« 苦難と試練 | トップページ | 指揮官は弱音を吐くな »

2007/03/11

鈍足ダニーロ -G大阪戦-

鈍足なダニーロ選手のプレーを観るために、貴重な時間とお金を使っている訳ではない、と啖呵を切りたくなるような試合でした。

ダニーロ選手が、鹿島のサッカーに融合するまでに、どの位の時間がかかるのでしょうか?
一年間かかったら、どうしましょう?

確かに、若手の選手たちは頑張っていましたよ。
このまま試合に出続ければ、もっと上手くなるでしょう。

でも、私は現実逃避がしたくなりました。
帰りのバスの中では、今晩のNHKの大河ドラマ「風林火山」のことを考えていました。
最寄りの駅に着いたは、ちょうど20:00でした。
勘助だ、勘助だ、山本勘助だ、と心の中で叫びながら、走って帰宅しました。

これでいいのか?


|

« 苦難と試練 | トップページ | 指揮官は弱音を吐くな »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。