« おめでとう -U-20W杯コスタリカ戦- | トップページ | ああ〜 -ナビスコ杯準々決勝広島戦第1戦- »

2007/07/06

はじける

「U-20日本代表のゴール後(試合後)のパフォーマンスが、一部で評判が悪い」
という話が、ラジオから流れてきました。
NHKの音楽番組の中ですが・・・。

スコットランド戦での、弓矢とビリーズ・ブート・キャンプのアクションのことです。

いいじゃない!

私は好きです。

明るくて、楽しくて、元気なパフォーマンスで、身も心もはじけます。

「良いときは良いけど、悪いときはとことん悪い」
と吉田靖監督はチーム状況を語っています。
   (7/4付 J's GOALより)

ノリの良いチームのようですね。
若いチームですから、嬉しい時は思い切りはじけちゃえ!
勿論、油断大敵ですが、そこは吉田監督が手綱を締めてくれるでしょう。

弓矢のパフォーマンスは、広島のお家芸ですから、発案者は槙野智章選手と柏木陽介選手かしら?
でも、日曜日のビッグアーチに於けるナビスコ杯準々決勝・鹿島x広島戦では、弓矢のパフォーマンスは見たくありません。


ラジオの件ですが、番組のパーソナリティはU-20日本代表のパフォーマンスに賛成、と言っていました。


|

« おめでとう -U-20W杯コスタリカ戦- | トップページ | ああ〜 -ナビスコ杯準々決勝広島戦第1戦- »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。