« リーグ戦初勝利はお預け -神戸戦- | トップページ | 決断の時 -大宮戦- »

2007/04/05

オリヴェイラ監督の責任を問う -ナビスコ杯甲府戦-

20070404_3


お金を払う価値のない試合でした。

ナビスコ杯予選第3節・甲府戦は、0-1で、鹿島の敗戦でした。

「これって、草サッカーよ」
と友人が隣で何度も言っていました。

大雨+雷+雹が降るカシマ・スタジアムでの観戦は、身も心も寒かったです。
今季のカシマでの試合は悪天候ばかりで、天にも見放されたか?


今回、初めての平日の夜の試合観戦でした。
東京都民が、平日の夜にカシマへ行くことは無理と諦めていました。平日の夜の試合は、ホームタウンのサポーターに応援をお願いしようと思っていました。しかし、開幕から1ヶ月がたつというのに、リーグ戦未勝利の鹿島。この緊急事態に、カシマ参戦を決意して行ってきました。


20070404_4


それなのに、それなのに、最低で最悪の試合を見せてくれた鹿島。

土砂降りの雨の中で、選手は目の前のボールの処理にあっぷあっぷで、戦略も戦術もありません。

今回は、奥野監督代行の采配を楽しみにしていたのに、結局は、オリヴェイラ監督の指示に従ったようです。
「交代は試合前に監督と相談していた通りにやった」
と奥野コーチは語っています。
   (J's GOAL より)

一体、毎日、どんな練習をやっているのですか?
休みもなく、きつい練習をやっていて、この結果ですか?

オリヴェイラ監督の責任を問います。

司令塔の野沢拓也選手が復帰しても、根本が改善されなくては、良い結果は出ません。

総入替えしたブラジル人監督&スタッフ&選手が、Jリーグに慣れるまで気長に待っていたら、取り返しのつかないことになります。
何だか、J2降格の足音が近付いてきたような・・・。

このまま、オリヴェイラ体制で進むのは危険である、と思います。

現段階で、フロントが、オリヴェイラ体制をきちんと検証すべきです。
全てを、ブラジル人に丸投げしたフロントにも問題はありますが。
オリヴェイラ体制を、このまま放置したら、選手の士気にかかわるし、サポーターもスタジアムに足を運ばなくなるでしょう。鹿島崩壊の序章が始まっている、という危機意識を持って下さい。フロント、選手、監督、スタッフ、そして、サポーターが。


増田誓志選手は、後半から登場。
しかし、バックパスの連発にはがっかりしました。
前だよ、前だよ、前へ行かなければ得点は出来ません。
でも、増田選手が入ったことで、ダニーロ選手が私の視界から消えました。それが、唯一の救いでした(なんて酷い感想でしょう)。

「気迫を見せているのは19才の篤人だけだ」
と友人は言っていました。
本当に同感でした。内田篤人選手は鹿島の希望の星です。


帰宅したら、月夜でした。
なんて、綺麗なお月さまでしょう。
試合後、スタジアム前から発車する「東京駅直行便」に乗ったら、タクシーを利用しないで帰宅することが出来ました。凄く便利なバスがあるのですね。また、利用したいです。

なんだかんだ言っても、また、カシマへ応援に行きます。

鹿島再建の為に!

20070404_2


|

« リーグ戦初勝利はお預け -神戸戦- | トップページ | 決断の時 -大宮戦- »

コメント

uriさん、コメントありがとうございました。
過密日程の中、選手の疲労を考慮せず、神戸戦と同じスタメンでナビスコ杯甲府戦を戦うよう指示したオリヴェイラ監督の意図が理解出来ません。
無策なオリヴェイラ監督の元、試合に臨む選手が気の毒です。

明日の大宮戦で、リーグ戦初勝利を!

投稿: 香織 | 2007/04/06 21:26

酷い試合でしたね…。
自分も無理して鹿島参戦しましたが、本当に同じ感想を持ちました。
今の戦力でも甲府以上のサッカーは絶対にできるはず。
オリベイラには大宮戦の内容次第で辞任して欲しいと思います。

あれだけ無意味で失礼な試合はないと思います。

投稿: uri | 2007/04/05 12:09

この記事へのコメントは終了しました。

« リーグ戦初勝利はお預け -神戸戦- | トップページ | 決断の時 -大宮戦- »