« 学生街の喫茶店 | トップページ | 新しい選手には勢いがあった -マレーシア戦- »

2007/06/06

悔しい -北京五輪2次予選マレーシア戦-

反町監督、どうして大学生がスタメンで、プロの誓志と慎三がサブなのよ!

悔しい〜。

試合前のアップで、増田誓志選手と興梠慎三選手がサブと分った時、心がすっ〜と冷めていきました。

マレーシアには、3-1で勝ちました。
しかし、悔しくて、淋しくて、飲まずにはいられませんでした。

国立競技場の傍のレストランで、ひとり飲む私。
「ブリのカルパッチョ」は美味しかったけれども、白ワインはもう少し冷えていたほうが美味しいかな。

増田選手の出場時間は、たったの10分強。
惜しいミドルシュートはあったけれども・・・。
悔しい〜。

試合の詳細と写真はまた明日。
おやすみなさい。


訂正 :

マグロではなくて、ブリでした。


|

« 学生街の喫茶店 | トップページ | 新しい選手には勢いがあった -マレーシア戦- »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。