« ココログとJBアンテナ | トップページ | 甲府に出来て、鹿島は何故出来ぬ? »

2006/10/01

ずるずる下がるな -セレッソ大阪戦-

岩政大樹選手の怒りが伝わってくるような試合後のコメントです。

「ずっと前からいっていたのに、2点取ったあとずるずる下がる選手がいた。それで、結局相手の猛攻にさらされる時間が長くなった。」
   (J's GOALより)

昨日は、TV観戦も出来なかったので、ずるずる下がる選手が誰だかは分かりません。

ずるずる下がる者は切る、と言って兵を鼓舞した戦国時代の武将がいたけれども、誰だったかしら?
司馬遼太郎の小説で読んだような気がしますが・・・。
う〜む、気になるなあ。

長居での、セレッソ大阪戦は、2-2の引き分けでした。

ロスタイムでの被弾は、残念というより、怒りです。
何故、死守出来ないのでしょうか?

アウトウオリ監督、諦めずに指導をお願い致します。


|

« ココログとJBアンテナ | トップページ | 甲府に出来て、鹿島は何故出来ぬ? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。