« 頼もしい男 -優勝報告会- | トップページ | 恐れていたこと »

2007/12/18

屈辱のJリーグアウォーズ

2007121520164_2


2007121720166_2


2007年Jリーグ優勝チームは、鹿島アントラーズです。
何故、「ベストイレブン」に、優勝チームから1名しか選出されないのですか?

おかしい!

と思わず叫んでしまいました。

悔しい!!

選考委員会のメンバーは、どこを観ているのですか?
Jリーグの試合を観ていないのですか?

腹が立つ!!!

しかし、ベストイレブンに選ばれた岩政大樹選手のコメントが、サポーターの気持ちを代弁してくれました。

「複雑です。うちには賞をもらっていい選手がたくさんいる。自分の賞はみんなのおかげです」
   (SANSPO.COMより)

大樹、ありがとう。
そのコメントで、サポーターは救われました。
改めて、ベストイレブン受賞おめでとうございます。

選考委員会のお偉方は分からなくても、鹿島サポーターは分っています。
優勝チームは鹿島アントラーズ。
最優秀選手賞は本山雅志選手である、ということを。


「来年はみんなで参加したい」
と何度も発言していた小笠原満男選手の夢が実現しました。

Jリーグアウォーズに、鹿島は、選手、監督、スタッフ全員が参加しました。
優勝銀皿を掲げた主将の柳沢敦選手、その後ろにはチャンピオンフラッグを掲げた新人選手ら、そして、選手、スタッフ、最後にオリヴェイラ監督が入場しました。
アリーナ席の鹿島サポーターの歓声と、会場の拍手に迎えられての入場に興奮しました。

この日を待っていました。

舞台での柳沢選手の挨拶は立派で、鹿島サポーターとしての「誇り」で胸がいっぱいになりました。

おめでとう、鹿島アントラーズ!


来季は、国内もアジアも頑張りましょう。
その前に、天皇杯もJリーグチャンピオンとして頑張りましょう。


|

« 頼もしい男 -優勝報告会- | トップページ | 恐れていたこと »

コメント

イチさん、コメントありがとうございました。

イチさんも参加されたのですね。
ブログを拝見しましたら、写真が綺麗に写っていて楽しめました。
ベストイレブンの発表を聞いたら、激怒のあまり頭の中が真っ白になってしまって、誓志の動向チェックを忘れてしまいました(笑)。

今後、Jリーグアウォーズ表彰の選考方法の見直しをして欲しいです。

その前に、天皇杯は絶対に優勝しましょう。

投稿: 香織 | 2007/12/18 22:31

はなさん、コメントありがとうございました。

Jリーグアウォーズ表彰概要によると、

優秀選手賞 :
ベストイレブン投票結果を基に各ポジションの投票数の上位から選出する。
ベストイレブン :
優勝選手賞の中から活躍が顕著だった選手11名を選考委員会にて決定する。

選考委員会の決定が単なる承認とは思えないのですが。選考するのではないのでしょうか?


投稿: 香織 | 2007/12/18 22:00

同じ会場で同じ事を思っていました。
岩政よく言ってくれました。

協会はアンチ鹿島なので、こんなことに負けずに2冠達成してやりましょうね!

投稿: イチ | 2007/12/18 21:52

でも、このベストイレブンって選手が選ぶんでしょう?
最終的にはお偉いさんが、承認するみたいだけど。
それに選出締め切りが、最終節の前じゃしょうがないかもね。

投稿: はな | 2007/12/18 17:42

この記事へのコメントは終了しました。

« 頼もしい男 -優勝報告会- | トップページ | 恐れていたこと »