« 人事は尽した | トップページ | 頑張れ、誓志 »

2007/09/09

高温多湿 -五輪最終予選サウジアラビア戦-

これで北京に行けるのかしら?
不安と心配で暗澹とした思いになりました。

ダンマームで行われた北京五輪最終予選・サウジアラビア戦は、0-0の引き分けでした。

キックオフ時、気温34度、湿度73%の過酷な気象条件で戦った選手。
それを思うと、冷房が効いた快適な環境でTV観戦をした私は何も言えなくなりますが・・・。

「良しとする」
と試合終了後にTVで語った反町監督。

しかし、これで良しとしていいのか?

布陣は、森島選手の1トップに家長選手と水野選手の2シャドウ。この前線の3人って、機能していたのですか?
水野選手をシャドウで使ったのは俺のミス、と反町監督は語っていますが(J's GOALより)。
内田篤人選手は、元気にやっていましたが不慣れなような気もしました。
後半、1人少なくなったサウジアラビアに対して、相変わらず同じようにボールを回していたU-22日本代表。あそこで、何とかならなかったのですか?
TVですと、選手や監督の顔のアップの時間が長くて、プレーがよく分からなくていらいらします。
誰が悪いと言うわけではなくて、チーム全体を覆うリズムが不安で心配なのです。

これで本当にいいのか?

今回は、高温多湿だったから仕方がない?

うん〜、素人の私には分からない。

ところで、エースの平山相太選手の出番はたったの5分位でした。
あれ〜、意外ですね。
反町監督と平山選手のダンマーム心中になる、と思っていたのになあ。
「誰もがこの人のゴールを待っています」
とアナウンサーが言っていたけれども・・・。

次の国立でのカタール戦が、いよいよ最終決着かも?


|

« 人事は尽した | トップページ | 頑張れ、誓志 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。