« オリヴェイラ監督へ細やかなお願い | トップページ | 反撃宣言、これからだ -千葉戦- »

2007/03/15

体力消耗戦 -五輪2次予選・マレーシア戦-

劣悪なピッチ状態の、クアラルンプール近郊ペタリンジャヤで行われた、北京五輪2次予選・マレーシア戦。
途中出場の李忠成選手が代表初ゴールを決め、これが決勝点になり、U-22日本代表が2-1で勝利しました。

75分(後半30分) 平山相太選手が退き、李選手が投入されました。
13分に平山選手が得点したものの、その後の日本代表の攻撃はちぐはぐで追加点を奪えません。
「平山選手に固執するのは止めろ」
とTVの前で叫んでいたら、反町康治監督は決断しました。

カレン・ロバート選手ではないのね、と思いましたが、結果を出した李選手は大したもんだ。
おめでとう、李選手。
これで、U-22日本代表の切り札が増えて、凄く嬉しいです。


昨日は、スカパーで生中継があったそうですが、22:00に就寝して翌日2:25に起床して、「フジテレビ」の録画放送を観ました。
今年からスカパーに加入したのですが、契約した「JリーグライブDX」で、五輪予選放送を観ることが出来るかどうか分からず、断念しました。まだ、スカパーの放送がよく分からなくて・・・。
しかし、録画放送は酷かったです。
試合途中に何度もCMが挿入され、ずたずたにカットされた放送で呆れました。ですから、試合内容は、何が何だかさっぱり分からなかったです。


1トップ2シャドーの一角で、スタメン起用された増田誓志選手ですが、出来はよく分かりません。日曜日にJリーグの試合があって、水曜日に五輪予選の試合では、体力的にきつかったでしょう。家長昭博選手も同じ条件でしたが。

4分に、増田選手が打ったシュートは、激しく水しぶきが上がり不発。
「何だ、こりゃ〜」
と誓志は思ったのでは?
今回は、かなり体力を消耗したことでしょう。包帯を巻いていた左手の怪我は大丈夫なのかしら?

アウェイの戦いが厳しいものであることを痛感したマレーシア戦でした。


|

« オリヴェイラ監督へ細やかなお願い | トップページ | 反撃宣言、これからだ -千葉戦- »

コメント

uriさん、コメントありがとうございました。
フジテレビは、サッカーの試合を中継する資格がありませんね。
こちらこそ、よろしくお願い致します。

投稿: 香織 | 2007/03/16 23:37

はじめまして!鹿サポのuriと申します。アントラーズを応援するblogを探してたどりつきました。
自分もフジの録画中継みましたがほんとに酷かったですね。CMばっかりでえ?誓いつ下がったの?あれ点取った後のCM明け、しばらく防戦一方ですってどういうこと?…てな感じでほんとフジのやる気の無さは大したもんですよね。
これからまた遊びにきますので、よろしくお願いいたします♪

投稿: uri | 2007/03/16 14:15

この記事へのコメントは終了しました。

« オリヴェイラ監督へ細やかなお願い | トップページ | 反撃宣言、これからだ -千葉戦- »