« 遥々、鉄路で金沢へ行く | トップページ | 金沢の苦い思い出と美しい思い出  »

2007/08/30

金沢より帰宅 -大阪戦-

「金沢決戦ガンバ爆発」
と、「北國新聞」の一面にカラーで大きく載っていました。
スポーツ欄も「ガンバ超攻撃 Vへ気迫の5発」と超〜大きく載っています。

今朝、ホテルのロビーで北國新聞を広げて憮然とした私。
もう、金沢市民や石川県民の前で恥ずかしい〜。

昨夜の金沢でのガンバ大阪戦は、1-5で鹿島の敗戦でした。

もう5失点なんて、悔しいというよりも呆れてしまいました。

鹿島は90分間、パスミスの連続!
パスミスのボールを大阪に奪われて、カウンターから失点。
信じられない光景でした。
陸上競技場での開催でしたので、ゴール裏からはピッチが遠くて見難くて、詳細はよく分かりません。後で、録画したビデオを観て確認します。
選手のプレーに関しては色々と言いたいことは沢山ありますが、今は控えます。

試合終了後、オリヴェイラ監督が選手と一緒にゴール裏に頭を下げていました。
この惨敗は、選手だけの責任ではないでしょう。
試合前のアップは、大阪はキックオフの約1時間前からやっていましたが、鹿島はいつもと同じ約30分前でした。鹿島は多分、室内練習場でアップしていた、と思います。しかし、慣れないピッチなのに、雨も降ってきたのに大丈夫かな、と不安に思いました。ああ、その不安が当ってしまいました。勿論、敗因はそれだけではないでしょうが・・・。

頭を下げる選手と監督に、ゴール裏のサポーターは鹿島コールをしました。
私も、コールしました。
次、次は頑張ろう、という気持ちでした。


もう、二度と金沢へ来ない!

そんな気持ちでしたので、今日は兼六園、金沢城公園、長町武家屋敷跡、ひがし茶屋街と精力的に歩いて観て廻りました。
雨上がりの兼六園の緑がとても美しかったです。
金沢城は、金沢大学が郊外に移転して、城の一部が復元されていたのには吃驚しました。

昼食は、奮発してお高い和食を食べました。
「金沢には観光ですか?」
と板前さんに話し掛けられました。
「サッカーの応援です」
と私。
「試合に負けて苦い思い出になってしまいましたが、また、金沢へ来て下さい」
と帰り際に板前さんが挨拶してくれて、ほろりとした私。

金沢はいい街でした。


さて、次の試合がもう明後日です。
次節は、鹿島アントラーズにとって、鹿島サポにとって、正念場です。
頑張ろう!


|

« 遥々、鉄路で金沢へ行く | トップページ | 金沢の苦い思い出と美しい思い出  »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。