« ハングリー精神を見せてほしい | トップページ | 地獄の特訓よりナビスコ杯 »

2006/08/30

岩政大樹の入魂の一発が決まる -名古屋戦-

今夜の名古屋戦は夕食中でしたが、ライブ・アントラーズで試合中継を聞いていました。

前半早々、名古屋の得点が決まり、胸苦しくなりました。
食事の味は、全然、分かりません。

しかし、68分(後半23分)、岩政大樹選手の入魂の一発が決まった。
試合終了後のインタビューでも、「気持ちだけ入れて、頭に魂を込めて打ちました」と語っていました。おめでとうございます。

80分(後半35分)、ファビオ・サントス選手のPKも決まり、2-1で鹿島が勝利しました。
ファビオ・サントス選手もおめでとう。
あれを外していたら、今頃、ブラジルに強制帰国(?)でした。

久々の勝利で、選手たちも自信を持ったことでしょう。
土曜日のナビスコ杯準決勝・横浜戦は、自信を持って戦って下さい。

私たちを、国立へ連れて行って!


|

« ハングリー精神を見せてほしい | トップページ | 地獄の特訓よりナビスコ杯 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。