« 山小屋で聞いた日本代表発表 | トップページ | 山小屋で聞いた日本代表発表 その2 »

2006/08/16

浦和・千葉連合軍、勝利す -イエメン戦-

今日の日本代表は「浦和・千葉連合軍」だ、と思いながらも、真剣に観てしまったアジア杯予選・イエメン戦。
後半は、浦和と千葉の選手で9人です。
しかし、鹿島の選手が出場していなくても、やはり公式戦は真剣になりますね。
中継がNHK衛星だったからかな?

イエメン戦は、2-0で日本代表が勝利しました。
オシム・ジャパン公式戦の初勝利、おめでとうございます。

後半25分、阿部勇樹選手が頭で決めて先制点。
後半ロスタイム、佐藤寿人選手が2点目。

苦しみながらも勝つことが出来て良かった、と寿人。
佐藤選手の顔の傷が痛々しいです。

得点が、千葉と広島の選手で良かった、と正直に思いました。

前半、走っていない選手たち。
ジーコ・ジャパンとどこが違うの? と素人の私は思いました。

後半、千葉の選手の追加で勢いが出てきた日本代表。
そして、得点。
オシム流の体得は、なかなか難しいですね。

引いて守る相手から得点するのは難しい、ということは、ジーコ・ジャパン時代から分っていることです。
オシム監督と選手の方々、次戦も頑張って下さい。


|

« 山小屋で聞いた日本代表発表 | トップページ | 山小屋で聞いた日本代表発表 その2 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。