« 我等はJリーグチャンピオン | トップページ | 優勝メダルを胸に »

2007/12/02

優勝の喜びを噛みしめながら

20071201964


2007120120008


優勝の喜びを噛みしめながら新聞12紙を読んでいたら、日曜日があっという間に過ぎてしまいました。

毎日
朝日
読売
産経
東京
日経
日刊スポーツ
サンスポ
東京中日スポーツ
デイリー     一面は浦和
スポニチ     一面は野球記事
スポーツ報知   一面はゴルフ記事
茨城新聞は、地元の友人に購入依頼をしました。

分ったよ!
デイリー、スポニチ、スポーツ報知は鹿島が嫌いなのね。
記憶に留めておきます。

朝、トートバックを持って、コンビニに新聞を買いに行くのは楽しいです。売切れの新聞は、駅の売店まで行って買いました。

あ〜、これが優勝した喜びのひとつなのですね。
2002年W杯日韓大会以降に鹿島サポーターになった私にとっては、初めてのリーグ優勝です。
2002年のナビスコ杯優勝はTV観戦だったし・・・。

優勝って、こんなにも嬉しいものなのですね。

今回、分ったこと。
私は嬉しい時には泣かない人間である、ということ。
嬉しくて、嬉しくて、ずっと手をふっていました。
しかし、篤人や大樹の涙をいとおしく思いました。


20071201932


20071201941


20071201957


20071201904


清水は手強かった。
前半20分、小笠原満男選手のPKが決まるまで、はらはらどきどきしました。
前半終了後、引き上げる石神直哉選手にゲームキャプテンの小笠原選手が助言をしていました。決して、簡単に勝利をした訳ではありません。

清水戦は3-0で鹿島が勝利し、浦和の結果を待ちました。
実は、試合終了前から、控え選手やスタッフがベンチの傍に集まっていて、メインスタンド席もわさわさしてきたので、ひょっとして浦和が負けているのかな、と思いました。
スタジアムの大画面に映る横浜FCx浦和戦。
1-0
「大丈夫、引き分けても鹿島が優勝よ」
と友人。
それでも、見つめる大画面。

優勝の瞬間、周りのサポーターとハイタッチ!

嬉しい瞬間でした。


|

« 我等はJリーグチャンピオン | トップページ | 優勝メダルを胸に »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。