« ゆりかごダンス -神戸戦- | トップページ | ある日のクラブハウス »

2007/10/07

誓志を出せ! -神戸戦-

20071006_622_2


20071006_626_2


興梠慎三選手の「幻のハットトリック」は残念でした。
あれは、本当にオフサイドですか?

「スタメンでもいけることを監督に見せたかった」
と興梠選手。(毎日新聞より)

スタメンでもいけることを、2ゴール1アシストの活躍で証明してみせた興梠選手。
足がつっているように見えましたが、それでも90分間プレーしたのは若さとゴールへの貪欲さでしょうか。それにしても、興梠選手の技術力の格段の進歩に驚きました。
何度も、頭上で拍手をして、歓声をあげて、サッカーの楽しさ、面白さを堪能しました。
慎三、ありがとう!

鵬翔高校の先輩である増田誓志選手にも、刺激になったことでしょう。
今回は出場することが出来なかった増田選手。
誓志も頑張れ!


20071006_624_2


20071006_620_3


20071006_623_2


ところが、後半ロスタイムに鹿島は失点します。
前半6分の失点は、連携ミスからでした。後半ロスタイムの失点原因は何でしょうか?
後半のロスタイムは4分間ありましたが、どうして3-1のままで勝ち逃げることが出来なかったのでしょうか?
不安定な守備が心配になりました。

ダニーロ選手がいないとキープが出来ませんか?
横浜FC戦の増田選手とマルキーニョス選手の「鹿島る」は見事でした。
あれが出来なかったのでしょうか?

次は、ガンバ大阪とナビスコ杯準決勝ですが、強敵にこの守備力で大丈夫でしょうか?
守備の安定を願います。

目の前で、神戸DFに倒される鹿島FWを見て、怒りが爆発しました。

誓志を出せ!
と思わず叫んでしまいました。

2トップの活躍で楽しかった神戸戦が、一転して後味の悪い試合になってしまいました。
不愉快な気分で席を立った私。

水曜日のナビスコ杯準決勝までに、問題点を修正して、一致団結して頑張りましょう。


|

« ゆりかごダンス -神戸戦- | トップページ | ある日のクラブハウス »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。