« 面白かった -U-20W杯スコットランド戦- | トップページ | はじける »

2007/07/05

おめでとう -U-20W杯コスタリカ戦-

篤人、頑張れ!
後半終了間際、内田篤人選手の足が痙ったのでしょうか?
ああ〜、篤人! 大丈夫か?


帰宅後、夕食の支度をほっぽり出して、録画したビデオを観たコスタリカ戦。
新聞の夕刊にも、PCにも触らず、TVの前に座りました。

前半の日本は苦しい〜。
パスミスは多いし、セカンドボールは拾えないし、実況アナウンサー&解説者が言うよりも、かなり苦しい試合展開と思える日本。ハラハラ、どきどきしながら応援していました。
苦しい時間帯が長かったのですが、失点をせず耐えて前半終了。

中2日で、日射しも強く暑い中、日本代表の体力と気力が90分間持つかどうか、心配になりました。
しかし、後半、先に運動量が落ちたのはコスタリカでした。

後半22分、田中亜土夢選手(新潟)がゴールを決めます。
やった!

失点後のコスタリカは、猛攻を仕掛けてきます。
GK林彰洋選手(流通経済大)の足が痙ります。
後半ロスタイムの5分には、悲鳴をあげてしまいました。
5分なんて、長過ぎる〜。
試合終了の主審の笛を聞いた時は、心の底から安堵しました。
日本代表が、1-0で、コスタリカに勝利しました。

日本代表は、2連勝で決勝トーナメント進出です。
おめでとうございます。

内田選手は、少し疲れているのかしら?
トレーナーさんに、マッサージをしてもらって下さい。


と言う訳で、今晩の夕食は手抜きでした。


|

« 面白かった -U-20W杯スコットランド戦- | トップページ | はじける »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。