« キャンプ見学に行きた〜い | トップページ | U-22日本代表中国遠征へ出発 »

2007/07/29

パレンバンの失望 -アジア杯-

「2回ズボンを下ろして見せるべきでないものを2回見せてしまった」って、サッカーとどういう関係にあるのですか?

試合終了後のオシム監督のコメントを、「J's GOAL」で 何回も読み直しましたが、おバカな私には理解が出来ません。

「負けた勝ったではなく、試合の内容を見てほしい」
とオシム監督。
見ましたよ、3位決定戦の韓国戦。
準決勝のサウジアラビア戦も、準々決勝のオーストラリア戦も見ましたよ。TV観戦ですが、見ましたよ。

単調な試合内容でしたね。

前々から書いていますが、シュートを打たなければ得点は出来ません。
それは、Jリーグも日本代表戦も同じでしょう。


今朝、永久保存の「週刊サッカーマガジン」№987 2004.8.24号を取り出しました。宮本恒靖キャプテンがアジア杯の優勝カップを高く掲げている表紙です。
懐かしい気持ちと共に、「誇り」を感じました。

過去の栄光にすがるつもりはありませんが、「誇り」であることは事実です。


3位決定戦 日本0-0(PK5-6)韓国 インドネシア・パレンバン
「パレンバンの失望」ですね。

アジア杯2007は、日本は4位に終わり、シード権を得ることは出来ませんでした。


|

« キャンプ見学に行きた〜い | トップページ | U-22日本代表中国遠征へ出発 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。