« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007/09/30

可能性のある限り -広島戦-

マルキーニョス選手の技術力は素晴らしい!
巧みな足技でゴール!!!
ビッグアーチに於ける広島戦は、マルキーニョス選手のゴールで、1-0で鹿島が勝利しました。

よく戻った中後!
中後雅喜選手のゴール前での、体を張った守備も良かったです。
ああいうプレーは、味方を勇気付けますね。

67分(後半22分)、本山雅志選手に代わって、増田誓志選手が投入されました。
いきなりシュートを打つ増田選手。
いいね〜。

しかし、決して優勢とは言えない鹿島に、TVの前で、はらはらどきどきしながら応援していました。もう、口の中が苦くなりました。
鹿島の勝利に、ほっとしています。

しばらくして、浦和 x 新潟戦を観ると、丁度、ポンテ選手がゴールした場面でした。
「くそ!」
とTVに向かって思わず叫んでしまいました。
淑女ではない私。
なかなか負けませんね、浦和は。

オリヴェイラ監督ではありませんが、上位2チームがこけることを願うだけです。
   (J's GOAL より)

それでも、優勝の可能性のある限り、最後まで諦めないで、ひとつひとつ勝ちに行きましょう。


| | コメント (0)

2007/09/29

明日は広島戦

バレー選手って、いい選手ですね。
夕食後、まったりとTVで、大阪 x 大分戦を観ていました。
大分は頑張っているなあ、今日は引き分けかな、と思ったら、後半ロスタイムにバレー選手のゴールで大阪が勝利しました。
バレー選手は、ハングリー精神の塊のような感じがします。
凄いわ!

今日は、清水、柏、横浜FMが負けたので、ひょっとしたら大阪も、と思いましたが、そうは問屋が卸さなかったです。
「大阪が勝つことによって、首位の浦和にプレッシャーをかけることが出来ます」
と実況アナウンサー(解説者?)が言っていました。
それもそうですね。

さて、明日はビッグアーチで広島戦です。
広島は、日本代表選手と五輪代表候補選手がいるのに、15位に低迷している不思議なチームです。
こういうチームは、化けると怖いです。

鹿島は、ここに来て、曽ケ端準選手の出場停止、怪我人の発生、主力選手の疲労など心配の種がつきません。
こんな時こそ、サブの選手の奮起を期待します。

サブの選手の存在意義を証明して下さい。

頑張れ、鹿島!
明日も勝利で行こう!!!


| | コメント (0)

2007/09/26

スタジアムへ行こう

「好きな選手は誰?」
と、ひとりでサッカーボールで遊んでいた近所の小学生に聞きました。
「シュンスケ!」
と元気な返事が返ってきました。
中村俊輔選手は、小学生にも人気があるのね。

「スタジアムには行ったことがある?」
と聞くと、一度もないとのことでした。
実に残念です。
この辺は、味の素スタジアムも国立も近いのになあ〜。
サッカー少年団に入っていないと、スタジアム観戦はしないのかしら?

そう言えば、近所には一枚もサッカーのポスターが貼ってありません。
野球のポスターは貼ってあるけど。

身近にJリーグのポスターが貼ってあれば、親も興味を持って、子供をスタジアムへ連れて行くかしら?
FC東京の営業さんは、この辺には来ていないようです。

勇気を出して、周りに声をかけてみようかな、と思う今日この頃です。


| | コメント (0)

2007/09/24

田辺聖子さんの本

田辺聖子さんと言うと、「芋たこなんきん」のおばさん、を連想する人が多いと思います。確かに、NHKの連続テレビ小説「芋たこなんきん」のモデルになった作家です。

私の好きな田辺聖子さんは、お洒落な小説を書く人です。

今年の夏、デザイナーの乃里子を主人公とする三部作が復刊されました。
   「言い寄る」
   「私的生活」
   「苺をつぶしながら」

この三冊は持っているのですが、「言い寄る」だけは文庫本でしたので単行本が欲しくて探していました。古本屋を廻ったのですが、なかなか見つからず諦めていたら、復刊の話を聞きました。直ぐに本屋に注文して、手に入れました。
復刊された本は、新しい表紙で字が大きくなっていました。
昔の表紙の方が斬新な感じで良かったけれども、それでも単行本を入手することが出来て嬉しいです。

本の帯に、田辺聖子「最高傑作」三部作、とあります。
乃里子シリーズは恋愛小説です。
今、読んでも古くないです。
面白くて、お洒落で、元気が出る小説です。

因みに、乃里子のモデルは水森亜土さんだそうです。
先日、文具屋で、水森亜土さんの手帳を見つけて、思わず買ってしまいました。
水森亜土さんも、復活して人気があるそうです。
懐かしいです。

