« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007/06/30

切り替えよう -東京戦-

負けてしまいました。

まあ、こういう日もあるさ。

本日のカシマに於けるFC東京戦は、1-2の敗戦でした。
来週はナビスコ杯準々決勝ですから、気持ちを切り替えて、頑張りましょう。

拓也、次、次です。
焦らないで行こう!
野沢拓也選手を応援します。


追記 :

メインスタンド席で、鹿島の選手がシュートを外す度に、「バカ」と大声で怒鳴るおやじがいましたが、非常に不愉快でした。離れた席だったので、諌める事も出来ませんでした。
「鹿島愛」がないのでしょうか?
残念なことでした。


| | コメント (0)

2007/06/29

ゴールが監督への一番のアピールになる

名古屋戦の後、図書館へ行って新聞各紙をチェックしてきました。
毎日、朝日、読売、産経、東京、日経、そして、赤旗も。
閑人ですか(笑)?

「先制ゴールは練習していた形。ドリブルに入った勢いを意識して思い切り打った。ゴールが監督への一番のアピールになる」
と増田誓志選手。
   (しんぶん赤旗より)

読売は、力強く走る増田選手のカラー写真で、惚れ惚れしました。しかし、図書館にはカラーコピー機がないので、コピーは断念しました。


さて、明日はFC東京戦です。
中後雅喜選手が練習に復帰したようですが、明日のスタメンはどうなるでしょうか?
「勝っている時は布陣を変えない」がサッカー界の定説ですから、明日も増田選手はスタメンになる、と思います。多分、後半途中から中後選手と交代するのではないでしょうか? 中後選手は怪我からの復帰ですから、いきなり90分は無理、と思います。
どんな選手起用であったとしても、勿論、全力で鹿島を応援します。
この試合の後、リーグ戦は長い中断期間に入りますから、勝利して気持ち良くナビスコ杯準々決勝に行きたいですね。


「休みから学ぶものは何もない」
とオシム日本代表監督。
   (6/28付 毎日新聞より)

へえ〜。そうですか?
オシム監督と私は、どうしても意見が合いません。

一部の日本代表選手は、休みもなく疲労困憊しているのではないでしょうか?

FC東京は、今野泰幸選手と伊野波雅彦選手が選出されて、合宿に参加しました。
鹿島は、日本代表選手はゼロです。
明日の試合は、深〜い意味で、凄く楽しみです。

絶対に負けるな!

明日も気を引き締めて、絶対に勝利しましょう。


| | コメント (0)

2007/06/25

次も勝つだけです -名古屋戦-

20070624285


多数のカメラマンたちが、名古屋選手のゴール・シーンを狙ってカメラを構えているのを見て、むかつきました。鹿島選手側には2〜3人しかいないのに。(前半、メインスタンド側を見て)
藤田俊哉選手の「Jリーグ100得点」や、本田圭佑選手の「魔球」を狙っていたのでしょうか?
ここは、カシマ・スタジアムですよ。実に不愉快な光景でした。
増田誓志選手の美しいゴールや、マルキーニョス選手の芸術的なゴールを撮り損ねたのではないでしょうか?

今朝、毎日新聞を広げたら、増田選手がゴール後に天を指差しながら喜ぶ写真が掲載されていて満足しました。願わくは、増田選手の正面の写真がいいのですが・・・。明日、図書館に行って、他の新聞をチェックしてこよう(笑)。


20070624295


試合後の増田選手のヒーロー・インタビューは、サポーターの歓声で全然聞こえませんでした。帰宅後、録画したビデオをチェックしたら、増田選手が早口で喋っていて、吃驚しました。以前は、ひとつひとつの言葉を選んで喋っていたような気がしましたが・・・。
「今日はありがとうございました」
という言葉に満足しました。
14317人で、「これだけ多くのサポーター」と言われると照れます。もっと沢山の観客を、カシマへ動員したいですね。先日、職場で「隠れ鹿島サポ」を発見したので、今度、彼女をカシマへ誘います。

「次も勝つだけです」
との誓志の言葉は、格好いいですね。


増田選手の先制ゴールだけではなく、曽ケ端準選手の好セーブも素晴らしかったです。
野沢拓也選手も本山雅志選手も青木剛選手も、毎回、名前は挙げませんが、素晴らしい活躍でした。勿論、それ以外の選手も・・・。

名古屋戦では、野沢選手が疲れているように見えましたが、大丈夫でしょうか? 前節の柏戦でも、激しく削られていたので心配です。今日のオフは、ゆっくりと休養が出来ましたか?

