« 新しい土地には新しい希望がある | トップページ | 岩政大樹の入魂の一発が決まる -名古屋戦- »

2006/08/29

ハングリー精神を見せてほしい

鹿島オフィシャルサイトの「ダニー石尾のMatch Review」が更新されていました。

今回(広島戦)のダニーさんのコラムは、かなり手厳しい内容でした。
その中で、印象に残った言葉は、

「若い選手は名門鹿島アントラーズのユニフォームを着られたことで満足してしまっているんじゃないだろうか? もっとハングリー精神を見せてほしい。」

アントラーズに入団出来たことで満足しているのか、と。
私も同感です。
最近、内田篤人選手を除いて、若手の若手選手の活躍が見られません。

広島戦で一番衝撃を受けたのは、後半開始早々に青山敏弘選手にロング(ミドル?)シュートを決められたことです。
青山選手は、U-21中国戦で負傷して涙ながらに退場した選手、と思いますが・・・。
まだ20歳です。

他チームは、続々と若い選手が育っているようです。
羨ましいなあ。

この緊急事態に、俺がやってやる、という選手が続々と出てきて欲しいです。
いつまでも、過去の栄光にすがっている場合ではありません。

それから、広島戦で気になったことがあります。
鹿島は、ピッチ上で滑っている選手が多数いました。アウェイの広島の選手は全然滑っていなかったのに。ホームなのに、何故でしょうか? 脚力の差でしょうか? 実に不思議な光景でした。

明日の名古屋戦は、若手選手が起用されるようです。
是非、ハングリー精神を見せて欲しいです。


|

« 新しい土地には新しい希望がある | トップページ | 岩政大樹の入魂の一発が決まる -名古屋戦- »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。