« 次も勝つだけです -名古屋戦- | トップページ | 切り替えよう -東京戦- »

2007/06/29

ゴールが監督への一番のアピールになる

名古屋戦の後、図書館へ行って新聞各紙をチェックしてきました。
毎日、朝日、読売、産経、東京、日経、そして、赤旗も。
閑人ですか(笑)?

「先制ゴールは練習していた形。ドリブルに入った勢いを意識して思い切り打った。ゴールが監督への一番のアピールになる」
と増田誓志選手。
   (しんぶん赤旗より)

読売は、力強く走る増田選手のカラー写真で、惚れ惚れしました。しかし、図書館にはカラーコピー機がないので、コピーは断念しました。


さて、明日はFC東京戦です。
中後雅喜選手が練習に復帰したようですが、明日のスタメンはどうなるでしょうか?
「勝っている時は布陣を変えない」がサッカー界の定説ですから、明日も増田選手はスタメンになる、と思います。多分、後半途中から中後選手と交代するのではないでしょうか? 中後選手は怪我からの復帰ですから、いきなり90分は無理、と思います。
どんな選手起用であったとしても、勿論、全力で鹿島を応援します。
この試合の後、リーグ戦は長い中断期間に入りますから、勝利して気持ち良くナビスコ杯準々決勝に行きたいですね。


「休みから学ぶものは何もない」
とオシム日本代表監督。
   (6/28付 毎日新聞より)

へえ〜。そうですか?
オシム監督と私は、どうしても意見が合いません。

一部の日本代表選手は、休みもなく疲労困憊しているのではないでしょうか?

FC東京は、今野泰幸選手と伊野波雅彦選手が選出されて、合宿に参加しました。
鹿島は、日本代表選手はゼロです。
明日の試合は、深〜い意味で、凄く楽しみです。

絶対に負けるな!

明日も気を引き締めて、絶対に勝利しましょう。


|

« 次も勝つだけです -名古屋戦- | トップページ | 切り替えよう -東京戦- »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。