« アントラーズのお米 | トップページ | 12人の敵がいた -横浜戦- »

2006/10/20

2007年アントラーズカレンダーに思う

2007年のアントラーズカレンダーが発売されました。
先週、鹿島のクラブハウスの売店で見本を見ましたが、買わない!
だって、誓志の写真が私の好みではないから(笑)。

誓志への愛情が感じられないわ、この写真。

私の方が上手い?

オフィシャル・カメラマンは全選手に公平でなくてはいけない、と友人は言います。
だから、ひとりの選手を優遇することは出来ないそうです。

そうかしら?
田代有三選手の写真には、カメラマンのたっぷりの愛情を感じるけど(笑)。

今回のカレンダーで、一ヶ月単独の選手は4人。
柳沢敦選手、本山雅志選手、増田誓志選手、内田篤人選手です。
この4人が、鹿島の稼ぎ頭ですか?

この4人様は、卓上カレンダーも発売されるそうです。
壁掛けカレンダーより卓上カレンダーの方が実用的なので、必ず購入します。是非、素敵な写真を希望します。変に凝った写真は止めて下さいね。

さて、内田篤人選手はU-19日本代表メンバーに選ばれ、AFCユース選手権大会インド2006に参加します。
増田誓志選手はU-21日本代表メンバーに選ばれ、U-21中国代表戦に臨みます。

人気も実力もあるということは、嬉しいことです。
頑張れ〜。


追記 :

新聞の夕刊に、中田浩二選手の記事がありました。
10/19に、UEFA杯があり、バーゼル(スイス)はフェイエノールト(オランダ)に1-1で引き分けましたが、浩二はフル出場し活躍したそうです。

毎日新聞は、浩二をべた褒めしていました。
思わず、目頭が熱くなりました。

サカダイで、一ヶ月に一回、中田浩二コラム「フィード」が連載されています。
最近、毎週、サカダイを買っていますので。

浩二は、異国でひとり、頑張っているのですね。


|

« アントラーズのお米 | トップページ | 12人の敵がいた -横浜戦- »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。