新井場徹選手は、引き上げる際に、足をぐるぐるにアイシング(?)をしていましたが、大丈夫でしょうか? 怪我でしょうか? 心配です。

これで前半戦を終了して、鹿島は3位です。
一時は最下位争いをしたことを思えば、夢のようです。
でも、これで満足することなく、上を目指しましょう。


一番の上の写真は、「香取の日」のイベントで販売された「太巻寿司」です。
綺麗ですね。
バラと桜とあやめ?


| | コメント (0)

2007/06/24

トステム賞は増田誓志 -名古屋戦-

20070624_294


誓志、結果を出す!

本日の名古屋戦は、2-1で鹿島が勝利しました。
これで、カシマ・スタジアムに於ける対名古屋戦は21連勝だそうです。

前半の増田誓志選手のプレーはあまり良くなくて、ハラハラしました。
しかし、後半は積極的なプレーを観ることが出来て、今日こそは! と確信しました。
後半20分、増田選手の先制ゴールが決まる!

おめでとう!

ありがとう!

増田選手のゴールを信じていました。
嬉しいです。
やっと、トンネルを抜け出ることが出来たかしら?

詳細は、また明日。


「香取神宮」へ参拝しようかな。
今日は、「香取の日」でした。


| | コメント (0)

2007/06/21

鳥肌が立つ試合 -柏戦-

20070620279


20070620283


20060620260


20070620274


20070620273


朝、出勤するなり鹿島サポの同僚とハイタッチしました。
昨夜の喜びは、今日も継続中で、昼休みはお弁当を食べながら、PC観戦だった同僚に試合の話を熱く語りました。


「鳥肌が立つ試合だった」
と岩政大樹選手。
   (毎日新聞より)

鳥肌は立ちませんでしたが、叫び過ぎて喉が痛くなった私。
2002年に鹿島サポになって以来、最高の喜びでした。優勝したわけでもないのに・・・。これは、後半ロスタイムの劇的な勝利であったことと、日立柏サッカー場の環境にありました。
日立柏サッカー場は小さいですが、ピッチと観客席が近くて、ドキドキ指数は国内ナンバーワンのスタジアムではないかしら?
野次を飛ばすと、選手の耳に届いているようです。
そこのおじさん〜、新井場徹選手が振り返っていましたよ。
もう、鹿島サポとして、胸がつぶれそうでした。


後半15分、増田誓志選手は交代になり、ベンチに退きました。
あの出来では仕方がない、と思いながらも、淋しくなりました。
試合終了後、ベンチの選手も飛び出して、選手&スタッフの歓喜の輪が出来た時、増田選手の笑顔を見つけて、ほっとしました。
次です、次、頑張ろう。


| | コメント (0)

2007/06/20

歓喜のロスタイム -柏戦-

ありがとう! マルキーニョス選手。

後半ロスタイム、マルキーニョス選手のゴールが決まり、1-0で鹿島が勝利しました。

ゴールが決まった瞬間、叫んだ! 吠えた!
嬉しい!!!
歓喜の試合終了でした。

試合の詳細と写真は、また明日。


追記:

今日は、本山雅志選手のお誕生日です。
試合前に、ゴール裏の鹿島サポが「ハッピーバースディー」を歌いました。メインスタンド席も、途中から気がついて一緒に歌いましたが、いい雰囲気でした。


| | コメント (0)

2007/06/19

お誕生日おめでとう

誓志、おめでとう。
今日は、増田誓志選手の22才のお誕生日です。

クラブハウスには、沢山のバースディー・カードやプレゼントが届いたことでしょう。
私は、遠くから増田選手の成長と活躍を見守ります(笑)。


さて、明日は柏戦です。

「大勝した次の試合は危ない」という言葉があります。
前節の広島戦では、久しぶりに5得点で大勝した鹿島。

それで思い出すのが2005年の新潟戦と東京V戦です。
 8/24 (水曜日) 新潟戦  7-2 カシマ
 8/27 (土曜日) 東京V戦  0-2 味の素

新潟戦で大量得点した鹿島が、次の試合で東京Vに完敗しました。
新聞の切り抜きを読み返すと、あの時の無念な気持ちがまざまざと甦ってきます。

同じ轍は二度と踏むまい!