田辺聖子さんの話になると、凄〜く長くなるので、今日はこれまで。
落ち込んだ時、元気が出ない時に、田辺聖子さんの本を読むと勇気付けられました。
「人生って楽しいね」と。


| | コメント (0)

2007/09/23

切ない増田誓志に捧ぐ -新潟戦-

20070922_568


20070922_583


曽ケ端さん〜、あの蹴りは本当に故意に行ったのですか?
痛みの為に七転八倒していたのではなくて?
うぇ〜。
信じられない!
曽ケ端選手には、怒りを自制して欲しかったです。
新潟戦で、曽ケ端準選手がレッドカードで退場になりました。


20070922_587


20070922_584


20070922_592


実は、曽ケ端選手の退場の前に、増田誓志選手が選手交代の為に待機していました。
誓志、久しぶりに登場。
嬉しくて嬉しくて、待機している増田選手を写真に撮りました。
普段は、試合中は応援に専念する為に、カメラはバックに仕舞い写真は撮らないのですが。
今日は特別だから写真を撮っちゃった、と思ったら、曽ケ端選手が退場になり、代わりにGKの小澤英明選手が入りました。

ベンチに退く増田選手。

切ない! あまりにも切ない!

誓志の気持ちを思うと、泣きたくなります。

「増田の交代の前で良かった」
と友人たちは言います。
確かに、アントラーズのことを考えれば、増田選手の交代の前で良かったです。
交代枠3人目の、GKの小澤選手が入ることが出来て良かったです。
大岩剛選手や岩政大樹選手のGKになったら、最悪でしたから。

でもね、でもね、切ないです。

最近、なかなか試合に出ることが出来ない増田選手。


私が0Lだった頃、切ない日々を過ごしていました。
その時、私を励ましてくれたのが、田辺聖子さんの小説でした。
田辺聖子さんの本は50册以上(文庫本を除く)持っていて、私の「元気と勇気」の元でした。今でも愛読書です。


増田選手には、腐らないで欲しいです。
明けない夜はありません。朝、太陽が必ず昇るように。

頑張れ、誓志!


20070922_574


20070922_577


| | コメント (4)

2007/09/22

荒れた試合 —新潟戦—

的確な采配が出来ない主審の為に荒れた試合になりました。
それでも、新潟戦は3—1で鹿島が勝利しました。
田代有三選手が2得点。
おめでとう。
田代選手の復活が嬉しいです。

帰りのバスの中から一報です。


| | コメント (0)

2007/09/21

心をひとつに

「心を、ひとつに。力を、ひとつに。」

街角で、この言葉が目に飛び込んできました。西武ライオンズのポスターです。

野球は、いよいよ最終章に入ったようです。
野球は、全然、興味がないのですが、今季の西武のポスターには好感を持っています。選手と青いタオルマフラーを広げたファンが一緒のポスターです。このポスターのデザイン、いいですね。

今回は、この言葉をお借りします。

鹿島アントラーズも、選手、監督、スタッフとサポーターが、心をひとつに、力をひとつに、優勝を目指しましょう。
最後まで諦めない!

明日は、新潟戦。
勝利を信じて、カシマへ応援に行きます。
増田誓志選手が出場することが出来ますように! 
そして、活躍することが出来ますように!


| | コメント (0)

2007/09/20

オリエント急行の終着駅

20070501_053


20070501_051


20070501_050


オリエント急行の終着駅・イスタンブールのシルケジ駅(スィルケジ駅)です。

駅は寂れていましたが、レストランは外国人観光客で賑わっていました。
ここでランチを食べました。
トルコ料理ですが、味は万人向けと言うのでしょうか、大味でした。ラムとチキンで、お腹が空いていたので、全部食べました。ごちそうさまでした。


| | コメント (0)

2007/09/18

キャプテンの資格を問う

何故、ゲーム・キャプテンが前半だけで交代になるのでしょうか?

不可解なことだなあ〜。

キャプテンとは、90分間、全力で戦う選手です。
キャプテンとは、90分間、チームの仲間を鼓舞する選手です。

45分間で交代させるなら、最初から90分間戦えるであろう選手を、ゲーム・キャプテンに任命して欲しいです。
キャプテン・マークは、試合中にころころと何人もの選手の腕に巻かれるものではない、と思います。
敵陣を突破し自陣を死守するぞ、と気概のある選手は、現在の鹿島にはいないのでしょうか?
私って、戦記物の読み過ぎかな。

精神的に脆い鹿島に絶望しつつも、次節の新潟戦は応援に行きます。
最後まで諦めません。


| | コメント (2)

2007/09/15

油断したのですか? -名古屋戦-

TVの前で虚脱状態になりました。

瑞穂陸上競技場に於ける名古屋戦は、0-3の鹿島の完敗でした。

試合終了1時間後、今頃になって怒りが沸いてきました。
足がつるほど走っていたか?
必死になってやっていたか?

