« 地獄の特訓よりナビスコ杯 | トップページ | 子供のようなサッカーの一因は大熊コーチにもある »

2006/09/03

アウトゥオリ監督に惚れ直した -ナビスコ杯横浜戦-

060902_14


「笛吹くまでプレー止めてはならぬ」と、毅然と言い切ったアウトゥオリ監督に惚れ直しました。

昨日のカシマで開催された、ナビスコ杯準決勝第1戦・横浜戦は、1-0で鹿島が勝利しました。主力選手の抜けた横浜に1得点とは不満もありますが、無失点で勝利したことは、率直に嬉しいです。


060902_2


横浜の松田直樹選手は、試合後、下記のように語っています。

「鹿島は汚い。次戦はフェアプレーで勝ってみせる」
   (毎日新聞より)

前半20分頃、横浜の吉田孝行選手がピッチ上に倒れました。
岡田主審は、倒れている吉田選手を見ましたが、試合を止めません。
試合は続行され、横浜の選手もボールを大きく外に蹴り出しません。
ビデオで確認が出来ないのが残念ですが、記憶に間違いはない、と思います。

あれ〜、と思っていると、鹿島の増田誓志選手のパスをフェルナンド選手がシュートして得点しました。
万歳!!!

得点後、横浜の吉田選手と鹿島の岩政大樹選手が、頭部に治療を受けました。
怪我の箇所が頭部だったということが、その時点で初めて分かりました。
また、吉田選手と接触したのは岩政選手だった、ということも分かりました。岩政選手は負傷後も直ぐに立ち上がり、試合を続けたようです。
大樹、君は不死身か?

横浜の監督と選手は怒っているようですね。
見当違いも甚だしいのですが・・・。
日産スタジアムでの第2戦が、荒れそうで恐いです。双方の選手に怪我人が出ないことを祈ります。

岡田正義主審の審判は酷かったです。
試合が荒れた、そもそもの原因は、岡田主審にあります。
友人は、前回の家本政明主審に比べればマシだったと言いますが、そうとは思えませんでした。
後半だったでしょうか、岡田主審の不可解な判定に、鹿島の2〜3人の選手が抗議をすると、試合は始まっていて、あわや失点という場面がありました。全く、胆を冷やしました。
審判に振り回される試合は、もうやめて頂きたいです。


060902_8


誓志、次戦も頑張れ!


060902_22


今回は、内田篤人選手の活躍が光っていました。
試合後、メインスタンドで、「篤人コール」が沸き上がりました。
本当に、頼もしい18歳です。

柳沢敦選手は、何故、スタメンなのか?
今回は、ゴール前で、腰砕けになり、得点のチャンスを逃しました。
何故、踏ん張れないのでしょうか?
追加点が欲しかったのに、実に残念な場面でした。

途中出場の田代有三選手も、得点の臭いがしませんでした。
一発決めなければ、いつまでたっても柳沢選手からスタメンが奪えませんよ。


060902_1


月が綺麗な鹿嶋の夜でした。
鹿島神宮のお祭り「神幸祭」があった為、スタジアムの観客が少なくて残念でした。


追記 :

接触プレーの件で、1行加筆しました。
スタジアムで観戦が出来なかったサポーターの為に。


|

« 地獄の特訓よりナビスコ杯 | トップページ | 子供のようなサッカーの一因は大熊コーチにもある »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。