きっと、選手は気を引き締めている、と思います。

私たちサポーターも、油断しないで行きましょう。


| | コメント (0)

2007/06/18

サッカー観戦日には何を食べる?

20070616213


広島戦が行われた土曜日は暑かった〜。
30度位はあったのかしら?
あまりの暑さに、カシマ名物の「もつ煮」は食べる気になれず、「きのこ汁」を食べました。山盛りの野菜と茸で¥500です。普段は、「汁物」プラス「御飯物」を食べるのですが、今回は「茹とうもろこし」を選択。
日陰で涼しい風が吹いているコンコースの階段に腰掛けて、甘くて柔らかいとうもろこしを堪能しました。


20070706336


日曜日は、16:00から東京x浦和戦をTV観戦。
こういう日の夕食は、洋風煮込料理が簡単でいいですね。
試合開始前に、大鍋に豚の塊肉と香味野菜を入れてことことと煮ます。そして、ハーフタイムに調味料を入れて、再び煮込みます。試合終了時には出来上がりです。

この料理は、TVで、女優の浅丘ルリ子さんが紹介していた、「ころっと」です。
「豚肉のころっと煮」で、調味料の醤油、酒、レモン汁の風味がさっぱりしていて、簡単で美味しい料理です。今では我が家の定番料理になりました。我が家では、香味野菜プラス人参を入れますが、この人参が豚肉に負けないぐらい美味です。
(レシピは、NHKの「スタジオパークからこんにちは」2006.12.5を御覧になって下さい。)


これから暑い日が続きますが、しっかり食べて体力をつけて、スタジアムへ行きましょう。


| | コメント (0)

2007/06/17

走れ!誓志 -広島戦-

20070616236

おめでとうございます! キャプテン雅志。
Jリーグ200試合出場を達成した本山雅志選手が、先制点を決めた広島戦は、5-1と鹿島が勝利しました。

「明日は勝ちに行くぞ〜」
と職場の同僚に力強く宣言した私は、大勝に大喜びしました。

今季の鹿島を支えているのは本山雅志選手、と断言しても過言ではありません。
開幕当初のどん底状態から昨日の大勝に至るまで、ピッチ上を走り続け、チームを鼓舞し続けた本山選手に感謝します。


20070616240


20070616221

どうした? 誓志

昨日は、久しぶりのスタメンだった増田誓志選手。
しかし、体が重いようで、キレがありません。
オリヴェイラ監督に、守備だ、バランスだ、ポジショニングだ、と言われて、深く考えすぎているのでしょうか?
走らないし、プレスにもいかない増田選手に不安になりました。
ハーフタイムに監督の指示があったのでしょうか、後半は少し良くなりました。

走れ! 誓志

今は、考えるよりも走れ!

走ることによって、光明が見えてくるのではないでしょうか?
増田選手には、運もあるし、実力もあります。
首都圏からミーハーサポを連れてくることが出来る選手のひとりです(笑)。
頑張ろう!


オリヴェイラ監督の名采配を初めて観ました。
今回は、選手交代が成功しました。
先ず、後半37分に船山祐二選手を投入。船山選手は、4/14の横浜FC戦で良い動きをしていたので、安心感がありました。
そして、後半41分にお約束のダニーロ選手の投入。今回はMFではなくFWの選手との交代でしたから、失点の危険性を免れました。これは、前節の大分戦の教訓が生きたようです。やはり、監督は大分戦の采配を反省したようですね。
後半43分に投入された興梠慎三選手の得点は、嬉しい喜びです。


試合中から歌われた「オブラディ・オブラダ」。
大勝に気分良く帰宅することが出来ました。


尚、小笠原満男選手の姿は、選手席には見えませんでした。
東京ヴェルディのラモス監督が来場していました。


| | コメント (0)

2007/06/15

明日は広島戦

知性よりも体力勝負の一週間が終わりました。今週は肉体労働のため疲労困憊で、ブログの更新が出来ませんでした。今日も辛い仕事が続きましたが、明日はカシマへ行く、と思うと元気が沸いてきました。


明日は広島戦です。

去年のホーム広島戦は、8/26で、0-2の無様な負け試合でした。
後半開始早々に、青山敏弘選手に鮮やかなロングシュートを決められたのを、今でも覚えています。

シュートを打たないFWに怒ったり・・・。

小笠原満男選手の最後の試合でもありました。この後、小笠原選手はメッシーナへレンタル移籍となりイタリアへ出発しました。
あれ? 明日は、小笠原選手はメインスタンドの選手席で観戦ですか?
小笠原選手の去就に関してはよく分かりません。でも、「鹿島の8番」は野沢拓也選手です。今後は、若手の選手たちに頑張ってもらいたいです。


