« 春本番&明日は神戸戦 | トップページ | オリヴェイラ監督の責任を問う -ナビスコ杯甲府戦- »

2007/03/31

リーグ戦初勝利はお預け -神戸戦-

ファボン選手、ありがとう。
あなたの一発がなかったら、鹿島は負けていました。

リーグ戦初勝利はならず、ホームズスタジアムでの神戸戦は、1-1の引き分けでした。

スカパーでのTV観戦でしたので、生観戦と違い、ピッチ上の一部分しか分からず、もどかしい気持ちになりました。
アナウンサーと解説者は、凄いゲームでした、と語っていました。
TVを観ている人も興奮したでしょう、面白いゲームでした、と絶賛していました。

皆さん、面白いゲームでしたか?
確かに、前半の終了間際は劇的なゲーム展開でした。
しかし、後半は間延びのしたゲームに感じられました。相変わらず、選手交代は遅いし・・・。
ひとりで観戦していましたが、冷静になり過ぎたのか、ゲームに感情移入することが出来ませんでした。
この試合は、絶対に勝利しなければいけない試合でしたので、引け分けでは面白くありません。

ここは、神戸で生観戦した方のレポートを読みたいです。


オリヴェイラ監督が退席処分になりました。
岡田正義主審の判定は、納得がいかない場面が幾つかありました。しかし、監督は常に冷静であるべきです。リーグ戦初勝利がかかった試合を捨てないで欲しかったです。
TV観戦だから、こんな冷静なことが言えるのかしら? 現場にいたら、人一倍激怒していたかしら?


今日は勝ちたかった。
残念です。


|

« 春本番&明日は神戸戦 | トップページ | オリヴェイラ監督の責任を問う -ナビスコ杯甲府戦- »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。