« 師走の東京の夜 | トップページ | 熊本に参戦出来ず »

2006/12/19

全員で拍手を? -Jリーグアウォーズ-

20061218_06_1

行ってきました、横浜アリーナ。
昨日は、内田篤人選手が新人王に選ばれなくて、気落ちした「2006 Jリーグアウォーズ」でした。

今年は、鹿島から、ベストイレブンも新人王も選ばれなかった衝撃が大きくて、空腹のまま帰路につきました。去年も一昨年も、小笠原満男選手のベストイレブン受賞に、友人たちと祝杯をあげました。今年も、内田選手の新人王受賞で祝杯をあげたかったのに、残念でした。

悔しいけれども、藤本淳吾選手の新人王受賞、おめでとうございます。

Jリーグアウォーズなので、内田選手のU-19での活躍は対象外だったのでしょうか?
清水は、鹿島より順位が上だから?
藤本選手は、内田選手より得点しているから?

それでは、今週末の天皇杯準々決勝・鹿島x清水戦で決着をつけましょう。
篤人の奮起に期待をします。


さて、予想に反して、浦和サポが大人しくて拍子抜けした横浜アリーナ。
We are ・・・・の大合唱はありませんでした。
優勝クラブ席は、2階の各クラブエリア席とは別に、1階に特別席が用意されます。その1階の浦和サポ席に、空席がかなりありましたので不思議に思いました。何故でしょうか? 3階の自由席には、浦和サポがいたようですが。

昨年も一昨年も、優勝クラブには、会場全体から温かい拍手が贈られました。
しかし、今年は、雰囲気が違っていたように思えました。

「全員で拍手を・・・」
と司会のジョン・カビラさんが壇上から呼び掛けていました。

はあ〜。

私って、大人になれないのです。


話が変わりまして、鹿島から出席したのは、内田選手の他には岩政大樹選手と増田誓志選手でした。会場では、岩政選手が保護者のように真ん中で、右に誓志、左に篤人が座りました。
優秀新人賞の紹介の際、選手席で立ち上がった内田選手は照れていて、初々しかったです。
最後に、選手が会場を一周します。
サポーターから選手コールが沸き上がっても、無表情な選手が多い中で、増田選手は恥ずかしそうに微笑んでくれましたので、好感度大でした。


そんなこんなで、Jリーグアウォーズが終了しました。
しかし、天皇杯が残っていることを忘れてはいけません。

2007年元旦は、国立で!


|

« 師走の東京の夜 | トップページ | 熊本に参戦出来ず »

コメント

藤本さん、コメントありがとうございました。
鋭いご指摘、よ〜く肝に銘じておきます。

投稿: 香織 | 2006/12/19 22:44

Jリーグアウォーズなので、内田選手のU-19での活躍は対象外だったのでしょうか?清水は、鹿島より順位が上だから?藤本選手は、内田選手より得点しているから?


鹿島サポ以外の誰が見ても藤本の方が優れているし、活躍してるし、結果を残しているからでしょ(笑)疑問の余地がないよ。次の天皇杯で鹿島が清水に勝ったとしてもこの評価は変わりようがないでしょ。クラブ間での勝敗と個人の優劣は別物だと思うんだが?正直今の段階でJでの内田を評価してるのは自チームのサポだけでしょ。藤本は違うよ。

投稿: 藤本 | 2006/12/19 20:50

この記事へのコメントは終了しました。

« 師走の東京の夜 | トップページ | 熊本に参戦出来ず »