明日の広島戦は、増田誓志選手がスタメンであることを希望します。
今から楽しみで、胸がわくわくします。
オリヴェイラ監督、私の期待を裏切らないで下さいね。

6/6の北京五輪2次予選・マレーシア戦で、増田選手の投入にキャーと叫んでいた国立ゴール裏の多数の女性の皆様、明日はカシマへご来場下さい。


| | コメント (0)

2007/06/11

全治3〜4週間

今季の鹿島は怪我人が多いです。

大分戦で負傷した中後雅喜選手は、「右大腿二頭筋肉離れ」で全治約3〜4週間と、鹿島オフィシャルサイトから発表がありました。

またまた、鹿島に試練です。

開幕当初、休みなく選手を酷使したツケが回って来たか、と心配になります。
何度も書きますが、休みは絶対に必要です。

監督、コーチ、トレーナーの方々、選手を宜しくお願いします。

中後選手の怪我の完治をお祈りします。


| | コメント (0)

2007/06/09

残念 -大分戦-

ああ、幻に終わった鵬翔コンビのヒーロー・インタビュー。

興梠慎三選手、リーグ戦初ゴールおめでとうございます。

後半20分、増田誓志選手のクロスを興梠慎三選手が決めて、鹿島が先制しました。
鵬翔コンビが抱き合って喜ぶ姿を観て、TVの前で、温かい気持ちで胸がいっぱいになりました。鵬翔高校の後輩たちも、スタジアムで応援していたことでしょう。ふたりの先輩の活躍に大喜びした、と思います。

それなのに、残念な結果に終わってしまいました。
九州石油ドームでの大分戦は、2-2の引き分けでした。

これは、負けに等しい引き分けです。
後半ロスタイムの失点なんて・・・。

事故じゃない!

試合終了の笛がなるまで、集中して下さい。

悔しい!
こういう形での失点は、悔しい〜。
勝てた試合でした。この引き分けは、後まで尾を引きそうです。


新井場徹さん、あれはないよ〜。

キープが出来ないダニーロ選手の存在意義って、何かしら?


負傷退場した中後雅喜選手は大丈夫でしょうか?
怪我が軽傷であることをお祈りします。


| | コメント (2)

2007/06/08

イスタンブールの猫

イスタンブールで、可愛い猫たちに会いました。

Istanbul_39

土産物屋さんで見つけた陶器の猫。

Istanbul_41

ドルマバフチェ宮殿の猫。

Istanbul_42_2

アヤソフィア博物館(旧大聖堂)の猫。野良猫ですか?


| | コメント (0)

2007/06/07

新しい選手には勢いがあった -マレーシア戦-

20070606212


20070606198


20070606202


今日も職場は、暑い一日でした。
滝のように汗が流れて、絶不調でした。その為、昨夜からの怒りが続いています。


U-22日本代表に、大学生を選出するのは反対です。
大学生の試合を生観戦したことがないので、偉そうなことは言えないのですが、お許し下さい。
プロと同じ技術を持った大学生はいるそうですね。
でも、日本代表にはプロの選手を選出して欲しいです。プロの選手を選んで、鍛えて欲しいです。18歳で、プロになると厳しい道を選んだ心意気が好きなのです。それに比べると、私の18歳はガキでしたから。

昨夜は、最終予選に向けての新戦力の発掘だったそうです。
反町監督は、確かな手応えを得たようです。

私は大学生のプレーを観るために¥4000も投じたか、と思うと悔しくて悔しくて泣きたくなりました。
昨夜の試合は、確かに勢いはありましたが、雑なプレーが多かったです。
俺が、俺が、という気持ちが強い試合でした。

「最終予選を前回の香港戦のメンバー18人で戦うことは絶対にない。(新たな選手を)融合させて、さらにパワーアップしたい」と反町監督。
   (毎日新聞より)

いつ、主力選手と今回発掘した新戦力を融合させるのですが? と嫌味を言いたくなります。
まさか、最終予選の本番ではないでしょうね。
終わってしまったマレーシア戦のことを、今更色々と言っても無意味ですが、反町監督の手法に疑問を感じました。


今回も、アピール不発に終わった増田誓志選手。
それは本人も自覚しているようです。

「新しい選手には勢いがあった。自分にはそれが足りなかったと思う」
   (スポーツナビより)

う〜ん。
この結果では、最終予選メンバー当確は難しいような気がします。
最近、鹿島でも結果が出ていないし・・・。

だから、応援します。増田誓志選手を!!!
頑張れ!
週末の大分戦では最善のプレーを期待します。


| | コメント (0)

2007/06/06

悔しい -北京五輪2次予選マレーシア戦-

反町監督、どうして大学生がスタメンで、プロの誓志と慎三がサブなのよ!