名古屋の主力選手が怪我で欠場なので、油断していませんでしたか?

オリヴェイラ監督のコメントです。

「優勝は確かに厳しくなったが、勝負の世界に生きる者として、切り替えなければならない。」
   (鹿島オフィシャルサイトより)

瑞穂のピッチに、勝負師はいませんでした。
それが悔しいです。

増田誓志選手は、今回も出場せず。
黄色ビブスを着た増田選手が、TVにちらりと映っていました。出場することが出来なくて歯痒い思いだったでしょうね。

「次節は、スタメン全面取っ換えにしろ!」
と言いたいですが、それは無理でしょうね。
スタメンの選手は、もっと危機感を持って、もっと責任感を持ってプレーして頂きたいです。

オリヴェイラ監督へお願いです。
チームが機能していない時は、選手交代は早めにお願い致します。
もう、TVの前で叫び続けて疲れました。

名古屋遠征に参戦された方、お疲れさまでした。


| | コメント (0)

2007/09/14

かもめの玉子と明日は名古屋戦

岩手県に「かもめの玉子」なる美味しいお菓子があると聞いて、一度、食べてみたい、と思っていました。
インターネットをチェックしてお取り寄せをするのは面倒だけれども。
デパ地下で売っていないかしら?

今週、職場のお茶室で「かもめの玉子」の箱を発見。
あ〜、これだ! と思わず叫んでしまいました。
夏休みに盛岡に旅行した人のお土産でした。

秋限定品「栗かもめの玉子」
二口で食べてしまいましたが、美味しかった。あと2〜3個は食べたかったです。

包み紙を見ると、「岩手県大船渡市」の文字がありました。
これですね。
小さな幸せに満足しました。


さて、明日は名古屋戦。

満男、期待しているよ〜。


| | コメント (0)

2007/09/13

辛勝 -五輪最終予選カタール戦-

反町監督は早く首になれ、という気持ちと、選手は絶対に北京へ行こう、という気持ちと、相反する二つの思いを胸に抱きながら、TV観戦しました。
ああ〜、矛盾している私。

北京五輪最終予選・カタール戦は、1-0で、U-22日本代表が勝利しました。

昨夜の国立には、23163人の観客が応援したそうです。
前売チケットがあまり売れていないと聞いていましたが、気持ちがいい夕暮になったから、急遽、観戦を決めた方が多かったのかしら? 夕焼けが綺麗でしたね。

素朴な疑問です。

このチームは、4バックの戦い方が分からないのかしら?

篤人が上がっているのに、何故、ボールを出さない!
篤人が走っているのが、見えないのか!
と何度も思いました。
反町監督も分っていないのでしょう。

サウジアラビアから帰国して中2日ときつい日程で、選手は疲労困憊であるということは理解しているのですが、ホームで1得点とは残念でした。
得点者は、梶山選手です。
1トップで臨んだFWの森島選手は健闘していましたが、得点が欲しかったです。しかし、森島選手の動きは気持ちが籠っていて、観ていて面白かったです。

これで、日本はC組首位になりましたが、まだまだ予選は続きます。
これで、反町監督の続投は決まったのかな。

反町さん、最後は気力で戦うのも重要ですが、もう少し何とかして下さい!


今日の鹿島のオフィシャルサイト(メンバーズルーム)によると、内田篤人選手はもうチームに合流したそうです。
篤人は大丈夫かしら?
今週末の名古屋戦はスタメンで出場なのかしら?
お疲れさまです。


| | コメント (2)

2007/09/10

頑張れ、誓志

オフ明けとなった今日から練習再開になったようですね。
今週末の名古屋戦の勝利を目指して、選手は練習に励んでいることでしょう。

鹿嶋から遠く離れた地で、今日もアントラーズのことを思っています。

誓志は元気にしているかしら?

鹿嶋のクラブハウスに練習見学に行けないので、選手の情報をなかなか入手することが出来ません。スポーツ新聞には載っていないし、インターネットの掲示板は見ないし・・・。

増田誓志選手は、リーグ戦は2試合出場せず。
9/2(日)の仙台とのサテライトリーグ戦と、9/7(金)の日本大学との練習試合は、出場するも得点せず。
う〜ん、厳しいですね。

増田選手は、名古屋とは相性が良いので、今週末の名古屋戦での活躍を期待します。


先日、鹿島サポの友人と食事をしました。
「増田選手は顔で損している」
と言われ、むっとしました。
「それって、どういう意味?」
と私。
友人の説明によると、増田選手は顔に闘志が出ないので、周りの人間に誤解され易い、と。

誓志は、「内に秘めた闘志」の持ち主なのです。
それが分かっていただけないのは、残念です。

毎日、毎日、アントラーズを思っている日々です。


| | コメント (2)

2007/09/09

高温多湿 -五輪最終予選サウジアラビア戦-

これで北京に行けるのかしら?
不安と心配で暗澹とした思いになりました。

ダンマームで行われた北京五輪最終予選・サウジアラビア戦は、0-0の引き分けでした。

キックオフ時、気温34度、湿度73%の過酷な気象条件で戦った選手。
それを思うと、冷房が効いた快適な環境でTV観戦をした私は何も言えなくなりますが・・・。

「良しとする」
と試合終了後にTVで語った反町監督。

しかし、これで良しとしていいのか?

布陣は、森島選手の1トップに家長選手と水野選手の2シャドウ。この前線の3人って、機能していたのですか?
水野選手をシャドウで使ったのは俺のミス、と反町監督は語っていますが(J's GOALより)。
内田篤人選手は、元気にやっていましたが不慣れなような気もしました。
後半、1人少なくなったサウジアラビアに対して、相変わらず同じようにボールを回していたU-22日本代表。あそこで、何とかならなかったのですか?
TVですと、選手や監督の顔のアップの時間が長くて、プレーがよく分からなくていらいらします。
誰が悪いと言うわけではなくて、チーム全体を覆うリズムが不安で心配なのです。

これで本当にいいのか?

今回は、高温多湿だったから仕方がない?

うん〜、素人の私には分からない。

ところで、エースの平山相太選手の出番はたったの5分位でした。
あれ〜、意外ですね。
反町監督と平山選手のダンマーム心中になる、と思っていたのになあ。
「誰もがこの人のゴールを待っています」
とアナウンサーが言っていたけれども・・・。

次の国立でのカタール戦が、いよいよ最終決着かも?


| | コメント (0)

2007/09/08

人事は尽した

今晩は、北京五輪最終予選・サウジアラビア戦があります。
反町康治監督の顔は見たくないけれども、試合は見たいので、これから仮眠して、明日の2:10にTVの前に座ります。

「人事は尽したので、結果に期待して頑張るだけ」
と反町監督。
   (J's GOALより)

人事は尽した?????

篤人、頑張れ!


| | コメント (0)

2007/09/05

トルコの花嫁さん

今週末はリーグ戦がお休みなので、ちょっと珍しい写真をご紹介します。
トルコ・イスタンブールの街角で見つけました。
イスラム教徒のスカーフ付きウェディング・ドレスです。ベールの代わりにスカーフですね。


| | コメント (0)

2007/09/02

努力をすれば必ず運も味方してくれる -川崎戦-

20070901552


20070901539


20070901554


「今日の勝利はレフリーに捧げたい」
とオリヴェイラ監督の言葉。

くそ〜、松尾主審め! 今日は絶対に勝ってやる!!
と、試合中に何度思ったことでしょうか。

川崎戦は、4-1で鹿島が勝利しました。
万歳!!!

昨日のスタメンには、中後雅喜選手に代わって青木剛選手が入りました。
前節の大阪戦で中後選手のパスミスが目についたので、相当の疲労が溜まっているのでは、と心配しました。今節は青木選手を起用して欲しいなあ、と思いましたら、予想通りのスタメンでした。
青木選手のプレーは良かったですね。
獅子奮迅の働きをしてくれました。
ありがとう、青木選手。

84分(後半39分)、この試合の重要な一点となったマルキーニョス選手のゴールが決まりました。
アシストした本山雅志選手のパスも良かったけれども、その前に川崎からボールを奪取した興梠慎三選手の功績は大きい、と思います。
その興梠選手は、85分(後半40分)に自らもゴールを決めました。
これで、鹿島は4得点。

最近、興梠選手は調子が良いです。
何か、慎三は変わりましたね。
大人になったと言うか、落ち着いたと言うか、いい感じになりました。


さて、我等が増田誓志選手ですが、2試合連続して出番がありませんでした。
淋しいよ〜。
増田選手の心中を思うと、心配ですが・・・。
ここに、試合終了後のオリヴェイラ監督のコメントを贈ります。

「努力をすれば必ず運も味方してくれる」
   (鹿島オフィシャルサイトより)

私からは、山本周五郎の「ながい坂」をお薦めします。
高校生の時に読んで、歴史&時代小説の面白さに目覚めた一冊です。
最近、漫画は卒業して小説を読んでいるという誓志にどうでしょうか?


20070901544


20070901547


| | コメント (0)

2007/09/01

嬉しい勝利―川崎戦―

ただいま、喜びの帰宅中。
勝ったぞー。
今日の川崎戦は4―1で勝利しました。
前節のふがいない試合を吹き飛ばしてくれました。


| | コメント (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »