« 川崎戦の帰りの電車での出来事 | トップページ | Jリーグアウォーズの招待状が届いた »

2006/11/30

タックル恐い -アジア大会・パキスタン戦-

パキスタン戦の主審がどうしてスリランカ人なのよ!

昔から色々と近い国でしょう。
古〜い世界史の教科書を引っ張り出しましたが、上手く表現出来ませんが・・・。
中立の立場で、審判なんて出来ないです。

昨夜のドーハ・アジア大会のパキスタン戦は、スリランカ人の主審がパキスタン寄りと言うのか、判断基準が一定ではなくて、日本代表選手は苦しめられました。
また、パキスタン選手の反則連発のプレーは恐かったです。

後半12分、DFの青山直晃選手が負傷退場しました。
青山選手の太股に、パキスタン選手のスパイクがぐさっと入ったように見えました。
何で、あれがレッドカードで一発退場じゃないの!
青山選手は大丈夫かしら? 怪我が軽傷であることをお祈りします。

「相手が5人ぐらい退場でもおかしくない」
と谷口博之選手がこぼしたそうです。(毎日新聞より)

それなのに、日本の青山敏弘選手が後半43分に、2枚目のイエローカードで退場になりました。

おかしいぞ!

後半25分に、我等が増田誓志選手も、後からタックルを受けて転倒していました。
タックル恐い〜。
増田選手の出来は、TVだと、よく分からないのですが、ぱっとしなかったように思えました。日曜日の川崎戦は出場しなかったのですが、時差ぼけでしょうか?

まあ、前線があの方ですから・・・。

「優勝したい」
と増田選手は、報道陣に語ったようです。

しかし、平山相太選手が中心のチームでは、優勝は無理、と思います。

反町康治監督、方向転換は、早く決断した方が良いですよ〜。


試合結果は、3-2で、日本が勝利しました。


|

« 川崎戦の帰りの電車での出来事 | トップページ | Jリーグアウォーズの招待状が届いた »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。