悔しい〜。

試合前のアップで、増田誓志選手と興梠慎三選手がサブと分った時、心がすっ〜と冷めていきました。

マレーシアには、3-1で勝ちました。
しかし、悔しくて、淋しくて、飲まずにはいられませんでした。

国立競技場の傍のレストランで、ひとり飲む私。
「ブリのカルパッチョ」は美味しかったけれども、白ワインはもう少し冷えていたほうが美味しいかな。

増田選手の出場時間は、たったの10分強。
惜しいミドルシュートはあったけれども・・・。
悔しい〜。

試合の詳細と写真はまた明日。
おやすみなさい。


訂正 :

マグロではなくて、ブリでした。


| | コメント (0)

2007/06/04

学生街の喫茶店

昔懐かしい学生街へ行ってきました。
都心に用事があって地下鉄を乗り換える時、ああ、この駅は学生街に近い、と思ったら懐かしくなって地上に出てみました。大通りには新しいビルが並んでいて、新しいカフェが目につきました。全てが変わってしまったかなあ、と思いながら学校に向かって歩いて行きました。

あっ、学生たちの溜まり場だった喫茶店がある。

あれから○○年。

吃驚しましたが、すごく懐かしかったです。
店内に入ると、モダンなインテリアに変わっていましたが、スタッフは全員男性のみは変わっていませんでした。大学生のアルバイトのようです。
大好きだったホットケーキは健在でしたが、味はまあまあでした。
あの頃は、サッカーには興味がなくて、図書館の書庫に籠って本を読むのが好きでした。
店内を見渡すと、学生は少なくて、ビジネスマンが多かったです。学生たちはどこに行ってしまったのかしら? 嬉しいような淋しいような気持ちで、席を立ちました。

同級会や同窓会には、興味がなくて出席しません。学友とは年賀状の交換ぐらいです。
でも、懐かしい場所をふらりと訪ね歩くのは好きです。
また、学生街を訪ねてみよう、と思いました。


| | コメント (0)

2007/06/01

ファミマサッカー通信

U-22日本代表は静岡で合宿中です。
昨日は、激しい雷雨に遭遇したそうですが、増田誓志選手と興梠慎三選手は頑張っていることでしょう。6/6のマレーシア戦では、ふたり揃ってスタメンでプレーして欲しいです。

北京五輪2次予選・マレーシア戦のチケットは、もう購入済みです。マレーシア戦が消化試合とは思っていませんので、来週の国立行きが、今からすごく楽しみです。


「ファミマ・ドット・コム・マガジン」2007.7月号に、増田誓志選手のインタビューが掲載されたそうです。
6/1より無料配布というので、雑誌を入手する為にファミリーマートに行ってきました。我が家の近所にファミリーマートがないので、ウオーキングを兼ねて、とことこと歩いて行ったのですが。

「あれ〜、誓志じゃない。」

「ファミマサッカー通信」に載っていたのは、中年の男性でした。
誰ですか? この方は・・・。
2006ビーチサッカー日本代表監督の鳥飼浩之さんでした。

慌てて表紙を見ると、6月号でした。
どっと疲れました。
東京の田舎は、都心に比べると何でも1日遅いのです。
また明日、ファミリーマートに行かなくては・・・。


最近、無料配布の雑誌が話題になっていますね。

特に、若い男性に人気のある「R25」。
前々から読みたいと思っていたのですが、東京の田舎ではなかなか入手が出来ません。先日、都心の某駅で見つけました。若い男性が次々に手を延ばして持っていくので、何かしらと思ったら、「R25」でした。

-オトコを刺激する情報マガジン- とキャッチコピー。

半分は広告ですね。
中身は超うすい〜。
これが話題の雑誌とは、呆れました。
若い男性は、こういうのが好きなのですか?
「R25」に失望しました。


| | コメント (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »