« 負けた! -福岡戦- | トップページ | 里山を歩く »

2006/10/08

野良猫に慰められた

「気持ちの問題」

また、その言葉ですか!

最下位の福岡に負けた鹿島の敗因は、気持ちの問題だそうです。

試合後のアウトゥオリ監督のコメントです。

45分間、全く戦えなかったのが敗因である。戦う姿勢を含めて、気持ちの問題で前半は何も出来なかったことで2失点してしまった。
   (鹿島オフィシャルサイトより)

スタジアム観戦もTV観戦も出来ませんでしたが、何となく想像は出来ます。
毎度のちんたらちんたらサッカーをやったのでしょう。
これで、優勝戦線から離脱しました。後退ではなく離脱です。
ああ、カシマ・スタジアムの観客の激減が目に見えるようです。
来季は、選手の年俸も下がることでしょう。

来週の千葉戦には参戦しますが、熱く応援出来るどうか自信がありません。

PCで福岡x鹿島戦をチェックしながら、TVで浦和x千葉戦を観ていました。
埼玉スタジアムでは、熱い戦いが繰り広げられていました。
前半早々に千葉の選手が退場になりましたが、千葉の反撃は凄まじかったです。しかし、運がなかった。

浦和の勝利に、アンチ浦和の私は悔しくて悔しくて、気が狂いそうでした。このままでは、浦和が優勝するかもしれないと思うと、いたたまれません。
それでなくても傍若無人の浦和サポを、これ以上のさばらせたくない。

これが不条理というものか、と訳の分からないことを叫んでいると、頭が熱くなってきました。
これでは駄目だと思い、頭を冷やす為に、外に出て、近所の公園へ歩いて行きました。

夕暮れの中、公園のベンチに座っていると、どこからか野良猫がやって来て、私の足元に座りました。
猫は私の顔を見ながら、にやぁ〜と鳴きます。
おまえは、私の悲しい気持ちが分かるのかい?
私は、猫はあまり好きではありませんが、少しなら猫語が喋れます。お互いに、にやぁ〜にやぁ〜と鳴いていたら、気持ちが落ち着きました。
落ち着いたというか、諦めたというか・・・。
野良猫は、散歩中の犬を追いかけていなくなりました。
何だか、野良猫に慰められました。

まだ、終わったわけではない、と何度も自分に言い聞かせています。
鹿島が好きだから。


|

« 負けた! -福岡戦- | トップページ | 里山を歩く »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。