、タイに行くならば、弾丸ツアーではなくて観光もしようということで、3泊4日のタイ旅行になりそうです。
タイは初めてなので、アントラーズの応援の他にバンコクの観光もしたいです。
「いいね、いいね」
と賛同したのですが、よくよく考えたら、これって個人旅行です。友人たちは英語が堪能ですが、私は英語はまるで駄目子です。
「私を見捨てないで〜」
と友人に縋りましたが、これはヤバイぞ。

去年のGW、海外旅行から帰国した際、今度こそ英会話を勉強しょうと誓ったのに、英会話のテキストを一度も広げませんでした。あれから、もう1年がたとうとしているのに・・・。
なんて駄目な私でしょう。自己嫌悪に陥ります。

それから、スーツケースのこと。
4日間の旅行に、10日間用のでかいスーツケースは使えません。
ガラガラ付き(?)の小さいスーツケースを購入しなければ・・・。

あと、タイの歴史と文化を勉強しなければ、観光旅行をしても面白くないし・・・。

1月と2月は暇だなあと思いきや、色々と忙しくなりそうです。


| | コメント (0)

2008/01/05

アントラーズはお好き

市内の神社に、ウォーキングを兼ねて初詣に行きました。
2時間弱のウオーキングは少々疲れましたが、今年も健康でありたいと思います。

昨日、コンビニで「エル ゴラッソ」を購入しました。
一面が、鹿島の天皇杯優勝の記事で、これは永久保存ですね。
天皇杯を掲げた選手たちの嬉しそうな顔に、心が和みます。

しかし、この天皇杯の表彰式で残念なことがありました。
皆さんも、もう御存知と思いますが、日本サッカー協会の川淵三郎会長の態度です。
アントラーズがそんなにも嫌いですか?
会場のオーロラビジョンで見ていましたが、嫌悪感が露骨にあらわれていて吃驚しました。特に、某選手への邪険な態度は、しっかりとオーロラビジョンに映りました。
日本サッカー界のトップとして、非常に残念なことです。

そう言えば、おめでとうの一言もないですね。
ま、いいか。

アントラーズはお好き、という言葉は、そんな時、頭の中に浮かびました。
昔、フランソワーズ・サガンの小説が好きでしたから、ちょっとひねってお借りしました。

今年も、アントラーズと共に楽しい1年にしましょう!


| | コメント (0)

2008/01/01

おめでとう -天皇杯決勝-

2008010120234


2008010120229


あけましておめでとうございます。

鹿島アントラーズ、天皇杯優勝!

国立で行われた天皇杯決勝・広島戦は、2-0で鹿島が勝利し、優勝しました。
おめでとうございます。

上の写真は分かり難いのですが、メインスタンドの雛壇(?)に並んで、天皇杯を掲げ喜びのアントラーズの選手たちです。
本当にお疲れさまでした。
準決勝の川崎戦から中2日で、体力的にきつかったことでしょう。
短いオフになりましたが、どうぞ心身ともにお休み下さい。
選手、監督、スタッフの皆様、ありがとうございました。

来季も一緒に戦いましょう。

詳細は、また後日。


| | コメント (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »