« イスタンブールの猫 | トップページ | 全治3〜4週間 »

2007/06/09

残念 -大分戦-

ああ、幻に終わった鵬翔コンビのヒーロー・インタビュー。

興梠慎三選手、リーグ戦初ゴールおめでとうございます。

後半20分、増田誓志選手のクロスを興梠慎三選手が決めて、鹿島が先制しました。
鵬翔コンビが抱き合って喜ぶ姿を観て、TVの前で、温かい気持ちで胸がいっぱいになりました。鵬翔高校の後輩たちも、スタジアムで応援していたことでしょう。ふたりの先輩の活躍に大喜びした、と思います。

それなのに、残念な結果に終わってしまいました。
九州石油ドームでの大分戦は、2-2の引き分けでした。

これは、負けに等しい引き分けです。
後半ロスタイムの失点なんて・・・。

事故じゃない!

試合終了の笛がなるまで、集中して下さい。

悔しい!
こういう形での失点は、悔しい〜。
勝てた試合でした。この引き分けは、後まで尾を引きそうです。


新井場徹さん、あれはないよ〜。

キープが出来ないダニーロ選手の存在意義って、何かしら?


負傷退場した中後雅喜選手は大丈夫でしょうか?
怪我が軽傷であることをお祈りします。


|

« イスタンブールの猫 | トップページ | 全治3〜4週間 »

コメント

かおりさん、コメントありがとうございました。
本当に残念な試合でした。
オリヴェイラ監督は、状況判断もせず、ただ漫然とダニーロ選手を投入したのではないでしょうか? 「事故のような失点」と責任転嫁せず、自分の采配を反省して頂きたいです。
次節のホーム広島戦は、必ず勝ちに行きましょう。

投稿: 香織 | 2007/06/10 21:23

久しぶりにコメントします。
鵬翔コンビのヒーローインタビュー見たかったですね・・・
一番理想の形だったのに・・・(九州で増田君アシストで興梠君ゴール)
得点してからのすぐの失点。
そして、最後の最後での失点。
もう直ったかと思っていましたが、直ってませんでしたね・・・
最後の最後まで集中力が持ちませんでしたね。
あの場面もつめていれば打たれなかったはず。
まだ、そーいう部分では若いチームですね。
監督はキープして時間稼ぎのつもりでダニーロを投入したんでしょうが、まったくキープ出来てませんでしたね。
だったら前削ってでも、ファボンを入れて守備固めすれば良かったのに・・・
あれは事故ではないですよね(爆)
気持ちの問題ですよ。
中後君の怪我心配ですね・・・
接触での怪我ではないので、尚更心配です・・・

投稿: かおり | 2007/06/10 12:04

この記事へのコメントは終了しました。

« イスタンブールの猫 | トップページ | 全治3〜4週間 »