« 東京モスクに行きました -東京散歩- | トップページ | 11番が鹿島を去る日 »

2007/01/14

日本サッカーミュージアムにて

御茶ノ水の「日本サッカーミュージアム」に行きました。

展示されていた写真の中で一番印象に残ったものは、「高校サッカー・雪の決勝」です。
中田浩二選手と本山雅志選手の2枚の写真が、ひときわ輝いていました。
1998.1.8 76回高校サッカー決勝・帝京高校x東福岡高校戦です。

盛岡商業の優勝の後だったからでしょうか?
過去の日本代表の写真よりも、雪の決勝の高校生の写真が懐かしかったです。

実は、雪の決勝の記憶がありません。
サッカーに夢中になったのは2002年のW杯以降なので、1998年はサッカーを全く観ていませんでした。しかし、毎日、新聞を隅から隅まで読んでいたのに、雪の決勝の記憶がないのが不思議で堪りません。
1998.1.8は、何をしていたのかしら?
納戸にある段ボール箱の中から、古い日記を引っぱり出してみました。
高校サッカーのことは一言も書いてなくて、強く降る雪に「雪かき」の心配をしていました。
ああ、呑気な私でした。

高校サッカーの2人のスターが、揃って鹿島に入団したとは、凄いことですね。

過去の栄光は振り返らない、と言いながら、知らない過去を懐かしむオフの今日この頃です。


|

« 東京モスクに行きました -東京散歩- | トップページ | 11番が鹿島を去る日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。